勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践

  • 2701人登録
  • 3.51評価
    • (162)
    • (317)
    • (562)
    • (50)
    • (12)
  • 330レビュー
著者 : 勝間和代
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2008年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596399

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
小山 龍介
J・モーティマー...
ロバート キヨサ...
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践の感想・レビュー・書評

  • 【内容】
    ビジネス思考力を身に付ける。
    そのために
    ①論理的思考力
    ②水平的思考力
    ③視覚化力
    ④数字力
    ⑤言語力
    ⑥知的体力
    ⑦偶然力
    を身につけようという内容。

    【読後感】
    この本は良かった。最初から全部は意識してできないので、必要なところから徐々に。
    本とは関係ないけど、勝間さん個人は好きになれないんだよなぁ(笑)

  • 漠然と捉えていたフレームワークとは何なのかがよくわかった。
    統計を勉強しよう、数字を意識して過ごそうと思った。
    全体的に好感の持てる本。

  • 私が今まで経験した麥然とした考えを纏めるきっかけの本となりました。非常に体系的に事例も交えて端的に濃縮されて書かれている本です。垂直水平思考、視覚数字言語力、知的体力偶然力などフレームワークとして、これからの思考力手助けとなる良書だと感じました。コンサルタントを経験している人は自分の考えを纏めるのに良い本です。コンサルタント経験がない人には経験したことがない分、中々思考の整理ができないと思いますが、自分自身の思考を高いレベルに持っていく良いきっかけにな本だと思います。私のバイブルとなる本です。

  • フレームワークという考え方の枠組みが図表でまとめてあるページがかなり役立ちます。
    そして、この基本を身につけながら、実践→失敗・成功→立て直し→新フレームワークの確立の流れを通して、勉強・遊び・仕事etc…何にでも使える考え方が身につきます。
    文字も大きめでわかりやすく書かれているので、すんなり読むことができるビジネス書です。

  • 勝間和代のエライところは、
    『何冊かの本に書かれていることをまとめるとこの本になるじゃないかと思う人は、情報の価値がわからない人である』というようなことを冒頭に書いて、読者の脳にくさびを打ち込むようなことをするところである。勝間にこんなことを言われると「この本はありがちな内容である」なんてなかなか書けない。かく言う私も勝間と同意見。すぐれたプラクティスの元ネタは人類4000年の歴史がすでに作り出した。従って純粋なアイデアには大した価値はなく、それを組み合して何かを行い、何らかの成果(失敗も含む)を出すことこそ、重要である。本書は、このことを改めて思い出させてくれる良書である。
     
     あなたの周りに、いうことだけは立派なんだけどなにもしない、もしくはできない「評論家」はいませんか?もしいたのなら、この本をその人に読ませてみてください。きっと「目新しいことは何も書いてないね。クドクドクド・・・・」と、ウザイことを言うでしょう。

  • タイトルにあるビジネス思考とは効率よく働いて、的確な成果を出してそれでもうけること。
    残業したく、たくさん成果を出したい、お金を稼いで生活を充実させたい、みなの願い。
    ではどうそれを身につければいいのか、それは、知識を集めながら、痛い目にあいながら、新しいフレームワークを生み出すこと。
    知識→理解→応用→分析→統合→評価を繰り返し行うこと。
    この本では分析、統合、評価について説明している。
    分析では論理的思考力、統合では数字力、評価の偶然力
    これって、普段の生活に十分生かせる。
    私の知人で決断がはあい人がいるが、それってMECEができているということ。ノイズをなくすのがうまい。
    これらを身につけて、生産性の高い生き方をして、人の役に立ちたい。





    1.鈍足は拙速より危険。仮説・結論を元に次の地点へ行け。
    20%×20%×20%=0.8%

    2.フレームワーク。
    →何かの概念を束ねて覚えやすくするもの。
    ベンジャミンブルーム
    知識→理解→応用→分析→統合→評価
    雑誌は理解まで。応用以降は文字量が多い本になる。

    3.MECE ミッシー 相互に排他的でむだにないこと。mutually exclusive collectively exhaustive

    4.ランダムにみえたり、関係性が不明瞭な事項のなかで、高い確率で起こり得ることを予想するもの。

    5.身近なものをツーバイツーマトリックスに当てはめる。
    6.なぜを五回自分へ問いかけ、仮説をたててみる。

    7.ラテラルシンキングでブレーンストーミングを用いる際は、話し相手を厳選。相手が需要者か供給者であり、かつ素人マーケターではないこと。
    ごみをいれてもごみがでるだけ。
    ロジカルシンキングの他にも、水平思考、ラテラルシンキングを用いて、前提を疑い、新しいものと比較しながら、立体思考を行うこと。

    8.画像の対極、数字。数字は比較ができる、しらないことを推測できる。
    数字は、低コストで人の感性に訴えられるツール。
    数字は具体性、信頼性を持つがゆえに逆に感覚に訴える。常に細分化する方向で数字に向かう。

    9.偶然力、セレンディピティ、楽観性はビジネスチャンスを高める、批判は必ずある、理由があって今がある。

    10.セルラーメモリーとボディマインド

    11.ブレインジム

    12.アルコール、カフェイン、ニコチンについてのメリット、デメリットの情報が不足しているため、納得、腹落ちせず、成功体験として認識できていないため行動に移せない。

    13.触覚が思考のバランスを支える

    14.太っている人はだらしない→目の前の快楽優先→時間割引率

    15.知識理解は空
    応用、分析は雨、傘は空

    16.ヒューリスティック、知識バイアスに注意。 

    17.コミュニケーションでは、具体性、信頼性、自分の言葉が必要

  • 知識→理解→応用→分析→統合→評価の流れを何回も繰り返す
    セレンディピティを大事に

  • ビジネス思考を身に付けるには方法を探しているときに読むといいのではないでしょうか。
    著書も、著者が薦める参考文献も大いに参考になると思います。

  • 出た時に読んだと思いますが登録してなったので再読σ^_^;

    著者は「ビジネス頭」をビジネスを遂行する上で日常的に役に立つ他の人より1歩先に行くために必要な基礎的なものの考え方と定義されてます。
    スポーツで言うところの「フォーム」や能の「守破離」の守といったところでしょうか。
    最近は基礎をおろそかにすることが流行のようで、この本もまだまだ今に通用するのかなと思います。
    テクニックは知ってるだけでは通用しないので武器として使いこなせるレベルに持って行くよう著者は仰ってます。

    「論理思考力」
    ロジカルシンキングは様々な具体的な知識を抽象化して法則や関係性を見出しながら次の手を導き出す能力と理解しています。

    「ビジネス思考力」
    ビジネス現場で限られた情報・時間の中でより適切な推論・判断のもと行動し、より高い付加価値を生み出す能力と定義されてます。

    ビジネス思考力があれば将来予測に基づく判断によりリスクに対する準備が高確率で可能となり状況判断が迅速かつ的確になることで新しい行動が取りやすくなるり時間に余裕ができます。

    「知識→理解→応用→分析→統合→評価のフレームワーク」
    思考の6段階を回してビジネス思考力を鍛え続けることは仕事を通じて可能です。
    「フレームワーク」は自分なりに整理し考えやすく覚えやすくする基本となるものだそうです。
    人からもらうもの(知識)レベルではなくて自分で組み上げるものなのかもしれません。

    「言語力」
    著書の中で最も感銘したのが言語力です。
    言語力は僕の仕事で最も肝要となるものです。

    「数字力」は苦手なのですが苦手意識を持たずに統計を駆使できるように訓練したいです。

    「知的体力」は身につまされる人が多いのではないでしょうか。
    アルコール・ニコチン・カフェインを取らないようにと。
    わかっちゃいるけど…はわかってないのと同じやそうです。
    アルコールとニコチンは取ってないのでカフェインですね。
    甘いものも血糖値上昇を考えるとよくないそうです。
    頭使わなくなって久しいのですがちょっと考えないといけませんね。

    「偶然力」「セレンディピティ」
    偶然を活かすということやと思います。
    僕は常に幸運の女神には前髪しかないと言ってます。
    でも幸運の女神は平等に現れるのに掴む準備のある人だけ前髪を掴めると思います。
    「運が悪い」というのは究極的には準備ができてない自分が悪いということに帰結します。

    まあ色々ありますがまずは実践するということですねd(^_^o)

  • 「フレームワーク」とは、著者自身の説明では「何かの概念や考え方を自分なりに束ねて整理して、考えやすくするもの、覚えやすくするもの」です。本書の内容に即していえば、ビジネスの現場で問題を発見・分析・解決するための枠組みのことを意味しています。

    本書では、「論理思考力」「水平思考力」「視覚化力」「数字力」「言語力」「知的体力」「偶然力」の7つの力について具体的に解説することで、それらの上位概念である「フレームワーク力」すなわち、さまざまなフレームワークを発見し活用する能力を高めることを目標にしています。

    著者自身も述べていますが、こうした本は読んだだけでは意味がなく、さまざまな場面で実際に使いこなすことができるようになるための訓練が必要です。本書の解説自体はたいへんていねいで分かりやすかったのですが、もっと多くの具体例を示してもらえたら、自分自身がふだんの仕事や生活の中でこれらの力を伸ばしていく糸口を見つけやすかったのではないかという気がします。

  • 思考法がこんなにたくさんあることを知る。何気に生きていると気づかないことを教えてくれる一冊だ。主婦にもわかりやすい文章で書いている勝間さん、この本に関しては専門的内容なだけに、やや難しい。それでも、気になる部分がたくさんあり、調べながら読了した。最後に参考になる本の紹介があり、興味のある本を3冊マイリストに追加した。「記憶する心臓」「本を読む本」「共感覚者の驚く べき日常」

  • NESの時か。今はもう必要ないけど、フレームワークの基礎の基礎

  • 7つの習慣に重なるものを感じた。

  • 7つのフレームーク

  • 久しぶりの勝間本でした。
    なかなか読みやすい文章で理解しやすい。

  • 効率よく働いて、より多くのお金や余暇を得る能力。

    これを「ビジネス思考力」と呼び、本書はその実践方法を紹介しています。フレームワークを扱った本だけあって、構成が非常にしっかりしており、とても理解しやすかったです。個人的にはすごく学ぶところがありました。

    かなり色んなことが書かれているので、この本に書かれていること全てを実践する必要はないと思います。この本の中で何か気になる技術や考え方を見つけたら、それを実践したり、より深く追求したりしてみる、いわゆる「ハブ本」として使えばいいのではないでしょうか。

    著者の勝間和代さんは、現在様々なメディアに登場されており、書店のビジネス書コーナーは勝間さんの写真で溢れかえっています。今大変勢いがあり、また強い意見を持った人なだけに、逆に抵抗を感じる方も少なくないと思います。ただ、非常に能力があり、また結果も残されている方なので、著者自信への好き嫌いは置いといて、「何か盗めるものがあれば盗んでやろう」そのぐらいのスタンスで読んでみればいいと思います。

  • 初・勝間本。
    ビジネス思考におけるブックガイドとしても使えて参考になった。

    ビジネス思考力は「論理思考力」「水平思考力」「視覚化力」「数字力」「言語力」「知的体力」「偶然力」+「フレームワーク力」

    「拙速は避けるべきですが、鈍足はもっと避けるべきです」(P19)
    「will-skill」マトリックス(P70)
    「論理パズルの本をたくさん読むこと」(P104)
    「①なぜこの問題を解く必要があるのか
     ②問題設定そのものは正しいのか
     ③ 問題を言い換えることはできないか
     ④この問題を解決したら、だれが得をして、だれが損をするのか」(P132)
    「言葉というのはこの眼鏡に近い」(P242)
    「三毒を追放する(妬む・怒る・愚痴る)」(P283)
    「つねに答えは身の回りにある」(P315)

  • 難しくてフォトリーディングとマインドマップのページだけ読んだ。

  • 勝間本2冊目です。
    フレームワーク初心者、論理思考初心者にわかりやすく、柔らかい言葉で書かれているため、頭に話がスッと入ってきました。
    色々な本を読んでる人には当たり前のことが多いかもしれませんが、内容が偏っていないので、そこは他の本と差別化できてるかもしれません。
    知識を深めたい人は他の本も読んだがいいと思います。

  • 目から鱗の話がたくさん出てきて、カラーの図もあり、読みやすく、とても面白かったです。厚い本なのに、あっさり読了。私もフレームワーク力を鍛えたいなと思いました。

  • 知らずにできるのは天才だと思うが、わたしは天才ではないので知る努力をしてできないことをできるようにしたい。フレームワーク、という考え方を知っていて日常的に使おうとするだけでもきっと違う、はず。読んでからぜんぜん実行できていないが。

  • 学び
    ①論理思考が身につかないのは練習が足りないから
    ②「やりたくない」「できない」と思ったときは、それをやったことで起こる結果とやらないことで起こる結果を考える。そうすると「やろう」と思えるようになる。
    ③書籍の知識をフレームワークで整理する癖をつける
    ex.「年収を10倍にするステップ」
      1.xxx 2.xxxx 3.xxxxx 
      ※フレームワークの名前と内容とノートに整理する

    アクション
    ①紹介されていた論理パズルの本を買って解く
    ②「やりたくない」「できない」と思ったときは、それをやったことで起こる結果とやらないことで起こる結果を考える
    ③本で学んだ知識はフレームワークにしてノートに整理する⇒毎朝見返す

  • コンサルタントに限らず、ビジネスマンとして知っておくとよいフレームワークがまとめられている。
    個人としては、特に真新しいものはなかったが、これらの思考するための道具を如何に使い倒すか、が大切。知ってるつもり、やってるつもり、どこか中途半端では役に立たない。

全330件中 1 - 25件を表示

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践を本棚に「積読」で登録しているひと

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践はこんな本です

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践のKindle版

ツイートする