ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ

  • 972人登録
  • 3.55評価
    • (47)
    • (79)
    • (96)
    • (23)
    • (6)
  • 81レビュー
著者 : 横田尚哉
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2008年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596450

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
ジェームス W....
ロバート キヨサ...
神田 昌典
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめの感想・レビュー・書評

  • 建設コンサルが語る、ファンクショナルアプローチが学べる。

    当たり前だけど、問題を早期に認識することが大切。
    問題を認識した後の問題解決は、前と違う方法、改善点に焦点を充てる、to be思考で行うようにする。
    その具体的なアプローチが記載されている。

    重要なのは、次の2つ。
    それは何のため?
    それは誰のため?

    今やっていることが遠回りをしているように感じる場合、機能の役割を分解し、ツリーをつくり、目的を明確にすることが効果的だよ。本質を理解するように努めること。

    問題の本質を理解した後の解決手段は、使用者優先、機能の視点、未来のイメージ、メンバーで考える、インプットアウトプット=価値を高めるにはの5つで考える。ここで注意なのは、アウトプットは、相手の立場で考えること。

    そして、アイデアの洗練を行う。方法は、利点を見つける。利点を伸ばすアイデアを創造。欠点を見つけ、取り除く。営業するときとか、使えそうなツールだ。

    この本では引用も多い。
    1つは、世の中で最も残念な言葉は、「やってみたらできたかもしれない」。不確定要素を全てとり省いてから実行するなんて、理想ですよって文。
    2つ目は、完璧な設計は、取り省くものがなくなった時というセンテグジュベリの言葉。

    読んでみて思ったのは、問題解決の手法を学んだら、行き着く先は、講演や研修、教育訓練やシステム導入、問題解決や事業コスト削減なんだな。より多くの人に効果を実感してほしくなるんだろうなーってこと。

  • 著者は、大手建設コンサルタント会社、パシフィックコンサルタンツ㈱本社部長。世界最大の企業・GEの改善手法をアレンジして10年間で総額1兆円分の公共事業の改善乗り出し、コストの縮減総額2000億円を実現させた実績を持つ、業界屈指のコンサルタンツ。

    ビジネスで成功するためには、ここぞというときに、状況を正しく見ることのできる「分析力」と、最適解を確実に実現できる「実行力」が必要である。

    世の中のあらゆる製品、サービス、ビジネス、組織などには、必ずファンクション(機能)がある。このファンクションを見抜く力が身に付けば、状況を正しく分析でき、それまでの常識を逆洗させることができる。

    ファンクショナル・アプローチの原理を使えば、問題を見る視点がかわる。問題に対する意識自体が変わる。

    本書は、問題解決のためのものの見方、とらえ方の原理についてファンクショナル・アプローチという手法を使い以下の7章に分けて説明している。
    ①ワンランク上の問題解決とは
    ②ステップ1 準備
    ③ステップ2 分解
    ④ステップ3 創造
    ⑤ステップ4 洗練
    ⑥日常をファンクショナル・アプローチで考える
    ⑦目標に向かってとるべき針路を見つけよう

    問題解決につながる20世紀の三大管理技術として
    ①IE(生産工学)
    ②QC(品質管理)
    ③VE(価値工学)
    が挙げられる。

    本書で取り上げる問題解決の手法としての「ファンクショナル・アプローチ」については将来的には上記の偉大な手法と肩を並べる技法として語られることも考えられる。

    ファンクショナル・アプローチをつかった問題解決については、表面的な解決を目的とするのではないため、慣れないうちは時間も労力も要する。

    しかし、どの手法もその点では同じである。
    この手法については、機能という少し考えればわかる概念をもとに派生的に考えを巡らせ、発散と収束を重ねて真因を捉え、効果的な改善策まで策定するというもの。

    プロセスは単純であり、数人で行うことになれば、不慣れな人でもブレスト感覚で参加することもできる。

    時間・労力がかかる点については、経験を重ね、一定の理解があれば、プロセスについても単純化したり、まとめることもできるように感じた。

    大きなプロジェクトのみならず、目の前に転がっている問題や事象にもあてはめて考えていけることが本手法の一番のメリットのように感じる。

  • 2009年9月以来2度目の読了

    ○部下は、改善点をじっくりと検討することなく、起こっている現象に対して解決策を考えました。(中略)これに対して上司は、改善点に焦点を当てました。どこを改善すれば、もっと効果的に問題解決ができるのかを考えたのです。(34p)

    ○もっと他に、別のやり方があるかもしれないと考えてみてください。(47p)

    ○あなたが直面している問題も、単なる結果です。何かの手段の現れです。問題そのものに引っ張られないようにしましょう。(81p)

    ★FASTダイアグラムの手法は『最短で達成する全体最適のプロジェクトマネジメント』に出てきた行程表の作り方と同じだった。両者ともVE(Value Engineering)が源流だろうか。

  • ファンクショナル・アプローチの具体的な方法が提示されており、大変優れた方法論の本である。

  • この内容のフォーマットを元に読み手なりに工夫しながら使っていくととても為になるような気がする。
    ビジネスマンなどに限らず色々な人に当てはまるスキルだと思う。

  • 2016年6月8日読了。問題を解決するにあたり、対象の「機能」とその「目的」に着目して分析し、解決策を探る「ファンクショナル・アプローチ」の手法を提唱する本。あらゆるものには「機能」とその機能が必要な「目的」があり、まずそれを理解すること。改善対象・改善策は「適切なインプット量で適切なアウトプットが出せているか」という観点で選定すること、など「実践編」とある通り実践的な内容だと思うし、興味深く読んだ。目に付いた「過去の経験から導き出した」解決策に向けてとにかく手を動かすことにとらわれがちな自分の姿勢を反省。このアプローチを意識してやっていこう。

  • なぜかこの本を読むと、文章に関連した内容の発想が溢れ出して止まらなくなった。全然読み進められない。2時間で80ページしか読めなかった。

    論理性を上げるはずがなぜか感覚性が高まった。

    とはいえ、本書は内容も面白いし、文章もうまい。そして、なにより、例えがわかりやすい。

    タイミングがよかったのかもしれないが、とても良い本に感じた。

  • ツーランクレベルの低い私には実践困難です。が、読めばできそうな気になる本。

  • 最初のところが共感した。

  • ワンランク上の問題解決の原理とは、問題となる「表現(モノ、コト、ウゴキ、コトバ、など)」の背景にある「機能(ファンクション)」に思いを馳せ、本質を見出し、本質に働きかけることで、最短で解決すること。それを可能にするファンクショナルアプローチの具体的な手法について説明されている。キー・ファンクションのインプット量とアウトプット量を評価して改善点を見出す「アプローチチャート」は、実用的。

  • チェック項目12箇所。問題に直面したときに問われるのが、あなたの問題に対する視点です、正しい始点を持つ者だけが、ワンランク上の解決を手にすることができます。ビジネスで成功するためには、ここぞというときに、状況を正しく見ることのできる「分析力」と、最適解を確実に実現できる「実行力」が必要です。世の中のあらゆる製品、サービス、ビジネス、組織などには、必ずファンクション(機能)があります、必ずです、このファンクションを見抜く力が身につけば、状況を正しく分析できます、分析力があれば、それまでの常識を逆転させることができるのです、必要だと思っていたものが、本当は不必要であることに気がつくでしょう。問題を認識するには、次の3種類の方法があります、①短期的に現れる変化から問題を知る、②わずかに現れている兆候から問題を見つける、③事前に問題の発生を察する。一度轍ができると、人は同じところを通りたがります、そのほうが、安全に、かつ容易に歩けるだろうと考えるからです。一生懸命に自分の役割を全うしようと努力することも大切ですが、その前にまず、その役割がどういうもので、誰に対して、どのような働きがあるのかを理解することが必要です。私たちは、目の前の課題を解決することに意識をとられてしまい、その未来にどんな最終目的があるのかを見落としがちです。相手の立場で考える……問題に直面すると、普通の人はまず、自分の立場で考えてしまうものです、自分の立場で考えるために、改善点や解決手段はかなり限定されたものになってしまいます。相手の立場で考えるとは、どのようなことをいうのでしょうか、文字どおり、相手の立っている場所で考えることです。ファンクショナルな視点……朝起きてから夜寝るまで、あなたの目に入るもの、耳に聞こえてくるもの、手に触れるものなどから始めてみましょう、どんなに小さなものでも、当たり前のようなものでも、そこには、誰かの何かの意図があると考えてみるのです。私たちは毎日、いろんな「モノ」や「コト」に出合っています、ただ、何も気にせずに過ごしているだけなのです、一つひとつをよく見てみると、新しい発見があるかもしれません、自分の今抱えている課題のヒントが見つかるかもしれません、せっかくいろいろな「モノ」や「コト」と出合っているのですから、それを利用しない手はありません、自分のスキルを高めるチャンスにするのです。「もし自分なら、どの改善点をどのように変更するか?」、「もし価値を高めるなら、どのように改善すれば良いか?」、「もし改善するとすれば、どうするか?」

  • 技術士の著作。千代田図書館が2冊所蔵しているらしいのに、どちらも禁帯出になっていた。
    理由が分からなかった。2冊あれば、どちらかを禁帯出にすればいいのではないだろうか。

    「問題に直面したときに問われるのが、あなたの問題に対する視点です。」
    直面したと思っていない人にはどうしたらいいだろう。

    機能を見抜く力
    橋梁新聞社 2006年橋梁新聞賞
    GE 1947年
    問題と同じ意識、
    VE
    IE, QCと並ぶ20世紀の三大管理技術
    仮説検証法
    品質管理法
    情報解析法
    類型置換法
    機能分析法

    使用者優先の原則
    機能本位の原則
    創造による変更の原則
    チームデザインの原則
    価値向上の原則

    もの そのものからものの機能。

    物 ではなく 事 に重きをおく制御理論ではあたりまえのこと。一つの視点ではなく複数の視点が必要なことも、多次元空間ではあたりまえ。当たり前の事を書いていると感じたときに役に立つ。

  • モノ、場所...パーツに分解
    コト...プロセスに分解
    場所...時間に分解

  • ファンクショナルアプローチについて、実践の仕方などが書いてある
    こういうツールがあって、使い方はこうなんだというのは理解できたが、時間を必要とするツールに見えて、私は使う気にはならなかった

  • 何のため?
    を常に考え、本質を見極める問題解決をしていくことが必要!

    日々実践です。

  • 「品質が欲しければ、品質を測るな。 機能性を評価せよ」
    「意識を変えることは、問題解決において、極めて重要な一歩である」

    準備 ⇒ 分解 ⇒ 創造 ⇒ 洗練

    アイデア発想5つの技法
    経験型、分析型、類比型、印象型、偶発型、

  • Mind turning is an essential in problem solving(意識を変えることは、問題解決において、極めて重要な一歩である)ローレンス・D・マイルズ

  • 「ファンクショナル・アプローチ」という問題解決技法の入門書。

    分析対象を「ファンクション=機能」という単位で分解し、そこから望む方向に近づく方法を考える、という手法。

    手間暇かかりそうだなあ、ということと一人でやるのには限界がありそう、というのが読後の印象。
    本を読んで何とかなる類の手法ではなく、実際に研修などの場で実践するのが、身につけるのに一番早い気がする。

    いかに普段、問題が発生した際に小手先の解決を図ろうとしていたか、ということを認識するうえでは気づきがあった。

    身につければそれこそ誰にでも革新的・抜本的な解決案が出せるようになるようなイメージは持ったが・・・・。
    職場の人間も巻き込んで導入しないと話にならないような。

  • “ファンクショナル・アプローチは、視点を変えるための手段”
    という説明が本書内にあります。

    視点を変えるとは、「何のため、誰のため」といった目的志向を
    徹底してとることだと、かなり大まかですが、そのように解釈しました。
    視座を上げる、といったことにも近いかも知れません。

    ただ、手段はあくまで手段、万能なものはない、ということで、
    このツールの限界であったり、活用できない場面は何かということに
    考えを巡らせながら読みました。

    そこで私が感じたこととしては、
    組織にはやはり本音と建前があるのではないか、という点です。

    本書のように常に目的志向で物事を考えようというのは、よく言われて
    その通りだとも思いますが、まったくの白地で考えられない状況というのが
    どんな組織の中でも発生するかと思われます。
    むしろそのような問題解決の場面の方が多いのではないでしょうか。
    何らかの制約条件がある、という場合には
    打ち手のフィルタリングを慎重に行わないといけない、
    あるいは威力が発揮されないのでそもそも使うべきではない
    ツールであるように感じました。

    また、組織内での制約条件を知らなかったり、「何のために、誰のために」の
    理解が不十分な若手社員が、この手法を闇雲に使おうとすると、
    「そんなことは頼んでない」と一喝されて終わりということもある気がします。

    上司・先輩社員としては、目的の理解が不十分という部下・後輩には
    説明が付きますが、正論を言う部下・後輩に対しては
    「組織の本音と建前を理解しろ」とは言いにくいところがあります。
    しかし、このアプローチをそのまま利用して主張をぶつけるのではなく、
    「静かなリーダーシップ」のような強かな思考・行動を取るべき場面もある、
    というのを合わせて伝えないといけないように感じてなりませんでした。

    と、ここまで書いてきましたが、
    目的志向を損なわせて、スポイルしてしまってもいけないので、
    そのあたりのさじ加減については、悩ましいところです。

    結局のところ、自分にとっては、本音と建前を乖離させない組織にするには
    どうしたら良いのか、というのを問いかけられたような一冊でした。

    8/14追記
    『リーン・スタートアップ』に以下のことが記載されていました。
    (本書を読んで私が感じたことに関連する内容として抜粋)

    ”5回のなぜを導入する場合、特に初めのころ、組織のネガティブな部分を
    付きつけられると覚悟しなければならない”
    ”マネージャーやチームリーダーの賛同を得ずに導入しようとするのは危険”
    ”会社の上層部がこのプロセスを支持し、導入を推進しなければ順応性の高い組織は作れない”

  • 「もうちょっと自由に発想してみてよ」なんて、無責任な要求を押し付けられたりすると、かなりの確率で「どうしていいかわからない」と時間だけが過ぎていって、何もアウトプットがでないままになる事が多かったりします。学校の勉強で慣れ親しんでいる「答えがある前提で問題を解く」というアプローチは、実社会ではあんまり役ににたたないかもしれないと思うのと同時に、どうやったら「問題解決」ができるように指導できるかと、いっつも悩んでしまう。本誉では、「ファンクショナル・アプローチ」という、手段志向ではなく、目的志向という考え方を紹介してくれる。「どのように」でなく、「なんのために」というアプローチに、問題の本質をつく鋭さと、未来を創造する崇高な方法に、なんだか感動すら覚えました!!

  • 問題解決の手法の実践的な内容が書かれている。面白いが実際に自分のなかに落とし込むのに時間がかかりそう。

    ・思考のルール
    固定観念にしばられず、前回と違った方法を試してみる
    手段にこだわるのではなく、改善点に焦点を当てる
    見落とされている改善点を探す
    過去を手放し、未来のあるべき姿から発想する
    →もっと別のやり方があるかもしれないという視点を持ち続ける

    ・無駄な努力を見分ける2つの質問
    それは何のため?(目的)
    →出てきた答えに対してさらに、それは何のため?を繰り返す
    それは誰のため?(目的や効果の所有者)

    ・なぜ?ではなく何のために?を使う理由
    →なぜ?だと言い訳(原因)を考えてしまうから。何のために?だと目的を考える


    ・手段から目的へ、部分から全体へと意識を変える。

  • 「なぜ?」よりも、「何のために?」「誰のために?」を繰り返し、問題に対する意識と視点を変える『ファンクショナル・アプローチ』を紹介しています。

    これは、目的地に向かう最短ルートを示してくれる羅針盤のようなもの。

    問題解決スキルを向上させるヒントが紹介されていますが、実践するのは簡単にはいかなそうです。

  • 情熱大陸で気になっていたみたファンクショナル・アプローチの横田さんの本。そのものズバリの社名で独立されたようです。
    その事やモノの持つファンクション(機能)まで深く沈降して、そこから再び浮上してくる過程で物事を整理し改善点を見つけるというのは、感覚的にとても受け入れやすい方法。あくまで入門なんでしょうが、その可能性を感じ取るには十分な本です。さらっと読みやすいし。
    ワークショップ形式で仕事を進めているはずなので、横田さんと一緒に仕事をした公務員が少しでもこの国の行政を変えていくんじゃないかなというのは、あまりに無邪気すぎるでしょうか。

  • 2010年5月

    問題解決能力、論理的に考えて、問題を解決に導く能力。
    どんな場面でも論理的な考え方は役に立つと思われる。

    実践、というよりかは入門ですが、値段も安いしお勧めです。

    ・答えに至るプロセスを知っている人間がリーダー。アプローチを示せる人間。
    ・原因と現象を混同しない。
    ・足して100になる質問で問題の原因をあぶりだす。
    ・大きなところから小さなところへ。

全81件中 1 - 25件を表示

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめに関連するまとめ

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする