不透明な時代を見抜く「統計思考力」

  • 995人登録
  • 3.40評価
    • (31)
    • (108)
    • (140)
    • (23)
    • (11)
  • 140レビュー
著者 : 神永正博
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2009年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596993

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
イアン・エアーズ
チップ・ハース
トニー・ブザン
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
村上 春樹
神田 昌典
ジェームズ アレ...
フィリップ・マグ...
有効な右矢印 無効な右矢印

不透明な時代を見抜く「統計思考力」の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小泉改革は格差を拡大したのか? ― http://www.d21.co.jp/products/isbn9784887596993

  • 「数式に依存せずに統計・データをどう見ていくか、読んでいくか、利用していくか」ということを眼目とした書籍。
    統計に今まで馴染みがなかった人はもちろん、昔統計を勉強したけど忘れたという人にも勧められると思います。

    個人的に非常に感銘を受けたのは、標準偏差の説明が簡単に腑に落ちるほど明快だったことです。数ある数学書でもここまで簡潔に説明した書籍はそれほどないのではないでしょうかと思わせます。この点だけでもこの書籍の価値はあると思いますよ。

    惜しむらくは、図・表単体だけで出典がわからないこと。読み直すときに出典を知りたい場合に本分の該当箇所を探さなくては行けないのがちょっと面倒くさく感じてしまうので、そこは次回以降の課題にしてほしいと感じました。

    難易度は簡単すぎず、難しすぎずなので、何度か再読することをお勧めします。
    値段も1600円(税別)と、通常のビジネス書と同じくらいなので、負担が少ない点もオススメのポイントです。

  • 長らく積んであったけど、先輩に統計の質問をされたのをきっかけに読んでみた。厚さの割にすぐ読めた。数式を最小限にとどめてあって、具体的な例がたくさん載っていて読みやすい。もっと早く読めばよかった。
    ジニ係数、バイオエタノール、べき分布…興味深い話題がいっぱいあった。

  • 基本的な統計用語を、数式を用いずに、分かりやすく伝えていると思う。
    特に標準偏差の話は、公式は覚えていても、理由を理解できていなかったので、とても参考になった。
    また、出生率の話や、バイオエタノール普及の話、株式投資の話など、興味深い話が多く面白かった。

    株式投資は、ベキ分布なであり、規則性は見つかっていない。なので、ギャンブルと同じって所はそうだよなあって思いました。

  • 話が回りくどく迫力の割に初級者向けで肩透かし

  • 事実は理論より奇なり

    クリーンエネルギーとして着目されてるコーンエタノールについて、「土地や森林をトウモロコシ畑に転用した場合、コーンエタノールはガソリンの約2倍の温室効果ガスを排出する」というデータがあるそうです。今話題の電気自動車にしても、現実に車が走っている時に排出される温室効果ガスは削減できるかもしれません。しかし、発電所から電気を供給する際に排出される温室効果ガスは考慮されていません。データは一方面から捉えるのではなく可能な限り俯瞰して見るべき、ということなのでしょう。

    会社に入って数字の重要性を認識させられました。月ごとの出願件数や他社との件数比較、出願にかかる諸費用、出願毎の財産的価値(算出不可能だと思いますが)など、事あるごとに数字の提出が求められます。さらに、「どうしてその数字になったのか」、「その数字の背景にある事象は何なのか」、「その数字から導き出される推察は何か」など、その数字に意味を見出す能力も求められます

    データは見る人によって印象が変わるように、完全なる客観性など存在しないと思っています。ユール=スルツキー効果(実際に周期性はなくともそう見える)を考慮するとなおさらかもしれません。ならば、組織においては、せめて決定権を持つ人間に対しては、データから導き出されるロジックが客観的であると思わせることが重要であると思います。

  • 「わからない人の気持ち」がわかる人の説明は
    たいていの場合、わかりやすい。
    逆に、最初から全部わかっている人の説明は、
    意外にわかりにくいことがある。

    僕の親父は典型的な技術者タイプの人間であり、
    一方で母は根っからの文系人間である。
    母は自分がわからないことを父に質問するのだけど、
    その説明は極めて正しいのだけど、わかりやすくはない。
    僕は「通訳者」になって二人の間を取り持つことができる。
    なぜなら、僕は高校2年の時に理系進路をあきらめた
    落ちこぼれだからだ。

    さて、本書の著者は理学博士で、
    三度の飯より数字が好きな「データ分析オタク」だそうだ。
    そんなエリートで数字オタクの著者が、
    日本活性化の切り札として提唱するのが、
    データ分析に基づく「統計思考力」である。

    本書では、たとえば
     ・若者の読書離れはほんとうか?
     ・小泉改革は格差を拡大したのか?
     ・バイオエタノールが環境にやさしいのはなぜか?
    といった「素朴な問い」を立て、
    それらに対する「世間の一般的な見方=常識」を
    「初期仮説」として、それらをデータをもとに検証していく。

    ポイントは
     ①(解釈前の)「生データを見る」習慣をつける
     ②基本的な統計テクニックを使って「正しく分析する」
     ③上記①②によって、「未来を予測する」
    ということ。

    ①や②に関しては、
    数学が得意な人なら既知の範囲なのだろう。
    また「ビジネス定量分析」を受講した人にとっては
    よい「反復練習」になるかもしれない。
    ただし、その上で③につなげていくには
    さらなる訓練が必要になる。

    著者は③を述べる中で「自力で考える」ことの重要性を
    強調している。つまり、①と②を駆使することによって、
    誰かからのお仕着せではない、自分自身の「結論」に
    達するための訓練が必要ということだ。

    さらにいえば、「未来を予測する」とはすなわち、
    何らかの「意思決定」をすることでもある。
    その意味で、本書は「だれかが書いたデータの解釈を
    読まされて」思考停止になりやすい経営者にとっても
    有意義である。

    一方で、著者が本当に読んでほしい人たちにとって、
    本書が「わかりやすい」内容かどうかは微妙だ。

    著者の危機感と主張には賛同するのだけど、
    僕のような人間が「統計思考力」を身に着けるには
    まだまだ訓練が必要であることも、よくわかった。
    ・・・ということも含めて、読んでおいてよかったと思う。

  • 未来を考えるうえで、データ分析力は必要不可欠。数式をほとんど使わずに、元データを見る必要性、データの正しい読み方、利用の仕方の基本がわかる本。

    以下はおどろいたこと。
    バイオエタノールはガソリンよりも温室効果ガスを放出する
    「相関」というのは、あくまで「対応関係」を示したものであって、「因果関係」ではない
    「データ分析力=数学力」ではない

  • 数式をほとんど使わずに、平均値や偏差値などの説明をしてくれる。
    しかしそれでも、私にはそこらが難しくて、途中で理解を放棄してしまった……

    「似た事件が続けて起こる」のは本当か?
    地震が続けて起こるのは偶然ではない。
    しかし飛行機事故が続くのは偶然である。
    ポアソン分布「稀にしか起こらない互いにまったく無関係の事件(事象)が一定期間(この場合は1年)に何回起きるかを記録すると現れる分布」
    で、説明していた。

    事件に人は物語性を求めるから、連続して起きた事件に、社会情勢を当てはめたりするけれど、それは短絡的。
    ただし、メディアによる報道が、別の犯罪を引き起こすことはある。

    この本だったか、「人殺しの心理学」だったか、今、殺人事件の件数は減っている。
    しかしその背景には、医療技術の発展があり、昔だったら死んでいたような怪我でも、死なずに済むようになったこともある、と、書かれていた。

全140件中 1 - 10件を表示

不透明な時代を見抜く「統計思考力」を本棚に「読みたい」で登録しているひと

不透明な時代を見抜く「統計思考力」を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

不透明な時代を見抜く「統計思考力」を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不透明な時代を見抜く「統計思考力」の作品紹介

その報道は真実か?その解説は適切か?その通説は正しいか?データを読めれば、「今」がわかる。明日に打つ手が見えてくる。『学力低下は錯覚である』の著者がおくるあなたの知らなかった世界の見え方。

不透明な時代を見抜く「統計思考力」の文庫

ツイートする