マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座)

  • 1036人登録
  • 3.27評価
    • (28)
    • (96)
    • (158)
    • (39)
    • (11)
  • 106レビュー
制作 : 近田 美季子  近田 美季子 
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2008年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596764

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
トニー・ブザン
フィリップ・マグ...
有効な右矢印 無効な右矢印

マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座)の感想・レビュー・書評

  • マインドマップをさらに進化させたくて読書、

    文字も多く、分かりやすく単ページでまとめられている。マインドマップを日本へ最初に紹介した『人生に奇跡を起こすノート術―マインド・マップ放射思考』(トニーブザン・田中 孝顕 訳)には、マインドマップを取得するためには100回描く必要があると書かれていたが、それくらいは描き溜めないとしっくりとこない。

    単語とイメージで描くことによりマインドマップはより力を発揮する。

    私は、原稿のプロットやセミナー、講演会の講演内容、取材メモなどに活用しているが、フレーズになっていることが多いのでリマインド。また字が雑になりがたちなのでこれもリマインドして丁寧に書くようにしたい。

    マインドマップを使っての日々の予定は続かなくなりそうなので週予定くらいから新しく始めてもいいかも。

    読書時間:約30分

  • とにかくマインドマップを描いてみたくなる本。二者択一の意思決定をするのに使うという発想は面白かった。

  • 今更ながらマインドマップの可能性に気づく。マーカーで書く事で非常に楽しい。この本で基本は十分学べる!

  • ただ純粋にマインドマップを書く方法を知るために。

    基本的に極めてあっさりとした内容。
    5章「マインドマップを作成する」
    は目的に叶った。

    思考を整理するにはこれくらい淡々とした方がちょうど良いと思いつつ、
    しかし世の中にマインドマップを超活用している先人が多くいるから、仮にも肯定的に挑んだが、さもなくばマインドマップの魅力のエッセンスすらイマイチ伝わって来ないんだが、それでいいのか。

  •  ザ・マインドマップは、もっているんですけど、この「マインドマップ超入門」をwonder gooで見て、是非、欲しいと思っていました。それは、P058「選択肢を見極めるためのミニ・マインドマップ」という章を、ちゃんと読みたいと思ったからです。そう思ったのは、先日読んだ「決断できる人は2択で考える」という本が切欠です。マインドマップを使って、2択で考えれば、完ぺきだと思ったのです。130520

  • 初心者向けのマインドマップの描き方。
    カラフルなので非常に読みやすく、私は1時間足らずで読み終えました。
    マインドマップの描き方がわかりやすく説明されています。

    全部読まなくても最初だけしっかり読めば、あとは練習でなんとかなるそう。

    実際描いてみたけど、確かに頭はすっきりするかもです。
    考えがまとまらず、要領を得てないときにはおすすめ。

  • マインドマップに興味を持ったので、覗いた本。
    カラーでわかりやすい。
    ちょっと、自分がイメージしていたのと違う部分もあるけど、それは実際にやってみたら、しっくりくるのかな。
    とりあえず、一枚書いてみよう。

  • 入門としては十分。
    真ん中の中心イメージに絵を加えるってのがポイント。

    看護が専門の私としては
    学生時代の関連図
    質的研究のグランデットセオリーの概念図を逆方向から展開していった感じと認識した。

    もっちっと具体例を見たいので次の本に行ってみよう。

  • タイトルの通り、マインドマップの開発者トニー・ブザン氏による入門書。
    マインドマップをこういう風に使うんだ・使えばいいんだということがよくわかる。また、陥りやすい間違い等も載っているので、マインドマップを使う際に気をつける点もわかりやすい。カラー印刷で重要なとこを強調しているのもよい。惜しむらくは、入門書であるため、マインドマップを知るにはいいが、内容が薄いことか。

  • コンパクトにまとまった一冊。ではあるけど、正直子供向けの大判本の方が絵も多く、入門書としては勝っているように感じた。実のところ、書いてあることにそんなに違いはない。たくさんのルールがあることでもないし。

  • マインドマップを本格的に使おうと思います!今まで自分の頭の中がモヤモヤしていたので、これなら独創的な思考整理が出来ると思いました。時間管理や問題解決にと、色々応用がききそうなのでこれから実行してみます。また、苦手だったロジカルに話す事が出来るようになるかもと期待しています。

  • マインドマップがどういうものかは知っていたけど、この形式にすることによって何が良いのか、がなかなか理解できなかった。

    が、実践してみたら意外と楽しい!
    どうやら今までのやり方に問題があったらしい。

    この本を読んで実践したのは以下の3点:
    ・セントラルイメージは見ていて楽しくなるように描く(3色以上、A4用紙なら5*5cm程度)
    ・すべりの良いペンを使う(色は多いほうが良い)
    ・できるかぎりイラストを入れて視覚に訴えるようにする

    私の場合、一番有効だったのは2つめの項目だったような気がする。

    手法自体は面白いけど、本として特別読みやすいとか画期的だとかいうことはなかったので★3つ。

  • マインドマップとは何か?
    すごく優秀な友達が使っているのを見て,興味を持っていので,読んでみた。

    他のマインドマップの本はもっと分厚いらしい。
    本書は「マインドマップとは何か」「効用」「作り方」など基本的なことが簡潔に書いてある。

    マインドマップとは放射状に単語をならべて,発想を整理するもの。


    試しに1つやってみたら、「人間の脳って素晴らしい」と思わされるほど色々思い付いた!
    アイディアは浮かぶんだけど,脳内の整理が恐ろしく下手くそな私には向いているかも。
    しかしこの図は知らない人が見ると,結構キモい(笑)


    とはいえ,まだまだ未知数だけどね。
    これで時間管理も出来るようになるらしい。
    暗記にも役に立つらしい。
    これらが出来たら凄いぞ!

    結果次第でまた評価を変えるかも。

  • 本当の入門時以来、久しぶりの再読。
    入門時にスルーした、マインドマップの活用法がよいアイデアを与えてくれた気がする。

    またちょこちょことマインドマップを書こう。

    2017/06/20再読了

  • 分かりやすい。カラーと強調マーカー線が事前に引いてありました。これをみながら実践する。実践する時に見る本という印象です。

  • 読みやすかったので、試してみたくなった。

  • これを読むと即座にマインドマップが書けるわけではないけれど、書くと本当によく覚えているから不思議。
    読書に応用したいです。

  • 読んでいるだけでは難しい。早速マインドマップを作ってみよう。

  • マインドマップを取り入れたくて読んだけど、仕事とか勉強方法とか何かに特化したものの方がよかったかなー。
    とにかく何にでも使えるよう基本が書かれている感じなのでイメージがつかみにくかった

  • 話にはきいてたので、とりあえず立ち読みしてみたけど、これは買って何回も練習しないと実際には使えるようにはならないなぁーって思った。

  • 他のマインドマップ本と一緒に読むとおすすめ

  • 141.5-ブザ  300117785

  • 薄い、安い、読みやすい!
    当然、ためになる!!

  • こういった本は読むだけでなく、実践してカラダで覚えないと意味がない。ということで「iMindmap」をインストールしてグリグリ実践中。まだまだおぼつかない手つきだけれど。とりあえずおもしろい。

全106件中 1 - 25件を表示

マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座)の作品紹介

ビル・ゲイツ、アル・ゴアはじめ世界2億5千万人以上が使っている脳を活性化する思考技術、マインドマップ。マインドマップ×速読術×記憶術で脳の潜在パワーを解放せよ。

ツイートする