上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え

  • 822人登録
  • 4.31評価
    • (144)
    • (105)
    • (36)
    • (4)
    • (3)
  • 96レビュー
著者 : 喜多川泰
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2009年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596900

上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教えの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大志を抱いて上京する息子への手紙。大勢の人が社会に出て流れ着く状態、特に心理状態を描写している。
    (内容)
    みんな消費を金持ちだと思っている。その結果、ただの消費者や浪費者になり、成功者とはかけ離れた存在になってしまう。そのために常識を破る必要がある。
    1 幸せの基準は自分で決める。他人の持っているもの(車、家、洋服等)を手に入れるのが幸せだと思うと、他人が持っているものを追い求める人生→疲れてしまう。
     人間は、昨日の自分より一歩でも前進しようと努力することに幸せを感じるようにできている(仕事の面白さにのめり込んだり、趣味に没頭したり、部活等も)。

    2 安定は自分の力で変えられることを、変えようと努力している時に得られる心理状態。皆が今の状態が一生続くと思って人生設計をしているが、そんなはずはない(会社の状態、自分の健康等。しかも自分の力ではどうにでもならないこと)。それを元に計画してしまうと、その状態に縛られて生きなければならない。それがなくなってしまったら不安定になるということ。

    3 成功者は、今この瞬間にでもやりたいことを始められる人。できない理由はいくらでもある。でもそれを全て持っている人が必ず失敗するか?と言われたらそうではない。いろんなことをお金を言い訳にしている人が多い(お金がないから)。お金があればなんでもできると思っているから、必死に働いてお金を稼ごうとする。その結果、お金のために生きている。で、お金が基準に生活や行動が決まる。→やりたいこともお金に左右されている人生!お金の有無に関係なく、自分の夢ややりたいことが人生の行動基準になれば成功者に近く。

  • 読了目安時間:1~2日

    自分の人生を生きるってどういうことか、
    やりたいことって何だったか、
    今の自分を将来の自分が見たらどう思うか、
    そんなことを、すごくシンプルに問いかけてくれる本

    こういう「人生の目的」を問いかけてくれる本は
    たくさんあるけど、
    この本が素敵なのは、本当にシンプルであるということ

    物語口調なので、すーーっと心に入ってくる。
    その分、インプットする様に、何回も読み返したい。

    この本の趣旨通り、
    将来、自分の子どもに間違いなく送りたい本!

  • 上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え
    2009/2/18 著:喜多川 泰

    父から故郷を旅立つ息子に送られた1冊の日記。
    その内容は一人の人間の物語と父から息子への教訓がしたためられた手紙による2部構成。

    新しい生活をスタートする主人公にとってそれは、何にも代えがたい人生の本質を教えてくれるものであった。

    そしてその人生の本質は誰もが必要なことである。

    友人の勧めにより本書を手に取った。
    重くてあったかい。そんな1冊。
    本書の父は常識を教え、そして常識の殻を破りその次にいくことを教えてくれている。

    遅いかもしれないが、今出会えてよかった。
    どう受け取るかは人次第かもしれないが、読後に心の奥底に染み込んでくる感覚を受ける人は多いはず。時代を越えても読み続けられるであろう名書。

  • 自分は地方からの上京組ではないが主人公が抱く心境の変化には共感できる部分が多く、社会人になってそのまま日々を過ごしていたらどうなっていくかを客観的にみることができる1冊。
    後半の主人公と故郷にいる父親とのやりとりに胸が熱くなった。親から離れて1人暮らしをしたり社会に揉まれて働くからこそ親のありがたみやお金を稼ぐこと・自分が何を望んでいるのかに改めて気づくことができると感じた、気づきの多い良書。

  • 仕事頑張ったり起業のアイデアを思いつくが、それを断固として実行する決断力がない主人公が上手くいかないのみて我が身を振り返る。

  • 大多数の人が自分と同じような考えを持ち行動する機会、考える機会を失ってきたのだと安心する反面、やはり自分の人生は残念な人生なのか…と少しばかり落ち込んだところも。
    もっと早くに読んでいれば…と思ったけれど、ここで行動しない自分はやはり大多数の人間のままなんだな……

  • 主人公が漠然と成功したい、もっといい生活がしたい、と、いうところから、男性なら共感が得られる内容が多かったと思います。
    大事な人を守るのと、自分の道に進むことを天秤にかけながら進んでいき、本当はどうなりたいかを向き合うきっかけになりました。

  • 男性なら共感できる

  • 最初は「祐介」の物語。
    大学を卒業して上京した彼が、成功者になることを目指しながらもお金に振り回され、「上京した多くの人の実話」である人生を辿るお話。

    もちろん成功者になることはなく、「これが俺の人生なのか。これでいいのか。」という思いで締めくくられている。

    次に父親から祐輔に贈る、夢を実現するための5つの新常識と3つの方法。

    やぶるべき一つ目の常識の殻
    「幸せは人との比較で決まる」→と思っていてはダメということ。

    同じく二つ目の常識の殻
    「今ある安定が将来まで続く」

    三つ目
    「成功とはお金持ちになることだ」

    四つ目
    「お金を稼げることの中からやりたいことを選ぶ」

    五つ目
    「失敗しないように生きる」

    自分の価値観を持つ方法
    ①時間を投資する
    ②頭を鍛える
    ③心を鍛える(前向きに生きる)

    とにかくさくさく読めてためになるので、気になった時にまた読みたい。

  • 良かった!

全96件中 1 - 10件を表示

喜多川泰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
喜多川 泰
中村 天風
喜多川 泰
ロバート キヨサ...
湊 かなえ
デール カーネギ...
スペンサー ジョ...
喜多川 泰
有効な右矢印 無効な右矢印

上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教えに関連する談話室の質問

上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教えに関連するまとめ

上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教えを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教えを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教えを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする