ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ

  • 975人登録
  • 3.54評価
    • (47)
    • (79)
    • (96)
    • (24)
    • (6)
  • 81レビュー
著者 : 横田尚哉
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2008年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596450

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 建設コンサルが語る、ファンクショナルアプローチが学べる。

    当たり前だけど、問題を早期に認識することが大切。
    問題を認識した後の問題解決は、前と違う方法、改善点に焦点を充てる、to be思考で行うようにする。
    その具体的なアプローチが記載されている。

    重要なのは、次の2つ。
    それは何のため?
    それは誰のため?

    今やっていることが遠回りをしているように感じる場合、機能の役割を分解し、ツリーをつくり、目的を明確にすることが効果的だよ。本質を理解するように努めること。

    問題の本質を理解した後の解決手段は、使用者優先、機能の視点、未来のイメージ、メンバーで考える、インプットアウトプット=価値を高めるにはの5つで考える。ここで注意なのは、アウトプットは、相手の立場で考えること。

    そして、アイデアの洗練を行う。方法は、利点を見つける。利点を伸ばすアイデアを創造。欠点を見つけ、取り除く。営業するときとか、使えそうなツールだ。

    この本では引用も多い。
    1つは、世の中で最も残念な言葉は、「やってみたらできたかもしれない」。不確定要素を全てとり省いてから実行するなんて、理想ですよって文。
    2つ目は、完璧な設計は、取り省くものがなくなった時というセンテグジュベリの言葉。

    読んでみて思ったのは、問題解決の手法を学んだら、行き着く先は、講演や研修、教育訓練やシステム導入、問題解決や事業コスト削減なんだな。より多くの人に効果を実感してほしくなるんだろうなーってこと。

  • 著者は、大手建設コンサルタント会社、パシフィックコンサルタンツ㈱本社部長。世界最大の企業・GEの改善手法をアレンジして10年間で総額1兆円分の公共事業の改善乗り出し、コストの縮減総額2000億円を実現させた実績を持つ、業界屈指のコンサルタンツ。

    ビジネスで成功するためには、ここぞというときに、状況を正しく見ることのできる「分析力」と、最適解を確実に実現できる「実行力」が必要である。

    世の中のあらゆる製品、サービス、ビジネス、組織などには、必ずファンクション(機能)がある。このファンクションを見抜く力が身に付けば、状況を正しく分析でき、それまでの常識を逆洗させることができる。

    ファンクショナル・アプローチの原理を使えば、問題を見る視点がかわる。問題に対する意識自体が変わる。

    本書は、問題解決のためのものの見方、とらえ方の原理についてファンクショナル・アプローチという手法を使い以下の7章に分けて説明している。
    ①ワンランク上の問題解決とは
    ②ステップ1 準備
    ③ステップ2 分解
    ④ステップ3 創造
    ⑤ステップ4 洗練
    ⑥日常をファンクショナル・アプローチで考える
    ⑦目標に向かってとるべき針路を見つけよう

    問題解決につながる20世紀の三大管理技術として
    ①IE(生産工学)
    ②QC(品質管理)
    ③VE(価値工学)
    が挙げられる。

    本書で取り上げる問題解決の手法としての「ファンクショナル・アプローチ」については将来的には上記の偉大な手法と肩を並べる技法として語られることも考えられる。

    ファンクショナル・アプローチをつかった問題解決については、表面的な解決を目的とするのではないため、慣れないうちは時間も労力も要する。

    しかし、どの手法もその点では同じである。
    この手法については、機能という少し考えればわかる概念をもとに派生的に考えを巡らせ、発散と収束を重ねて真因を捉え、効果的な改善策まで策定するというもの。

    プロセスは単純であり、数人で行うことになれば、不慣れな人でもブレスト感覚で参加することもできる。

    時間・労力がかかる点については、経験を重ね、一定の理解があれば、プロセスについても単純化したり、まとめることもできるように感じた。

    大きなプロジェクトのみならず、目の前に転がっている問題や事象にもあてはめて考えていけることが本手法の一番のメリットのように感じる。

  • 2009年9月以来2度目の読了

    ○部下は、改善点をじっくりと検討することなく、起こっている現象に対して解決策を考えました。(中略)これに対して上司は、改善点に焦点を当てました。どこを改善すれば、もっと効果的に問題解決ができるのかを考えたのです。(34p)

    ○もっと他に、別のやり方があるかもしれないと考えてみてください。(47p)

    ○あなたが直面している問題も、単なる結果です。何かの手段の現れです。問題そのものに引っ張られないようにしましょう。(81p)

    ★FASTダイアグラムの手法は『最短で達成する全体最適のプロジェクトマネジメント』に出てきた行程表の作り方と同じだった。両者ともVE(Value Engineering)が源流だろうか。

  • ファンクショナル・アプローチの具体的な方法が提示されており、大変優れた方法論の本である。

  • この内容のフォーマットを元に読み手なりに工夫しながら使っていくととても為になるような気がする。
    ビジネスマンなどに限らず色々な人に当てはまるスキルだと思う。

  • 2016年6月8日読了。問題を解決するにあたり、対象の「機能」とその「目的」に着目して分析し、解決策を探る「ファンクショナル・アプローチ」の手法を提唱する本。あらゆるものには「機能」とその機能が必要な「目的」があり、まずそれを理解すること。改善対象・改善策は「適切なインプット量で適切なアウトプットが出せているか」という観点で選定すること、など「実践編」とある通り実践的な内容だと思うし、興味深く読んだ。目に付いた「過去の経験から導き出した」解決策に向けてとにかく手を動かすことにとらわれがちな自分の姿勢を反省。このアプローチを意識してやっていこう。

  • なぜかこの本を読むと、文章に関連した内容の発想が溢れ出して止まらなくなった。全然読み進められない。2時間で80ページしか読めなかった。

    論理性を上げるはずがなぜか感覚性が高まった。

    とはいえ、本書は内容も面白いし、文章もうまい。そして、なにより、例えがわかりやすい。

    タイミングがよかったのかもしれないが、とても良い本に感じた。

  • ツーランクレベルの低い私には実践困難です。が、読めばできそうな気になる本。

  • 【資料ID】128397
    【分類】002.7/Y78

  • 最初のところが共感した。

全81件中 1 - 10件を表示

横田尚哉の作品

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめに関連するまとめ

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする