中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚

  • 524人登録
  • 3.95評価
    • (56)
    • (46)
    • (44)
    • (7)
    • (2)
  • 45レビュー
著者 : 洪自誠
制作 : 祐木 亜子 
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596030

中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今、座右の書という感じの本です。
    自分のこれからの生き方に関する指南書であります。
    これからも日々、少しずつ何度も読み続けていく予定です。

  • 菜根譚前集4

    勢利紛華

    不近者為潔

    近之而不染者為尤潔。

    智械機巧

    不知者為高

    知之而不用者為尤高。

    権力、利益に関心がないひとは高潔だ。

    だが関心を持ちながら染まらない生き方ができるひとこそもっとも高潔だ。

    策略、駆け引きを知らないひとは賢明だ。

    だが権謀術数を知りながら使わないひとこそもっとも賢明だ。

    向上心と謙虚さを大事に生きたいと思うとき決して忘れてはならない言葉。大事にしたい。

  •  中国に住んでいた間に教えてもらった本。道徳のようなイメージだが、実際には自分を中心に考えたとき、幸福になるにはどうすればいいか、または幸福とは何かに気がつくためにはというテーマの、自己啓発本または心を落ち着かせる本のようなイメージ。最近流行りのマインドフルネスにも通じる考え方だ。あまり欲にばかり気がいくと疲れるよ、そうではなくてもっと穏やかに世の中を見てみなさいよ。幸せってのは、お金とか地位とかではなく、ただゆっくりと日々を過ごせることなんだと思うよという感じ。
    「耳に痛い忠告や小言を常に聞き、心の中に思い通りにならない物事が常にあってこそ、自分を磨き、大きく成長できるのだ」
    質素で、苦労を厭わず、ゆとりも持つ。心の持ちようをしっかりと噛みしめるように教えてくれる書である。
     「人格は、人を受け入れる度量が大きくなるにつれて高まり、度量は、見識が深まるにつれて大きくなる。」人格を高めるには、度量を大きく、つまりは見識を深めなければならない。心穏やかに、広い心で。
     忙しいと、必ず飛んでしまうこの本の主旨。如何なる状況にあったとしても、焦らずに、ゆっくりと幸せを願う。日々過ごせることに感謝して、穏やかに。

  • 道徳本みたいなものはあまり好きではないが、さすが各界の著名人が愛読していた1冊。とてもバランスが取れていて、恐らくどんな境遇、心境の時にも何らか支えになってくれ、自分を前向きに、成長に導いてけれるだろう言葉が見つかる気がする。

    今回はフラッと行った本屋でのジャケ買いだったが違う訳も読んでみたい。

  • 口は心の門。

  • 幸福論

  • 名声も財も求めようとせず、穏やかに生きる。

    何が目新しい発見だったかと思うに、心穏やかに生きるのが幸せという考え方でした。

    主義主張を言う人はいつか、それを理由に批判され、道徳を言う人もまた、過ちを犯すときにそれを理由に中傷される。
    正義や理にかなったことさえ、自分も大した人間ではないのだから、人に求めてはいけません。という考えは新しかったです。

    この間本の中で、正義を声高く主張してはいけないと書いてあって、これはいかにと思っていたので、これを読んで、そういうことかと納得しました。

  • 川上哲治、吉田茂、松下幸之助など歴代のリーダーが愛読していた書は、それでも諦めるなと常に励ましてくれる温かさがあると感じています。

    特に好きな言葉が下記です。
    「徳とくは才の主、才は徳の奴なり。」
    才ありて徳なきは、家に主なくして、奴、事を用うるが如し。幾かん何ぞ魍魎にして猖狂せざらん。

    また、この書には出てきませんが、
    後集76が私にとって最も大切にしたい言葉です。

    「伏久者飛必高、開先者謝独早。」

  • 【2015/3/5】
    紹介者:高村さん
    レビュー:米山

    「さいこんたん」って読みます。
    中国の古典、というお堅いイメージのあるタイトルですが、高村さんのほんわかした雰囲気に似た、優しい論調の本。
    中国に古くから伝わる「道徳」のような存在なんだそう。

  • 人生についての考察の書かれたありがたい本なのだが、結果だけで説明がないので、理解はできるけど心までは届かず、いまいち入ってこない本だった。教えの内容自体は素晴らしく、参考になることもあった。これを血肉に変えるには私自身の深い考察と行動が必要不可欠だろう。

全45件中 1 - 10件を表示

中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚のその他の作品

洪自誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
ロバート キヨサ...
J・モーティマー...
ジェームズ アレ...
フィリップ・マグ...
デール カーネギ...
小池 龍之介
有効な右矢印 無効な右矢印

中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする