外資のオキテ どこが違って、どこが同じか

  • 71人登録
  • 3.52評価
    • (6)
    • (9)
    • (15)
    • (2)
    • (1)
  • 10レビュー
制作 : 青木 高夫 
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2008年2月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596153

外資のオキテ どこが違って、どこが同じかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 外資勤務経験があれば
    納得することばかり。

    外資勤務希望の人は
    読んでいて損はない本。

    ただ、著者が職場で友人を作らない理由が
    将来、自分が友人を解雇する
    可能性を見据えていたところに驚いた。
    徹底して、シビアだ。。。

  • 原著の題は「You can't win a fight with your boss」,つまり「上司に喧嘩しても勝てない」である。期待していなかったが,意外にも良かった本。

    感心したのが,どんな会議でも必ず反対意見を言える方法。一言,発言前に「その意見に反対してもよろしいでしょうか?」と言うだけで,相手の心理的な構えを解くことが出来る。当然,「もちろん,どうぞ」となる。なるほど。。。

  • やっぱり外資に行きたいな。とついつい思ってしまう内容だな。特に英語が喋れるのに日本企業に勤めている人にはね。。

  • 090506

  • アマゾンにて購入。
    思っていたのとは少し違い、自己啓発的内容だった。
    しかし、言葉使いが小気味良く、スパイシーな内容となっていた。

    「俺、ちょっと甘いかも」

    そんな風に感じた時の引き締めに。
    少し緊張感をもたらしてくれる本。

  • 現在内資企業に勤めていますが、依然勤めていた外資企業のカルチャーにいくらか洗脳されていたみたいで、いろんなことに違和感を感じています。それらがどの程度外資的な目線に起因するものなのかを頭の中で整理付けてみたくて、購入して見ました。

  • 外資系起業について書かれている本。

    読んでみて、日本の企業とあまり変わらないんだなと感じました。

    違いがあるとすれば、出来ないとすぐクビにってことくらい。

    あとは上司が大事、社内政治を受け入れろ、スタンドプレーを控えよ、「外見」には気を使えといったように、私が描いていた外資系企業とは違います。


    もし外資系企業と日本の企業は違うんだろうな、といった偏見や誤解がある方はぜひ読んでみてください。

  • 3.6.08

  • さらっと読めました。

    ・よい上司を見つけよ
    ・Eメールに怒りを込めるな
    ・常に謙虚であれ

    などなど外資じゃなくても一般的な内容が。
    時間もかからず読めるし、よかったです。

    -20080222購入

全10件中 1 - 10件を表示

外資のオキテ どこが違って、どこが同じかを本棚に「読みたい」で登録しているひと

外資のオキテ どこが違って、どこが同じかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

外資のオキテ どこが違って、どこが同じかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

外資のオキテ どこが違って、どこが同じかはこんな本です

ツイートする