中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚

  • 519人登録
  • 3.95評価
    • (56)
    • (46)
    • (44)
    • (7)
    • (2)
  • 45レビュー
著者 : 洪自誠
制作 : 祐木 亜子 
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596030

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
ジェームズ アレ...
ロンダ・バーン
ロバート キヨサ...
フィリップ・マグ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚の感想・レビュー・書評

  • 今、座右の書という感じの本です。
    自分のこれからの生き方に関する指南書であります。
    これからも日々、少しずつ何度も読み続けていく予定です。

  • 菜根譚前集4

    勢利紛華

    不近者為潔

    近之而不染者為尤潔。

    智械機巧

    不知者為高

    知之而不用者為尤高。

    権力、利益に関心がないひとは高潔だ。

    だが関心を持ちながら染まらない生き方ができるひとこそもっとも高潔だ。

    策略、駆け引きを知らないひとは賢明だ。

    だが権謀術数を知りながら使わないひとこそもっとも賢明だ。

    向上心と謙虚さを大事に生きたいと思うとき決して忘れてはならない言葉。大事にしたい。

  •  中国に住んでいた間に教えてもらった本。道徳のようなイメージだが、実際には自分を中心に考えたとき、幸福になるにはどうすればいいか、または幸福とは何かに気がつくためにはというテーマの、自己啓発本または心を落ち着かせる本のようなイメージ。最近流行りのマインドフルネスにも通じる考え方だ。あまり欲にばかり気がいくと疲れるよ、そうではなくてもっと穏やかに世の中を見てみなさいよ。幸せってのは、お金とか地位とかではなく、ただゆっくりと日々を過ごせることなんだと思うよという感じ。
    「耳に痛い忠告や小言を常に聞き、心の中に思い通りにならない物事が常にあってこそ、自分を磨き、大きく成長できるのだ」
    質素で、苦労を厭わず、ゆとりも持つ。心の持ちようをしっかりと噛みしめるように教えてくれる書である。
     「人格は、人を受け入れる度量が大きくなるにつれて高まり、度量は、見識が深まるにつれて大きくなる。」人格を高めるには、度量を大きく、つまりは見識を深めなければならない。心穏やかに、広い心で。
     忙しいと、必ず飛んでしまうこの本の主旨。如何なる状況にあったとしても、焦らずに、ゆっくりと幸せを願う。日々過ごせることに感謝して、穏やかに。

  • 道徳本みたいなものはあまり好きではないが、さすが各界の著名人が愛読していた1冊。とてもバランスが取れていて、恐らくどんな境遇、心境の時にも何らか支えになってくれ、自分を前向きに、成長に導いてけれるだろう言葉が見つかる気がする。

    今回はフラッと行った本屋でのジャケ買いだったが違う訳も読んでみたい。

  • 名声も財も求めようとせず、穏やかに生きる。

    何が目新しい発見だったかと思うに、心穏やかに生きるのが幸せという考え方でした。

    主義主張を言う人はいつか、それを理由に批判され、道徳を言う人もまた、過ちを犯すときにそれを理由に中傷される。
    正義や理にかなったことさえ、自分も大した人間ではないのだから、人に求めてはいけません。という考えは新しかったです。

    この間本の中で、正義を声高く主張してはいけないと書いてあって、これはいかにと思っていたので、これを読んで、そういうことかと納得しました。

  • 川上哲治、吉田茂、松下幸之助など歴代のリーダーが愛読していた書は、それでも諦めるなと常に励ましてくれる温かさがあると感じています。

    特に好きな言葉が下記です。
    「徳とくは才の主、才は徳の奴なり。」
    才ありて徳なきは、家に主なくして、奴、事を用うるが如し。幾かん何ぞ魍魎にして猖狂せざらん。

    また、この書には出てきませんが、
    後集76が私にとって最も大切にしたい言葉です。

    「伏久者飛必高、開先者謝独早。」

  • 【2015/3/5】
    紹介者:高村さん
    レビュー:米山

    「さいこんたん」って読みます。
    中国の古典、というお堅いイメージのあるタイトルですが、高村さんのほんわかした雰囲気に似た、優しい論調の本。
    中国に古くから伝わる「道徳」のような存在なんだそう。

  • 人生についての考察の書かれたありがたい本なのだが、結果だけで説明がないので、理解はできるけど心までは届かず、いまいち入ってこない本だった。教えの内容自体は素晴らしく、参考になることもあった。これを血肉に変えるには私自身の深い考察と行動が必要不可欠だろう。

  • ごく普通のありふれた生活の中にこそ、穏やかで楽しい人生の醍醐味が潜んでいるのだ(抜粋0二七)

  • 私は薄っぺらい人間ですので、つい最近の小手先のテクニック系のビジネス書に手を出してしまいがちですので、読書術の類の本でも薦められていたので、未知のジャンルでしたが読んでみました。
    普通の本ですと300ページを超えると思わせるような分厚さに驚きましたが、紙がやや厚めであることと、とにかく余白が広いですので比較的短時間で読み終えることが出来ました。
    時代を超えて、普遍的に通用するものが多数あるものだと感じることの出来た一冊でした。

  • 儒教・道教・仏教の違いもよくわかっていないのだが、各々の良いとこ取りをした有名な書らしい。が、精査すると各々の思想の矛盾に満ちていているとも言えるし、1冊の本としてまとめてしまえば、結果的には中道になっているとも言える。
    内容的には新鮮味はなく、殆どが実践できているような気もするが、バランス的にはもうちょっと俗世間にまみれた方がよいのかな?という気はした。その必要性もないし、別に困ってもいないので、能動的にやるのも中々難しいのだが、あまり世捨て人にならないように意識しておく必要はあるのかと。

  • いいフレーズがいくつかあった。
    ようはフツーがいちばん幸せ、ほどほどで満足することをすすめている。
    なんどか繰り返して読むうちに浸透してくるのだろう。定期的に読み返したい。あらたな発見がありそうな本でした。

  • 菜根譚の翻訳のなかでも一番読みやすい。儒教・道教・仏教の三教の考え方の基礎が理解できるので、ひとつぶで3度おいしいお得本。分厚いのはご愛嬌。

  • 一つ一つが読みやすいけど、つなげてみると、矛盾もあると思われる。そんなもんかと思って読むといいかな。

  • 菜根譚
    人間の一生は、後半の人生をどう生きるかで決まるのだ。

    天が幸福を授けてくれないなら、自分を磨いて幸福を得よう。
    天が肉体を苦しめるなら、精神を楽にして苦しみを減らそう。

    恩返しなど期待できない相手のためにこそ、恩を施すべきだ。

    大切なのは、耐える力を身に付け、辛抱強く生きていくことだ。

    太陽が地平線に沈んだ後でも、空は夕焼けで美しく輝く。晩年になっても、気力を充実させれば、さらなる飛躍を遂げることができる。

    早熟は晩成にはかなわない。

    常に死を意識し、病気になったときのことを考えながら暮らしていけば、色欲や物欲、名誉欲といったものに惑わされることなく、人としての正しい生き方をすることができる。

    立派な人物とは
    小さなことにも手を抜かない
    人が見ていようがいまいが、悪いことはしない
    失意のどん底でも決して投げやりにならない

  • from CASA BRUTUS No,149

  • 座右の銘になります。

  • 菜根譚のエッセンスのみがぎゅっと詰まった本。
    ちょっとだけ興味があるかもというときにはお勧めです。
    後、心が疲れちゃったときに、ちょっと振り返ろうと思うときに使ってます。

  • 今から約400年前に、中国の洪自誠によってかかれた処世訓がまとめられている本。まえがきに書かれていますが、中国古典の代表的な儒教のテキストである『論語』と『老子』の思想の中間的な考え方といえるのが、本書である『菜根譚』とのことです。普遍的な考え方を綴った文章の中に、バランス感覚をもって生きるヒントが詰まっていて参考になりました。(2011.9.28)

  • アランとかよりは読みやすくもあり、難しくもあり。言葉は簡単なのに本質を見抜くのが難しいとでもいいましょうか。だからこそ何回読んでも面白いのかもしれません。

  • 名著なのだろうが、文が抽象的であまり自分の心に響かなかった。

  • 菜根譚を読んでみたいなーと思いつつ、書店でいくつかの菜根譚を見比べた結果、購入したのがコレ。なにはともあれ読みやすいです。他の菜根譚の本は大抵が原文と訳文がセットで同ページに掲載されていますが、正直原文読んだってさっぱり訳が分からないし眠くなるので、本書のように原文は後ろのページに付録的な感じで載ってるぐらいでちょうど良いかと。
    各ページに人生の訓が1つずつ掲載されています。女性の方が訳されているせいか、言い回しや表現がやさしく、なんとなく気軽な気持ちで読めます。内容的にはまぁ当然と言えば当然なことだけれども、今一度気付かされるというか、あえてそれを無視して行っている自分を反省させられるというか、まさに自分を見つめ直す、本来そうあるべき姿を思い起こさせる、そんな本です。
    現代に通じる項目だけを抜き出して掲載したとはいえ、昔も今も必要とされる考え方や生き方は変わらないんだなぁとこの本を読んで思います。ともすれば「相田みつお」にも通じるものがあるかな?
    経営者や政治家、文化人の座右の書となっているらしいこの「菜根譚」。私もこの本を座右の書として位置づけたいと思います。

  • 図書館で借りて読んだ。儒教・仏教・道教を学んだ著者がそれぞれの足りない部分を補う形で書いた処世訓。借りるんじゃなく、一家に一冊置いといて読み返したい本。

全45件中 1 - 25件を表示

中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚のKindle版

ツイートする