ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)

  • 2384人登録
  • 3.44評価
    • (111)
    • (275)
    • (465)
    • (64)
    • (12)
  • 320レビュー
著者 : 小宮一慶
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887595828

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
デール カーネギ...
小山 龍介
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)の感想・レビュー・書評



  • 小宮氏の養成講座シリーズ。
    毎度、似たり寄ったりな内容ではあるが、基本の確認って大事ね。

    あらゆる物事に興味を持つ、疑問に思う、そして検証すること。そして、継続。
    広がる視野。
    字面にすると簡単だが、中々、習慣化させるってのが、凡人には難しい。

    初心にかえり、素直にまいりましょう。

  • ものが見えるようになるにはまず関心。しかし関心がなかなか持てないのはポイントがないから。物事を分解しポイントを明確にすると見えやすくなる。

    関心→疑問→仮説→検証

    数字を見るコツは時系列で見る

  • 気づくためのきっかけを与えてくれる本。普段から「なんでだろう?」に対して、「まあいいか」と思いがちなわたしにとっては、いいきっかけになりました。もっと考えなければ。知らなければ。と思わせてくれました。すっきりとした語り口で読みやすく、良書だと思います。

  • 本書を読みながら、少し斜に構えてしまったな。素直に受け入れない自分はなぜなのか、本書を通じて改めて学ばされました。情けない…

  • 関心の幅を広げる。価値観・基準を持つ。日頃から心掛けたい。
    読書もその手段の一つ。

  • 岡田(2012.12.18)
    毎日ただなんとなく過ごしていると、いかにモノが見えていないか気づきました。色んなことに関心を持ち、深く考えていくことで色んな発見がありそうですね。

  • ・巷で景気が良くなったと言われているにもかかわらず、「現金給与総額」は前年比マイナス。家計の消費支出、百貨店の売上高も伸び悩みです。
    それから「輸入物価指数」を見るとここ4年くらいで4割以上上がっています。原油、鉄鉱石だとかを平均すると大体40%くらい上がっている事になります。中国の安いものが輸入されて輸入物価は下がっているように思うかも知れませんが、平均すると上がっているのです。
    次に「国内企業物価指数」を見ます。これは卸売物価です。企業が仕入れる物の値段も輸入物価の値上がりにつられて、ここ3、4年くらいで7~8%ぐらい上がっていることが確認できます。ところがもう一つの「消費者物価指数」は、逆に下落しているのです。
    ここでもう一つ見なければいけない数字があります。それは失業率です。小泉内閣の頃は5%以上あった完全失業率がいまは3%台です。それに伴い、有効求人倍率も小泉内閣の頃は0.56(職を求める100人に対して56しか仕事が無い)だったのが、今は1.05~1.09まで上がっている。
    給与総額は上がっていないのに、雇用情勢が上がっているのはどういう事か?「非正規社員が増えている」という仮説が浮かべば大したものです。それを確認するには日経新聞だけでは分かりませんが、実は正社員に対する有効求人倍率は0.5台しかないのです。
    つまり、企業は最終消費財の値段は上げられない。払う給料の総額は上げられない。それでも人手が必要でどうするかと言うと、パート、派遣社員を求めるのです。それで非正規社員の有効求人倍率は1.3以上ありますが、正社員のそれは0.5台しかないという訳です。

    ・アメリカの住宅着工はいま前年比マイナス20%くらいなのですが、これがもうしばらく続くとアメリカ経済はクラッシュする確率が高まります(6月に第一稿を書いていたそうです)。アメリカの貿易赤字は年8000億ドル、日本円で百兆円くらい。日本の貿易黒字が約十兆円、中国が二十兆円くらいなので、世界中の貿易黒字をアメリカが呑み込んでいる形。アメリカはGDPの70%くらいが個人消費。そのベースになっているのが、住宅。アメリカ人は自分の住んでいる言えの価格が上がるとそれを担保に住宅ローンを借り換える。それを「キャッシュアウト」つまり現金化し、海外旅行に行ったり車を買ったりする。でも、裏返せばアメリカ人がこうして物を買うからアメリカが貿易赤字になっている。それが日本や中国の黒字になっているのだから、アメリカの住宅着工件数が落ちると中国や日本の経済に計り知れない影響がある。

    この本の発行が2007年9月15日。面白い。月曜の日経は購入しよう。
    「発見力」に関しては、
    関心をまず持って、疑問を持つ。その疑問から仮説を考え、検証するという事がいくつかの例で上げられる。一流ホテルのサラダバーはプチトマトのヘタが取ってある。リッツカールトンは空調がとても静かだが、それは他のホテルで朝空調が入る音で目覚めた事で、比較によって気付けた、など。著者が良い会社を見分ける方法は、「顧客志向かどうか」です。

  • 何事も関心がなければ始まらず、常にアンテナを張ってくおく必要があると。
    ただ、アンテナを張っていても、セブンイレブンのロゴの最後のNが小文字であることには一生気づかないだろう。

  • 書籍整理中に発見したので再読。セブン-イレブンのロゴや時計描写テストを初めて読んだとき自分の「発見力」不足が炙り出されたようで強烈な印象が残っている。ただ本書を読み通すと、この話、著者のセミナーネタの掴みであることが良く分かる。筆者の「掴み」という関心がこのエピソードを手繰りよせたのだろう。

    「発見力」を養うために仮説を持て、というのはまさにその通りなのだが、よくも悪くもセミナー形式のやや散漫な浅い内容となってる感は否めない。10年前読んだときは目から鱗のエピソード満載に感じたが、冷静に分析できるようになったのは本書の効果と時の経過からであろうか。

  • よくアンテナを張れ!と言ったり、言われたりするけど、その張り方がよくわからない。
    だから、それこそ、いわゆる”アンテナ”に何も引っ掛からない。
    そのアンテナの張り方、発見力をを高めてくれるヒントをくれるのがこの本書。
    関心を広げるところから始めてみる。

  • ・仮説検証の大切さ
    ・意識して情報を得ようとしたものにしか気づけない人間の性

    人間はヒューリスティックスによって物事を考えることで素早く答えを導き出せる反面、取捨選択によって無視されている情報がある事を再認識できました。読みやすい分情報量は多い抑え目でした。

  • 2017年最初の一冊。
    要は何事も関心をもって接していないと気付かないよ。と言うこと。字が大きく、読みやすいが情報量は少なめ。

  • 何万回見ても見えないものは見えない
    (セブンイレブンの最後が小文字とかね)
    関心を持てばものは見える。仮説を立てると完全に見える。
    1秒だけ財務諸表をみるなら、「流動負債が流動資産より多いか少ないか」
    (流動資産とは1年以内に使うか現金化できるもの)
    ものが見えるようになる10のヒント
    1.先に要点を知る。 2.ヒントを先に得る。 3.分解する 4.情報を減らす 5.気づいたことをすぐにメモ 6.比較する 7.一部を取り替える 8.視点を変える 9.複数で話す 10.素直になる

  • 見えるためには関心と仮説

    関心→手に取ったもの、みえるものはしっかり観察する

    仮説→勉強する

  • セブンイレブンやローソンのロゴ、毎日見ているのに正確に思い出せないことか、普段見えていないことを実感した。発見力を付けて自分自身のプラスにしたいと思う。

  • 普段のものへの見方が変わる

  • 良書、ビジネスにおける課題発見力を養うための本。観察することの重要性とそのやり方を例示してくれる。当然そこからどのように解決するかは自分しだいですが、答えのない仕事をやってる人にはうってつけの本ではないでしょうか

  • 再読

    ローソンのロゴ

    人は意識していないとものは見えない
    世界は情報にあふれている

  • 著者別集中読書一冊目。
    著者のベストセラー。

    広く浅く、理解しやすい内容。

    その後のシリーズの内容について、浅く広く触れている印象。
    理解しやすいよう、著者の他の本よりも更に噛み砕いて書かれており、一気にサッと読める。
    3章以降で、具体的な習慣にも触れられている。

    著者の基本となっている考え方を学ぶ目的だったが、自分の先入観や固定観念、習慣を見直すこともできた。

  • ・仮説を持つ
    ・一秒で財務諸表を見る方法:流動負債が流動資産より多いか少ないかを見る

  • 関心⇨疑問⇨仮説⇨検証。
    カテゴリを決めて、常にアンテナ張っておくこと。
    分かっちゃいたけど、裏技なんて無い。関心があるかないか、気づこうと意識してるかどうか。

  • 普通だなー。著者が気が付いた「発見力」を書いているのだが、まとまりがない。
    もうすこし「これと、これと、この発見力はまとめるとつまりこうゆうことである」といったまとめが欲しいところ。

    以上

  • 本書の内容はコンパクトにまとめられるとはいえ、内容に目新しさはなく、一般的に言われる知的創造ステップに通ずる。

    本書の中で説明されている何かしらの"発見"にいたるメカニズムをシンプルにすると

    ①物事に関心を持つ
    ②過去に頭にストックしておいた情報と関連付ける
    ③仮説を立てる
    ④検証する

    というステップであり、要は、新しく仕入れた情報と過去にストックしておいた情報を材料に頭の中でピラミッドストラクチャーを作る作業だと理解した。

    新しい情報に過去に触れて頭にストックしておいた情報と紐付けるという流れはよく言われているひらめきを生むためのプロセスと同じで、本質的な部分は変わらない。

    発見力(発想力)を鍛える上で特に重要なのは以下の2点だと考える。

    1点目は関心の幅を広げることでキャッチした情報とリンクできる情報を増やすこと。
    そのためには、ある程度受動的に情報をキャッチする必要があると感じた。能動的な情報取得ではテーマの幅がすでに関心のある分野に偏ってしまいがちであるため、何らかの形で自分以外の誰かが選んだ異分野の情報に定期的に触れる機会を増やす必要がある。
    著者は新聞を網羅的に読むことを薦めているが、他にも例えば雑誌の定期購読など、特定の情報ソースを自分なりに選定してそのソースで取り上げられた情報は関心の有り無しに関わらず、情報化する習慣をつけておくことなどが有効だと思う。

    2点目は頭の中にストックしてある情報の整理しておくこと。
    本書内では特にその部分について触れられていないが、例えば、内田和成氏著『スパークする思考』で推奨されているように、頭の中の情報に"タグ"づけをしておく。そのように整理しておかないと新しい情報とストックされてある情報との関連付けがスムーズに行えない。

    「多様な情報に触れること」「情報を整理して頭にストックしておくこと」この2点がすなわち"発見力"の素養になると考える。

  • 小宮さんシリーズ2つ目

    ・発見には関心が必要➡仮説➡検証

    仮説を立てる時は「分解(減らす)」「全体(拡大する)」要素から洗う

  • 情報の塊を与えられた時.切り口,視点,疑問をもっていないとただのゴミになる.丸は何個でしたか?白は何割でしたか?直径はどれくらいでしたか,など予め見る始点を決めておけばそこを見れる.TOEICの設問を先に読んでおくのも一緒.

全320件中 1 - 25件を表示

小宮一慶の作品一覧

小宮一慶の作品ランキング・新刊情報

ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)を本棚に登録しているひと

ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)の作品紹介

セブン-イレブンのロゴ、最後のnが小文字なのが見えていましたか?
小金井カントリークラブの相場から、あなたは何を見ますか?
女子高生のルイ・ヴィトンから、あなたは何を見ますか?
発見力を磨くには、
まず、自分には見えていないものがある、
分かっていないことがあるという意識がとても大事です。

 同じものを見ていても、同じことを聞いていても、人によって、見えるものがこんなに違うのはなぜだろうと思ったことはありませんか?
 ああ、どうして、それにわたしも気づかなかったんだろうと悔しく思ったこと、すごいなあとただただ感心してしまったことはありませんか?
 見え方の問題という以前に、そもそも、見える量がまったく違うような気がすると……。

 この十年、さまざまな情報へのアクセスは飛躍的に容易になり、情報量による不平等はずいぶん少なくなりました。にもかかわらず、同じ情報に触れていても、そこから何を見るか、そもそも、見えるのかどうかは、相変わらず、人によって大きく異なります。
 ほとんどの人が何も見えないでいるところに、ごく一部の人は、新しいマーケットを見、新しいサービスを着想し、株価の動きを察知し、会社の売上げの動向を予測する。その秘密は何なのか?
 実は、そこには、それなりの「技」があります。「見える力」すなわち「発見力」とも言うべきスキルがあり、仕組みがあり、方法論があります。
 その「ものが見える力」を身につけていくための方法を、あのベストセラー『図解キャッシュフロー経営』等の著者が惜しみなく披露した本書は、きっと読者の世界観を大きく変えることでしょう。

ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)はこんな本です

ツイートする