無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法

  • 2013人登録
  • 3.49評価
    • (140)
    • (244)
    • (473)
    • (52)
    • (12)
  • 243レビュー
著者 : 勝間和代
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007年10月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887595866

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小山 龍介
デイル ドーテン
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法の感想・レビュー・書評

  • やりたい事、やるべき事がたくさんあるため、時間を有効活用したいと思い読んだ。
    フォトリーディングやGoogleカレンダーなどのツールを5年以上前に既に知って使っている。
    勝間さんは時間単位の仕事量がかなり多いと思うので、少しでも近づける様に真似をして自分の中に取りんで行きたい。
    ○重要事項
    ①時間管理で「やってはいけない」3つのこと
    ・自分一人でがんばる
    ・やることを減らさないで、時間がかかることをはじめる
    ・PDCAのCheckをしない
    実行できる人とできない人の違いは、「(誰でも弱い)意志を、いかに手法やスキルで補って、習慣化できる様にしているか」ということに尽きます。

    ②勝間式「黄金の時間の5原則」
    原則❶時間を作るためには、あらゆる面の投資を惜しまない
    原則❷単位時間あたりの成果に、固執する
    原則❸必要以上に「いい人」にならない
    原則❹やりたくて、得意で、もうかることを優先する
    原則❺スケジュールはゆったりわがままに設定する
    多くの人は将来の一時間を現在の一時間より軽く見てしまいます。

    ③すべては「今」を分析することから始まる。「フレームワークを使って」「定量的に」現場把握する。

    ④新しい動き方を統合的に実践する
    新しい動き方❶ 生まれた時間を、さらに効率化するために再投資する。
    新しい動き方❷ すきま時間は常に手帳を見るクセをつける
    新しい動き方❸ 予定と現実のギャップを見て、理由を考える
    新しい動き方❹ 時間管理の効果を測定する
    新しい動き方❺ 時間管理を改善し続ける

  • 人生をどう生きるかは、時間をどう過ごすかと同義だ。
    時間をいかに有意義に過ごせるか、本書はとても示唆に富む。
    一日の時間の中で、どれだけ「投資」の時間を作れるか、これが肝要になる。

    参考になったのは、筆者が「体力づくり」に重きを置いてるところです。
    「体力は全ての活動の基本である。」
    普段軽視しがちな部分なので、気をつけたいと思います。


    本書を読んで、僕の今の反省点を2つ挙げると、
    ・二度寝を防ぐ。
    朝の時間に惰眠を貪ることは、絶対直さないといけない。
    1時間でも2時間でも、読書に当てれたら、どれだけ大きいか。

    ・ネットサーフィンを防ぐ。
    気が付いたら1時間ぐらい平気で使ってる。

    一刻も早く、この悪癖を拭い去らなければ、自分に将来はない。
    未来の自分のために、時間を有効に使おう。

  • それぞれにかかっている時間を重要度・緊急度のマトリクスではかり、時間を投資できるように無駄な時間を削りましょうという本。
    最近家計簿をつけ始め、意識的に自分に投資する金額を増やそうとしていたのですが、もっと有限な資産である時間は結構どんぶり勘定だったなーと反省。そして、「効率化」より前に「やらないことを決める」というのは納得。20:80の法則じゃないけど、無駄な時間はばさばさ切ってく勇気もいるよね。

    時間を増やすためには
    ・時間をつくるために投資する
    ・成果を時間で測る習慣をつける
    ・必要以上に「いい人」でいることをやめる
    ・やりたくて得意なことを優先する
    ・腹八分目のスケジュールにする

    新しい動き方を実践していくには(↓)。終わりはないのね。
    ・生まれた時間を、さらに効率化するために再投資する
    ・すきま時間は常に手帳を見るクセをつける
    ・予定と現実のギャップを見て、理由を考える
    ・時間管理の効果を測定する
    ・時間管理を改善し続ける

  • 図書館で借りた。まぁ時間を金で買うということはできるならばやりたいけど
    金額次第だな

  • 内容自体はいい。
    著者が崇められて宗教じみているのが、本とは関係ないところで気になった。

  • 『無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法』(ディスカヴァー)の続編で、著者自身が実践している時間管理術について語っている本です。

    毎日の時間を、「消費」「投資」「浪費」「空費」という4つのカテゴリーに分けて、徹底的にコスト・パフォーマンスの観点から時間の使い方を見なおすことが説かれています。また、時間管理術は効果測定が難しいので、トヨタの「カイゼン」方式に倣って、小さな改善点を積み上げていくことの大切さが重要だと述べられています。

    最後には、著者の手帳管理術と、著者自身のとある1週間の時間の使い方の実例も掲載されています。

  • 勉強法に続けて時間投資法も。
    私の2017年のテーマのひとつが「生活の生産性を上げる」で、マッチする内容ですた。
    浪費(やらざるをえないと思ってるもの)、空費(むだ)を減らして、投資になることに時間を使いましょうということ。
    大事なのは、やりたいこと…なりたいものなどのビジョンを明確にして、手段を考えること。自分がしなきゃいけないことなのか?もっといいやり方はないのか?と常に改善していくこと。

  • 何年か前に読んだあと、再読。
    時間管理、モチベーション喚起の方法論は自分のような方法論者にとってはワクワク出来る内容。意思の強さで行動するのではなく、習慣化で行動するという自分のライフスタイルもこの本の内容がベースになっている。続けられる仕組み化、投資に対するリターンの具体化。
    後半は7つの習慣にあった時間管理マトリクスをより具体的にわかりやすくした内容。急がないが重要な事を最優先にやる、毎日投資の時間を30%作る。細やかに具体例が記されていて、この本のお陰で時間の使い方は大きく変わった。

  • 『七つの習慣』のように、今は自分はどんな時間の使い方をしているのか意識するようになった。

  • 工夫すれば時間は結構作れるのだということがわかる。

  • お金、知識、労働は増やせるし、成果を出せるが、時間はすべての人に平等に24時間と限られている。

    いかにその時間を有効に使って自分の為に投資できるかのノウハウを記している。

    続けるには目標より行動にフォーカス
    あらゆる投資を惜しまない
    いい人にならない
    得意なことを優先

    勝間さんんの徹底した無駄のない時間管理とそれに必要なツールの利用や行動力は参考になる

  • 時間を有効に使って、年収を上げる方法。

    自分に必要ないものを切り捨てて
    そちらだけに走る。
    それができていれば、もう少し色々
    別の事が出来てると思います。
    しかし切り捨てたくないのです。
    それも趣味、あれも趣味。
    結局、年収を取るか、趣味に生きるか…。

    書いている事は、ものすごく共感できる部分が
    多々あります。
    ネットをつけると、だらだらとし続ける、とか。

  • ごく親しい人から「よく遊んでいるよね」「勧めたお店にすぐ行ってくれるよね」「本を勧めるとすぐ読んでくれるよね」

    将来を見据えてあらかじめ時間の投資 時間の貯蓄→仕組み化すれば誰でもできる
    なぜ忙しくなるのか?→やることを減らさないから。
    精神論の時間管理から脱却→時間管理の手法と知識

    ①現状を把握②目標を決めてギャップに気付く③目標と現実を埋める手法を学ぶ

    10の方法を試す→1ついい方法が見つかれば儲けもの
    人間は怠情→手間がかからない方法しか続かない。
    目標ではなく行動にフォーカス(×勉強 ○英語を聞く)

    TOEIC 1時間当たり0.4点アップ 200点アップは500時間

    行動が続く仕組み 自分へのご褒美、周りに宣言、プロの力、会社の強制力、理論を身につけ自分を納得させる
    体力づくりに投資→疲れにくくなる。
    テレビ 時間泥棒 日本人平日3時間、休日4時間→HDDでしか地上波は見ない。
    女性のレーザー脱毛 まつ毛パーマ→時間の節約 合理的

    断りの見本文メール→すぐ断れる。
    スケジュールは細かいチャンク(まとまり)に分ける→ヒューマンエラーを前提に行動

    重要度 高         消費  投資
    高  緊急度  低
        低         浪費  空費

    時間管理で重要なこと→やらないことを決める☆ネット、仮眠、依存性のある行動

    意識して覚えておけること(足の裏の広さ) 無意識に蓄積される情報(18キロ四方)
    早寝・早起き・朝ごはん→朝ごはんを犠牲にすると、そのあとの一日が犠牲になり、その結果、将来も犠牲になる。
    高田明和「快眠セラピー」
    家は買わずに賃貸にした方がよい→職場、子どもの学校→時期によってベストな場所は変わる。

    東京とアメリカミネソタの片道14時間のフライト→無駄に時間を過ごしてしまっている人がなんと多いことか
    ×ビール、附属のDVD、食後のひと眠り、飽きたらゲーム
    ○ノイズキャンセリングヘッドフォン、ノートPC、腰当てクッション、MP3プレーヤー、本
    睡眠時間の効率化 Learning Strategies Paraliminal CD

    スキマ時間は常に手帳を見るクセ
    テレビを見る代わりにジョギング

    朝 身支度で迷わないようにブランドを統一
    きれいな爪を見ることで、1週間明るい気分でいられる。
    論文査読→将来の自分の仕事が楽になる仕組みは、常に開発しておく。

    本書は、早い人だと2時間くらいで読み終わる→「内容が薄い本」ではない。
    この本は手元において、ぜひ何カ月か置きに読み返してほしい。

  • 人生で一番貴重な資源は時間
    やることを減らす
    日々改善して1日一つ何か新しいことできないか
    続けるには手間がかからない方法
    目標ではなく行動にフォーカスする
    投入した時間と効果をレビューする
    続けられる仕組みを作る
    価格や費用を時間で割る(時間あたりの価格を意識する)、一時間あたりの成果を意識する
    得意なことに特化する
    1.現状の課題を把握する(フレームワークを使って定量的に→重要度×緊急度→緊急ではないが重要なことに時間を使う)
    2.やらないことを決める

    スケジュールは朝一番から入れる
    メンテナンスとカイゼンを繰り返す
    トップ営業マンになるために、数字に強くなる、話術を磨く、商品知識を蓄える

  • ①具体的な時間投資法は?
    ・週の終りに、行動、投入時間をレビュー
    ・やることを減らして、新しいことを始める
    ・投資を惜しまない
    ・単位時間当たりの成果に固執
    ・朝型に変えるとき、少しずつ早く起きる仕組みを作る
    ・やりたくて得意なことを優先する
    ・やらないことを決める
    ・オーディオブックを活用
    ・ルールを設ける

    ②気づき
    ・負荷の高い40-50の運動ではなく、毎日5-10分の運動の方が続けやすい
    ・引っ越し、転職で時間節約
    ・スケジュールをパンパンの人は成功しない

  • 階段を登るように着々と歩を進め、キッチリとした時間管理が出来て成功した勝間さんだとは思うんですが、旗から見ると窮屈そうに見えるかもしれない。

    しかし勝間さんが時間をギリギリまで効率化することによって成功しているのを見て、その様は窮屈でもなんともないこともなんとなく分かるしそれはそれでいいと思う。
    けど、ちょっと固すぎなところが自分にはあまり合わないかな。



    しかし参考になったことはあった。

    電球を発明したエジソンも同じ様なことを言ってたみたいだけど、
    ・ダメだった9本を無駄と考えるのではなく、1本を見つける為の投資だと考える

    ・薬物(アルコール、ニコチン、カフェイン)
    は少しでも摂取すると、次の薬物を摂取するように「せき立てる」

    ・どこかへ行ってしまったように見える情報は完全に消え去るわけではなく、巨大な無意識のどこかに格納されているけど、中々引き出せなくなってしまうだけ


    難しいことは特に書いてなく、簡単に読める本でした。

  • 著者が言うように本当に2時間で読める。内容がない事はないのだろうが、残る事は人それぞれで、1つでも得るものがあれば良いと思って読んだ。時間管理のモチベーションが上がったという事はあると思う。優先順位や、効率というものを考え直すよいキッカケになったと思う。又スポーツ等の健康管理という項目も時間管理に入れる事は自分になかった事なので、意識したいと思う。

  • 生産効率の高い時間を生み出す4つの方法

    ・空費と浪費の時間を減らし、投費の時間を増やす。
    ・時間を作るために投資をする。
    ・実績をあげて断れる人間になる。
    ・自分の年収を時給換算し、投資できる額を計る。


    いつの間にか時間が奪われる
    ネットサーフィンとエロサイト。
    自分がどれだけの時間を浪費しているか
    マトリクス表にしてみるとよく分かる。

    その飲み会、付き合いは時間対費用に見合うのか?
    商品選択で迷ったら、まず買って試した方が時間対費用が高い。

    そんな自分になりたい。

    時間割合理想。
    消費8時間(50%)仕事、休憩。90×4~5
    投費5時間(30%)商事、体幹、英語、音楽、勉強
    浪費2時間(10%)iBSA、レンジャー、ドラマ
    空費1時間(10%)ネットサーフィン、昼寝

  • 時間の考え方が変わった本です。やることを減らす、運動する、時給を意識する、やりたいことをやる、投資・消費・浪費を区別するなど、どうしたら時間をうまく使えるかをかなり深いレベルまで落とし込んで書かれています。とてもおすすめです。

  • 黄金の時間の5原則
    1 時間をつくるためには、あらゆる面の投資を惜しまない
    2 単位時間あたりの成果に固執する
    3 必要以上に「いい人」にならない
    4 やりたくて、得意で、もうかることを優先する
    5 スケジュールはゆったりわがままに設定する

    黄金の時間を増やす5つのステップ
    1 現状の課題を把握する
    2 やらないことを決める
    3 人に任せることを決める
    4 自分しかできないことを効率化する
    5 新しい動き方を統合的に実践する

    手帳の使い方~手帳は望みを確実に実現するための必携ツール
    1 現状の時間を割り振る
    2 理想の状態をイメージする
    3 中長期目標を立て具体的なものに分解する
    4 投資のための行動をスケジュールに落とし込む
    5 1週間単位でplan do checkのサイクルを回す

  • 投資の時間を増やす。
    やらないことを決める。

  •  勝間さんの、年収10倍アップシリーズ!勉強法に続く第二弾です。2007年10月15日に発行され、私は、2008年4月27日に購入しています。
    肝心の私の年収の方ですが、勉強法と時間投資法に書かれている貴重な情報を実践していないために、年齢給しかアップしておりません・・・orz
    それでも、この本を紹介するのは、若い頃から実践できれば(実践しない人に比べてピーク時の年収が)10倍ぐらい違ってくるのではないか?と思えるからです。それぐらい、これからの格差社会を生き抜くのは厳しいと思われます。私も、10倍は無理でも、現状維持を死守するために、10倍を目指すぐらいの心構えで頑張りたいと思います。
    肝心なこの本のエッセンスですが「より少ない時間で、同じアウトプットを出すためにはどういう仕組みをつくればいいか」「中長期的な視点から、何に投資(時間)しておくべきか」ということだと思います。
    恐縮ですが、私なりの解釈は・・・人生の目的は「幸せ」であり。幸せになるためには「勉強」が必要であり、目的を達成するために人生で一番貴重な資源は「時間」である。その貴重な「時間」を有効に使うために「断る力(やるべきこと・やりたいこと・できることを選択する力)」を発揮して「勉強」し、「勉強」して獲得した情報で、私達の生産性と付加価値を上げることが「幸せ」に繋がるというものです。
    勿論、この本「時間投資法」には、理念から、手段まで、情報盛りだくさんです。

  • 時間=投資と考える本。

    1.時間を作る上では、やらないことを決める事が一番効率がよいとする。
    ・迷う時間
    ・無意味なネットサーフィン
    ・人に任せる仕事を決める。
    など

    2.理想的な時間配分
    ①消費 大切な仕事 50%
    ②投資 スキルアップ、スポーツ 30%
    ③浪費 ルーチンや移動時間 10%
    ④空費 ゲーム、おしゃべり 10%

    3.ワークもライフも充実(ワーク・ライフバランス)
    ・新しいやり方に興味を持つ
    ・中期目標>細分化>実行

  • やることを減らす。
    目標を決めてギャップに気付く。
    なりたい姿=目標を決める。
    投資の時間を増やしていく。

全243件中 1 - 25件を表示

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法に関連する談話室の質問

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする