「手紙屋」

  • 2516人登録
  • 4.19評価
    • (444)
    • (304)
    • (197)
    • (23)
    • (5)
  • 391レビュー
著者 : 喜多川泰
  • Discover (2007年8月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887595705

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
麒麟・田村裕
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
デール カーネギ...
瀬尾 まいこ
瀬尾 まいこ
有川 浩
島本 理生
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「手紙屋」の感想・レビュー・書評

  • 少し前に大学受験を題材にした「手紙屋」を読んで凄く気に入り、本当はこっちが先に書かれていたんだけど、順番的には後に読んで良かったって思った。
    本当に喜多川さんの言葉は前向きな気持ちにさせてもらえる。
    読みながら息子に買ってあげようと思う私でした(最近読書に目覚めたそうだから)。

  • まず、この本に出てくる『書楽』という一見、普通の喫茶店だけど、提供しているのがコーヒーだけじゃなくて、書斎という空間、一人で思い思いの時間を費やせるという場所の提供。
    こういうのあったらいいよね~って思う喫茶店でした。

    そしてタイトルにもなっている『手紙屋』というビジネス?これもすごく魅力的なシステムでした。

    また、喜多川泰さんの著書は、自分が今読んでない小説のジャンルを少し加えてあるので、実世界と少し違った物語風な世界が味わえるから、他の作品も読みたくなる。

    内容は、評就職活動中の主人公が『書楽』で出会った『手紙屋』という十通の手紙のやり取りをするというシステムで文通しながら、成長していく自己啓発本。

    仕事に対する考え方、働くということに対する考え方、目標や夢に対する考え方など、人生の岐路である就職活動という時期にはピッタリの一冊。

    繰り返し読むリストに入りました。

  • 素晴らしい「一冊」に出逢ってしまった。サラリーマン人生15年の自分がここまで揺さぶられるとは。この本は自分からプレゼントしても良いから沢山の人に読んでもらいたい。出逢えて良かったと心から思えた。

    【内容紹介】
    就職活動に出遅れ、将来を思い悩む大学四年生の「僕」は、とあるカフェで奇妙な広告と出会う。その名も『手紙屋』。10通の手紙をやりとりすれば、夢を実現させてくれるというのだが。主人公といっしょに働くことの意味を見つめ直す本。自分らしく生きたいあなたへ、明日を変える10の教え。

    【忘れたくない言葉たち】
    「あなたの能力は、今日のあなたの行動によって、開花されるのを待っています」

    「相手の持っているものの中で自分が欲しいものと、自分が持っているものの中で相手が欲しがるものとを、お互いがちょうどいいと思う量で交換している」

    相手がどのような人かを判断してから、○○な人という称号を与えるのではなく、相手にこうなってほしい、こういう人でいてほしい、という称号を初めに与えてしまう。

    「この人のすごいところはどこだろう」ということを考えて、それを感じたときには口にする。

    人間は自分の居場所、所属する集団がなくなるのを極端に怖がる動物。

    法律上の人間である法人も、私たち人間も最低限、これらのことができなければ、その人生は終わってしまう。
    「多くの人から長期間にわたって必要とされ続けること」「収入内の生活をすること」

    素晴らしい人生を送るために必要なこと。それは「今、目の前にあるものに全力を注いで生きる」こと。

    人生という大海原に漕ぎ出すときに、その船が誰のものであるか、自分が船長か船員か、船は大きいか小さいかなんて、実はどうでもいい。大事なのは、その船が何を目的として航海をするか、だ。

    「止まっている人は、止まり続けようとする。動いている人は、動き続けようとする。」

    才能とはあらかじめあるものではなく、自らの努力で開花させるもの。そして、才能を開花させるものは、開花させようとする「情熱」。

  • 喜多川泰さん、すごいな。著者の本はそんなに多く読んだわけではなくて、数冊しか読んだことがないけど。このひとが通称「自己啓発小説」を書くひとっていうふうになっている時点で、本に乗せたメッセージが伝わらないひとにはぜんぜん伝わらなそうやけど、それはともかくとして、メッセージの内容はかなり研ぎ澄まされてる、と感じた。よくここまでまとめられるな、と。すっと入ってくるひとには、絶好の自己啓発なんちゃうか。働く意味がわからないって若者は、私も含めて多いこの時代やし。ほかの本も読もう。

  • 主人公と謎の「手紙屋」との文通を通じて「働くとは?」ということを読者に問いかける内容です。

    その「回数に限りがある文通」は、図らずも出会いと別れを象徴しているように感じ、終盤の手紙になると読んでいて「あぁ、もう文通も終わりか…」と寂しく感じました。

    何か触発されるような経験をして、やる気に漲ったとしても、それはただの「部屋を掃除したての状態」で、1日もすれば埃が積もり、一週間もすればゴミだらけになる。大事なのは「キレイな部屋を維持すること」という比喩は新鮮でした。

  • 図書館で借りた。

    「止まっている人は、止まり続けようとする
    動いている人は、動き続けようとする」

  • ずっと前、たぶん高校2年生の頃に一度読んだことがあった。今の考え、特に働くこと、幸せに生きること、の大部分がここに根ざしていて、あの時読んでよかったなぁと思った。そうでなかったら、きっと音楽を続けることに自信が持ててなかった。

  • ★感想★
    無茶苦茶良い本。
    自己啓発本ですが、ストーリーがあると気持ちが入りやすいし、何よりストーリーが凄く良い。
    そして、手紙屋からの文章の書き始めがとても丁寧で好きです。
    余計な肉付けが無く必要最小限のため、凄く読み易い。
    まー、私はFEBEで購入したので、読まないで聞いている為、読み易いでは無く聞き易いですが。
    最高にお薦めです。
    ぜひ、読んでみてください!
    もしくは、聞いてみてください!

    ---------------
    ★内容★
    イントロ/書楽(横浜で一人静かに書を楽しむあなたの書斎をご用意しました)
    1通目/【ぶつぶつ交換】物を手に入れる方法は、手段はお金ではない。
    挨拶:桜が咲き誇る多くの人の旅たちにあたるこの季節に、あなたに出会えたことに心より感謝します。
    ●欲しい物を手に入れるの方法は、お金だけではない。
    ●相手の持っているあなたが欲しい物と、自分の持っている相手が欲しがる物をちょうどいい量で交換している。
    ●お金以外にも相手が欲しがるものはたくさんある。
    ☆相手の欲しがるものをたくさん作ろうと思う。
    2通目/【あなたの称号】相手の欲しがる称号を与える。
    桜の花も散り木々の緑が濃く感じられるようになりました。暖かい春らしい陽気が続いておりますね。お元気ですか?
    ●自分の中に相手の欲しがるものを増やすのは簡単。
    ●相手になって貰いたい称号を与える。
    ●人には、どんな一面もある。あらゆる性格がある。どの部分を引き出すかは、あなた次第。
    ●相手の欲しがらない称号を与えない。
    ●称号を与えることも物々交換の手段になる。
    ●間接的にも相手に伝わる。
    ☆この章がもっとも影響を受けました。出合う全ての人に素敵な称号を与えら得るようよく考えようを思いました。
    3通目/【天は自ら助くるものを助く】自分の力で生きる。
    挨拶:春なのに夏のような陽気な続いていますね。梅雨が近いということでしょう。お変わりありませんか?
    ●10年もすれば世界は大きく変わる。
    (ポケベルブームや銀行や証券会社への就職)
    ●大企業も荒波を乗り越えてきた。
    ●どんな勤務態度でも、給料が変わらない。
    ●生き残るのは、誰よりも頑張った人。
    ●自分が頑張っていることを主張しない。
    ☆誰よりも頑張り、それを主張しない生き方をしようと思いました。
    4通目/【思い通りの人生を送る】人生って結構思い通りになる。
    挨拶:昨日降り始めた雨を受けて、梅雨入り宣言がなされました。太陽が恋しい季節に突入ですが、この雨が大地に多くの恵みを与えると思うと、かけがえの無い季節だと思います。こんにちは。
    ●消極的理由で行動するのも悪くない。
    ●所属する場所が無くなる恐怖心も大切。
    ●チャンスはピンチ。ピンチはチャンス。
    ●人生は思い通りにいく(成功者の座右の銘)。
    ●頭の中に天秤を用意する。
    ●乗り越えた逆境を乗り越え自分を鍛える。
    ●行動あるのみ。
    ☆行動し、経験し、強くなろうと思いました。
    5通目/【ある人の人生】人生≒法人
    挨拶:雨は止むことを忘れているかというように今日も降り続いていますが、時より吹く暖かい南風に太陽の季節が近いことを感じることが出来ます。そろそろ夏ですね?こんにちは。
    ●幸せに長生きする法人。
    二つの必要なこと:・多くの人に長期間に渡り必要とされること・収入内の生活をする。
    ●人の身体と、企業の組織を比べ、法人について説明。
    ●法人の考え方が、自分の考えとあう会社を選ぶのをお勧め。
    ☆法人を考える時に、非常に良い見方を知りました。
    6通目/【自分の目的を探さない】自分の育て方
    挨拶:毎日記録的な暑さが続いていますが、学生としての最後の夏休みを楽しんでおりますか?こんにちは。
    ●人生のスタート時点はみんな違う。ゴールとは関係ない。
    ●職種により、自分のゴールは制限されない。
    ●向いているか、向いていないかは、やってみなければわかない。
    ●ゴールを探すよりも重要なことがある。
    ☆職種のやりたいことにこだわらない方がよいと知る。
    7通目/【急がば回れ】将来の目標
    挨拶:お盆を過ぎたというのに、厳しい残暑がつづいますが、朝晩が過ごしやすくなった事に秋の足音を感じるようになりました。
    ●夢を持つと壁が現れる。
    ●壁があると乗り越えることに集中しすぎる。
    壁を乗り越える過程>壁を乗り越えた結果
    ●最短ルート≠最良のルート
    ●目の前の事に全力で集中して生きる。
    ●本当の夢、目的を決めたときが自分の人生の始まり。
    ☆もっと目の前の事に集中すべし。
    8通目/【あなたの成功は世界を代える】夢の大きさ
    挨拶:気持ちの良い秋晴れが続き、吹く風が夏の物と違って爽やかに感じるようになりました。
    ●自分の能力を過小評価しない。
    ●大きな夢を持つ=大きな壁を越える覚悟が必要。
    大きな夢を持ちなさい→大きな壁を越える努力をしなさいと助言すべき。
    ●自分の夢には、夢を叶えた後の応援団が居る。
    ☆規模が大きい。何でもやれるという気持ちになる。気持ちを後押ししてくれる章。
    9通目/【自分を磨き行動する】考えを、整理し続けること。
    挨拶:実り季節を迎え、多くの仲間が、そのままの緑で居ようとする中、気の早い葉っぱたちは競って色を変え始めました。
    ●本を読みまとめる。図や、文章。
    ●動き続ける事。慣性の法則、動いているものは止るのが難しい。動き続けること。
    ☆本を読んだらちゃんとレビューを書こうと反省。
    10通目/【人生の始まり】情熱>才能
    挨拶:黄色や赤の紅葉が美しい季節になりました。これから、春に新しい息吹を出すために、力を蓄える冬がやってきます。こんにちは。
    ●成功者した人は情熱を理由にする。→自分のどうしてもやりたいことを情熱をもって続けてきただけです。
    ●失敗する人は才能を理由にする。→自分には才能が無かった。
    ☆熱量を日々上げていこうと思います。自分のやりたいことは、世界の人の頭を振らして、楽しい気持ちにすること。
    アウトロ/手紙屋の正体判明。もちろん、秘密。

  • 就職活動中の人だけでなく、いつか起業したいと考えている人にもおすすめです☆
    成功を目指して頑張ってるあなたは、今、孤独を感じてるかもしれないけど、実はあなたには、何万人もの応援団がいるんです・・・☆

  • http://www.438m.com/jinseitoshokan/
    人生のたった一冊の本を寄贈する図書館。
    そこに唯一、二冊同じ本が並んでいた。

    すてきな、大切な言葉がいっぱい。

    就活中じゃなくても、
    「働く」ということに対して改めて考えさせられる。

    もっと早く読みたかったと思う反面、
    本っていうのは必要なときに必要なものに出会えるようになっている気がする。

    そして、誰かにプレゼントしたくなる本!

  • 喜多川泰さんの小説はどうしてこういう具合に感動を受けるのだろうか? 仕事と向き合いときの心構えを就活の時期に諭している。

  • 10通の手紙のやりとりの中で、今後の人生の進み方を大きく変えてくれる手紙屋。
    声を大にして伝えます。
    読んでみて下さい。
    就活生だけでなく、本気で働いている人には必ず心に響きます!

  • この物語で書かれている10通の手紙のうち私が最も印象に残ったのは6通目の手紙「自分の向いている事を探さない」でした。何故なら前半で書かれている事は私のこれまでの経験からしてもまさにその通りだと思った事である一方、後半に書かれている事は私のこれまで考えた事のなかった価値観基づいて書かれたことだったからです。

    ネタばれするのはいやでので詳しくは書きませんが、会社を人の人生と同じとみる見方、成功する会社には何が必要なのかも独特の価値観に従って書かれています。就職活動を迎える学生への手紙となっていますが、社会人になって何となく不安を抱えている人も是非読むべき本だと思いました。

  • 就活が本格的に始まる前に読めて良かったです。

    なぜ働くのか?ということについて、わかりやすく書かれています。
    ストーリー仕立てなので、他の似たような自己啓発本より読みやすかったです。

  • チェック項目17箇所。あなたにはお金ではなく、もっと素晴らしいものが、相手がどうしても欲しいと思うものがたくさんあるんです、それは探せば探すほどたくさん見つかります、自分自身を磨けば磨くほど増えていくんです。人間には過不足なくあらゆる性格が備わっているんです、だから性格は変えようとしても変えられるものではない、変えようとしなくても性格はちゃんとあるんです。偉人の共通点、偉人として成功する前から将来成功するという称号を与えられて育った。人はどうしても話したがるもの、その言葉が巡り巡って必ず本人に届くことになります。会社が荒波に飲み込まれそうになったとき当てにされるのは、身を粉にして働く人、いつまでも文句を言わずにがんばり続ける人。倒れなかった者が強いんじゃなくて倒れても立ち上がるものが本当に強い。今のままでは所属する場所がなくなるという恐怖心がなければ自分を磨こうとする努力をしないのが普通の人間。人生は思い通りにいかないと悩んでいる人の多くは大学に合格したいという目標を天秤の片方の皿に乗せたときにもう片方の皿にお賽銭100円を置こうとしています、これでは釣り合いません、置くものを間違えています。多くの人から必要とされる、働く事はそのための手段。就職活動は大好きになれる人探しですその人の財力や知名度で選ばず、性格で選ぶのが長い目で見ると一番良いということを忘れないでください。あなたが就職する先は将来を制約する場所ではないのです、その先なんだってできる何の約束もない自由な場所でしかないのです。大切なのはどの船に乗るかではなく、その船がどういう目的で航海しているかです、それぞれの船には出航する目的があります。やったことがないのに自分に向いているものを探しても見つからはずがない、食べたことのない果物を目の前に並べられて自分にとって一番おいしいのはどれかを決めろと言われているのと同じです。どうやったらなれるのかという必要条件だけを満たそうとするのではなく、少しでも素晴らしい保育士になれるよう様々な経験をしたり必要条件を満たす以上の勉強する。止まっているものは止まり続けようとする、動いているものは動き続けようとする。失敗した人は才能を理由に挙げる、成功した人は情熱を理由に挙げる。

  • 就活中に、とある書店で勧められて買いました。
    しかもお店の方ではなく、書店にいらっしゃた他のお客さんに勧められました。

    全く知らない方に「就活中だったら是非読んで欲しい」と言われ、読んでみました。

    内容にはあえて触れませんが、一生付き合っていく本だと思います。
    これを勧めてくれた方に感謝するとともに、同じように自分も他人に勧めたいです。

  • 就職活動中の学生が、手紙のやりとりを通じて「働くこととは何か」に気付いていく物語。

    本の中の一節。

    「そんなことを考えるよりも、向いていなくてもいいからその会社の活動が自分をワクワクさせる。そんな会社を探してみたらどうでしょうか。」


    業界が決められない、大手有名企業にしか興味が持てない、受身的に会社説明会に参加してるだけ、、、というような就活生は多いと思いますが、何のために仕事をして、どのように働きたいのかということを考えるのにもよい素敵な本だと思います。

    泣けるシーンもあります。

  • 大学3年生の夏休みの終わりに、将来何になろうかな…
    というかそもそも、就職?大学院?
    就職にしたって、やってみたいことが全く逆の方向の2つのことだし…
    と悩んでいて、「就職するとしたら」の内の片方の選択肢について、その大変さを調べようと思って行った大学の図書館で発見した一冊

    この本に出会ったのは、手紙屋さんが仕組んだことかと思いこんでしまった。働くことって、素晴らしいことなんだ!と思えた。

    ただ、あまりに理想的すぎじゃないかなぁ。と思うところも無きにしも非ず。

    そうは言っても、今まで考えたこともなかった会社の見方を教えられた。
    この本、就活する人もしない人も、みんなによんでもらいたい!!心からそう思った。

  • 私は「本は出逢い」だと思っています



    その時そのとき

    自分の必要としているものが

    フッと自然と現れるんですね



    自分では気付いていない部分のところ


    自分の足らない部分を気付かせてくれようとする

    そんな感じがして


    その出逢いが愛おしく思うんです








    話はもどりますが




    少し変わった題名ですよね!?



    どんなのか興味沸きません??






    読んでごとく


    ある就職活動をしている少年と

    「手紙屋」という仕事をしている手紙屋さんとのお話です




    それは

    一通の広告との

    不思議な出逢いからはじまりました...。





    自分の人生を考える時期




    もしかしたら

    人によっては

    唯一自分の人生を真剣に考える時期かもしれませんね



    その中で

    自分の未来の姿や様々な想いが

    現実の世界と入り乱れ

    真っ暗な暗闇の中から

    一つの光を探していく





    はて

    皆さんはその時どんな光をみつけましたか??




    明るく照らされた世界は

    自分の求めていた世界ですか?





    私はいつも彷徨い続けています(笑




    自分が選んだ道

    自分が歩んできた道

    自分が信じた道



    その答えは

    未だ見つかっていません



    いつかその答えがでるのか


    それとも

    ずっと死ぬまで解からないのか...。



    もしかしたら

    答えなんて無いんじゃないか


    なんて最近は思ったりもします





    もし

    人生に答えがあれば

    どんなに楽だろう...。



    もし

    人生の教科書があれば

    こんなに失敗なんてしなかっただろうに






    これだけたくさんの人がいて

    数多くの故人の言葉があるのに



    なぜ

    人生はこんなにも生きずらいのだろうか...。




    その意味が解からなくなって

    命を終わらせてしまう人もいる




    私たちはどこに向かっているのでしょうね?




    それを考えるには

    実に時間が短すぎる





    私の大切な友へ贈ります



    「その答えは唯一自分だけが知っています」




    だから一歩づつでいいので

    その答えに近づいてください



    時間がかかってもいいんです





    「あなたには

    あなたが思う以上の可能性があるのを

    私は知っています」







    とりあえず

    この本を読んでみてね!笑





    自分が望む

    最幸の人生を選択してください

  • 「さぁ、あなたは何をして将来の多くの人たちを幸せにしますか?」

    誰かにお勧めしたくなる本でした。

  • ある程度年を取った人にとっては当たり前のこと。
    ただし、若い人には新鮮に映るだろうし、そういう年代の子供が読むのはいいのかもしれないが、やはり自己啓発本の域を出ないと感じてしまう。
    先生方に人気、ですね。

  • ダメだな、この手の話を私は素直に読むことができない。
    最終目的は起業。それはこの本の主人公が自分で選んだ目標、という体になっているけど、明らかにそこに引っ張って行こうとしているように思える。もちろんそれもひとつの選択肢だと思うけど。
    何よりの違和感は、「報酬なんてなくても構わない」という論調だ。
    もちろん、奉仕から信頼を得て、最終的に自分に見合った報酬を得ることができる場合もあるだろう。
    でもそれは、報酬を得る相手もその価値観を持っていた場合に限られる。
    価値観を認めた相手じゃないと無償で奉仕とかしないだろうから大丈夫ってことなのかもしれないけど、最初から無償が当たり前になってしまうと、人間それに慣れてしまうものですよ。
    無償の奉仕を当たり前とするようになってしまうと、その先には闇しかない。

  • 手紙屋の言葉はするする入ってくる。
    就活に関係なくても、何か目標を持つことだったり、働くことだったり、そういったことを考えさせられる。
    自己啓発本にはない物語の力がある。

    なかでも、成功した後の自分を待っている人からのエール云々は印象深い話だった。

  • 学生から大人になる時期、見えているレールは限られていたから何の疑いもなく進んできた。学生の頃にこの本に出会えていたら、違う世界に行くことができていたかもしれない。

  • 久しぶりの小説です。

    最初に言っておきます。

    素晴らしい作品です。

    就職活動中の大学生が手紙屋と手紙で交流しながら仕事や人生について学ぶというストーリーてす。

    必ずしも目新しい内容ではありませんが自己啓発やビジネス書、スピリチュアル本などで書かれるような内容が「小説」うという枠の中で見事に表現されています。

    読んでいると気持ちが揺さぶられ震えてくるような感動がありました。

    仕事や人生について原点に立ち返るきっかけに、なりました。

    今年のベスト10には確実に入る一冊です。

全391件中 1 - 25件を表示

「手紙屋」に関連する談話室の質問

「手紙屋」に関連するまとめ

「手紙屋」を本棚に登録しているひと

「手紙屋」を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「手紙屋」を本棚に「積読」で登録しているひと

「手紙屋」の作品紹介

社会という名の大海原に船出するあなたへ。
大切なのはどんな船に乗るかではなく、
航海の目的だ。

主人公と一緒に働くことの意味を見つめなおす本。
ベストセラー「賢者の書」「君と会えたから……」で
読者を感動の渦に巻き込んだ喜多川泰、待望の最新作! 
はたして、謎の「手紙屋」の正体は?
就職活動に出遅れ、将来に思い悩む、平凡な大学4年生の僕はある日、書斎カフェで奇妙な広告とめぐりあう。その名も『手紙屋』。たった10通の手紙をやりとりすることであらゆる夢を叶えてくれるというのだ。
 平凡な人生を変えたい!目に見えないけれど確実に立ちはだかる壁を取りのぞきたい! 
そんな思いに突き動かされるように、僕は『手紙屋』に手紙を書き始めた……。
 働くことの意味とは? 真の成功とは? 幸せな人生とは?
明日をよりよく生きたいあなたへ贈る感動作。
「物々交換」「自分に向いているものを探さない」「思いどおりの人生を送る」「あなたの称号」etc.明日を変える10の教え。

ツイートする