あたらしい戦略の教科書

  • 713人登録
  • 3.56評価
    • (28)
    • (95)
    • (99)
    • (9)
    • (5)
  • 86レビュー
著者 : 酒井穣
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2008年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596443

あたらしい戦略の教科書の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わかりやすい。そして、面白い

    戦略といいながら、SWOTや5フォースといったフレームワークの話は何も出てきません。
    戦略論を学ぶ本ではなく、戦略の実行を学べる本です。本書の「はじめに」にも書かれていますが、
    「戦略の実行」という現場の視点から”逆算”して構築された戦略の実務書

    として定義されています。とくに第5章では「戦略の実行」について記述されており、戦略を実行するプロジェクトリーダのための本といっても良いと思います。

    さて、まず戦略ですが、
    「戦略とは、現在地と目的地を結ぶルート」
    として「旅行の計画」とたとえています。
    本書では、それに基づき、第2章に現在地の把握の仕方として情報収集と分析の手法を述べています。
    情報収集で情報の優先順位は、顧客情報>自社情報>業界のマクロ動向>競合情報としています。
    競合情報って一番最後でいいんですね。競合より、顧客。当たり前ですが、忘れがちなポイント化と思います。
    さらに、ここでは情報収集の7つの基本が記載されています。

    次に、第3章に目的地の決定として、目標設定の方法が述べられています。
    優れた目標はチーム全体のモチベーションを高めることができる。その優れた目標の5つの条件を記載しています。

    そして、第4章にルートを決定するとして、戦略立案の方法が述べられています。

    最後は第5章で戦略の実行です。ここではコミュニケーションをベースとして、泥臭いことがかかれています。人を動かすために人を4つのタイプに分け、それぞれにあった手法でコミュニケーションを行うことも書かれています。4つのタイプわけをすることは本書以外でも良く聞きますね。コントローラ、プロモーター、アナライザー、サポーターの4タイプです。この章がまさに、プロジェクトマネージャ、プロジェクトリーダが行うべき行動が書かれています。
    そして、この章でも、前回のコトラー関連で読んだ「情熱」が出てきます。
    他人を巻き込むためにもっとも有効なことは「情熱」の伝染である。
    「情熱」の伝染に言葉はいらない
    うーん、覚えておこう

    この本は、繰り返し読みたいと思います。
    引用タブをつかって、いっぱい「引用」しておくかな...

  • 図書館で借りた。自分の人生は行き当たりばったり

  • ドライな情報とウェットな情報を、明確に分ける必要性を再認識。

  • むむ。新しいところなんてあったっけ?という正直な感想。
    ただ裏を返せば、かなりオーソドックスなことが書いているので新人さんとかにはおすすめ。決して内容が悪いわけではない。

  • 世の中に戦略の本は山のように出版されています。
    その多くが難しい言葉が多用され、フレームワークや分析方法の紹介にページを割いていています。
    戦略論の知識は得られますが、すぐに実務で活かすことは難しいかもしれません。
    本書は、身近でイメージしやすい例えを用いながら、戦略についてやさしい言葉でわかりやすく説明しています。

    著者は、「戦略とは、現在地と目的地を結ぶルート」と考えることができ、「戦略とは旅行の計画」だと、述べています。

    ステップ①「現在地」を明らかにする
    ステップ②「目的地」を明らかにする
    ステップ③現在地と目的地を「結びつける(方法=戦略)」を考える

    上記の流れを踏まえた上で、それぞれのステップをシンプルに説明しています。
    現在地を把握するための情報収集の仕方、目的地の決め方、戦略立案の方法、戦略を実行して成功させる方法を学ぶことができます。

    「現在地」は客観的な事実で出来ていて、状況に応じて変化し、「目的地」は「現在地」に依存した「不確定な未来」で本質的に「幅」を持っています。
    また、「目的地」はイベントによって変化し、戦略も成長させていく必要があります。

    本書は、戦略の立て方を体系的に学ぶことができなす。
    学術的な戦略論ではなく、現場目線の実践的な内容で、実務に取り入れることができます。
    タイトル通りの“戦略の教科書”と言える書籍ではないでしょうか。

    最後に、本書で最もグッときた一文を引用します。

    「戦略の存在意義には、目的地にたどり着くためのツール以上のものがあります。
    極端に言うと、仮に目的地にたどり着けないとしても、目的地と現在地を結ぶための戦略を育て続けるという態度が、業績を向上させるのです。」

  • 前作の「はじめての課長の教科書」が分かりやすくて高評価だったので本作もトライ。
    戦略を旅行の計画になぞらえ、正確に現在地を把握し、目的地を設定し、そこへの道順を組み立てること、と表現。
    途中で変更もあるし、現在地を間違えてたら目的地にはたどり着かない。
    とても分かりやすい表現だった。

  • 考え方はとても参考になった。

    とても気に入った言葉。
    「仮に目標地に辿り着けなくても、目的地と現在地とを結ぶための戦略を育て続けるという態度が、業績を向上させる」

    リーンスタートアップなどでも言われていることですが、短いスパンで現在地を把握し、目標までの道筋を修正し続けることが重要なのだと改めて心に刻もうと思います。

  • 戦略の実務書。
    独自視点からわかりやすく整理されており、実践的かつわかりやすかった。ゴール、戦略のたとえ話は自分の中のイメージと一致しており、よかった。
    <メモ>
    ・危機感と希望を失わない態度をもつ人物が戦略構築を行うべき。
    ・つねに現在地を見失わないこと。
    ・不確実性が高いほど戦略構築が難しくなる。
    ・確度をあげるには①近い将来を考える②自ら未来をつくる③現状から予測する
    ・戦略において、重要な現在地把握のための情報入手方法 ギブ5乗や情報のウェットドライ、信ぴょう性、インタビューのコツなどが紹介されていた。
    ・熟達目標という、自分が成長することで到達できるという発想
    ・全く関係がない二つのものを関連付けするトレーニング。
    ・CSI トップのお墨付きをもらって進めること

  • 〝戦略〟という言葉は耳に馴染んだものですが、では〝戦略〟とは何か?どのように構築し、どうやって実践すればよいのか?ということについて明確な答えを持つ人は、思いのほか少ないのではないでしょうか?そういった意味で、本書は非常に参考になりました。巷でよく耳にする〝戦略不在〟といわれる現状を生む要因の一部は、この国の文化、民族性にもあるような気がしました。ビジネスマンの前途は、いろいろ多難な模様ですぅ。

全86件中 1 - 10件を表示

酒井穣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
小山 龍介
J・モーティマー...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

あたらしい戦略の教科書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あたらしい戦略の教科書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする