勉強する理由

  • 96人登録
  • 3.33評価
    • (4)
    • (8)
    • (14)
    • (2)
    • (2)
  • 15レビュー
著者 : 石井大地
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2009年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887597037

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
トニー・ブザン
佐々木 圭一
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印

勉強する理由の感想・レビュー・書評

  • 同年代の著者によって作られた勉強する理由というこの本

    (勉強していい大学に入って大企業に勤める)
    (末は博士が大臣か)
    (できるだけ有名な大学に)
    時代遅れと言われるこのような価値観はまだまだ受験生を持つ親には根強く浸透している。

    (大学全入時代)
    (大学生ほど楽な時代はない)
    これらもけして誤りではないが物事の一側面しか表してはいない。

    いまや全受験生の半分が推薦やAOで合格を得ている。
    しかし全うな受験スタイルでの早慶やマーチ合格は一時より確実に難しくなっている。

    なぜならこの著者がいうような時代だからである。
    四年前に書かれた著作だが今読んでもなんら問題はないと思われる。

    勉強はしたいときにしたいやつがしたいたけすればよい。(いまでしょ)の林修先生も日本社会にはもっとたくさんのモノサシが必要だと言っている。東京都立中高一貫高も入試問題を通じて同様のメッセージを発している。国立大学や慶應大学は論述試験を課している。
    もちろん東大にもこの著者がいうような(勉強しかできない高飛車なやつ)がいるのだろう。しかしそのなかにも著者のように広げていける人もいる。

    勉強ができることがすごいのではない。
    好きなことに熱中し、努力し、向上していける、それがすごいのである。

    後々親となる我々の世代は自分が感じてきた鬱屈をきちんと考えておかなければならない。

  • 勉強する理由について書かれていない

  • <閲覧スタッフより>
    著者は現役の東大生。古今東西の著名人たちが自分を鼓舞し道を模索してきたコトバの数々と共に、「何のために勉強するのか?」という問いを考えます。それは目の前にある学生生活への問いでもあり、将来の自分への展望でもあるのではないでしょうか。
    --------------------------------------
    所在番号:159.7||イタ
    資料番号:10192279
    --------------------------------------

  • 偉人たちの名言・格言を引用しながら、
    やさしく語りかける本。

  • 文中で引用されている著名人の名言が気になったのと、
    自分の中でも、今後の勉強のモチベーションにつながりそうだったので購入。


    著者はなんと自分よりも5歳下!の開成高校、東大理三卒の
    傍目から見たらエリート。

    でも、学校での勉強が全て、とは思ってらっしゃらなくて
    勉強とは何のために?誰のために?のスタンス。

    結局、自分の幸福のために築いていくため、と説く。
    それは誰もが同じであろう。


    ただ、自分にも子どもできた今、同じことを伝えていけるだろうか?
    どういう態度で学校での「お勉強」と他の勉強に接していくか、
    自分なりに考えておく必要がありそうだ。

    【ココメモポイント】
    ・(モチベーションの持ち方について)
     勉強以外のことに触れるなかで、自分なりの興味や関心を見つけられるかもしれないし、
     そこから勉強に対するモチベーションを得ることができるかもしれません。

    ・覚悟という言葉はまた、同時に「あきらめる」ことでもあります

    ・(「腑に落ちる」心構えとして)
     三食をしっかり食べ、早寝早起きをし、運動をすることです。また部屋をキレイに片付け、
     整理整頓し、清潔にすることです。
     そうすると、身体のコンディションにかなり敏感になります。

    ・自分なりに「精神的な豊かさ」を求めようと努力しないと、幸せを実感できない時代

    ・人はいつか必ず負けます。大事なのはその深みを理解することなのです(村上春樹)

    ・本当に好きなこと、興味を持てること、打ち込められるものが見つけられる環境を
     与えてやることが大切だ(羽生善治)

    ・本質的な勉強のすばらしさは「プロセス」に宿る

    ・人生の幸福とは「好きを貫いて生涯を送ること」

  • 新しい場所の知らないスーパーや本屋さんを覗くのが好きな私
    先週末の勉強会、宿泊したのでホテルと勉強会場の中間地点に
    大型のスーパーとか本屋さんとか洋服・靴・・・のショッピングモールが
    あったのでそこで何時間か楽しませてもらいました
    その時、そこにあった大きな本屋さんで買った本です
    まぁ、気分が「勉強」だったから買ってしまったのかも・・・

    著者は1986年生まれの現役東京大学生です
    この本の他にも勉強のハウツー本みたいなのを出されてるようです

    帯に書いてあった
    「いったい、何のために勉強するんだろう?」という疑問に答えられますか?

    という言葉に惹かれて買ってしまったのかも知れない
    ざぁっと読んでみると、内容的には現役の学生さんとかその親御さんが
    読むと良いのかも知れませんねぇ・・・
    ちょっと私には違ってる感じでした

    本の中にはいろんな方が残した言葉が書かれています
    申し訳ないのですが、私はどちらかと言うとそちらの言葉に惹かれてしまいました・・・
    例えば・・・
    「幸福。結局それなのだと思った。
     どんな生活でもどんな生き方を選んでも、
     その人が毎日を幸せに送れているのならその人の勝ち。」(綿矢りさ 「インストール」より)

    私の勉強する理由・・・
    それならハッキリと言えます
    他の人には当てはまるか分からないけどね・・・

    この10年でいろんな転機を経験しました
    結婚・離婚・一人暮らし・祖父の死・・・
    一人暮らしを始めて、いかに今まで自分が守られた環境の中にいたんだと言うことを実感しました
    小さなことから大きなことまで、その場その場で瞬時に決断して実行していかないと上手く
    回らない生活・・・
    「分からない」「あとで」「知らなかった」「誰かやっておいて」
    こんなことは通用しない、一時期通用しても後で必ず大きくなって自分に返ってくる・・・
    即断即決の連続な毎日

    そんな毎日の中で、自分のために、その時のベストな答えを出せるように
    後で後悔しても、その時のベスト決断だったと納得できるような自分になりたいと・・・
    それにはやっぱり自分はいろんなことが足りなかったのでした・・・
    だから、勉強しなきゃって思ったんだよね

    だってね、離婚する時「これで良かったって思えるように、お互い幸福になろうね」って言って
    別れたからね・・・
    私には幸福になる権利もあるけど義務もあるんだな

    祖父が亡くなった時も「あぁぁ人間いつかはこうなるんだ・・・」って思って
    だったら、やっぱりいろんなことを経験しなくちゃいけないと・・・

    最初は「自分のため」だったけど、今は少し余裕?も出てきたから、誰かのために何かのために
    お役にたてる自分でいられるために勉強したいなぁって思うんだ

    なんか本の感想から逸れたけど、人それぞれ勉強する理由はあるんだな
    そのモチベーションの強さが次に繋がっていくんだと思うんだ・・・

  • @ishiidaichi 発売日に買った儘になっていた石井さんの「勉強する理由」をふと読み始めたのですが、中でも「身体と直感は正直である」という石井さんの御言葉。対して作家の平野 啓一郎氏が「人は自分の直感を疑わない」とこぼしていました。所謂3%の理屈が直感を創造することも・・・

  • 処分予定
    101031

    ★つらいことはやならなくてもいい


    ■勉強に本気で打ち込める人の特徴
    •直感的に物事を考える
    •体を使う事が多い、あるいは好き
    •効率主義、幸福主義
    •未来の事を自分なりに考える
    •自分の意見を一番大事にする

  • 学校近くの本屋さんにて目に止まった本。
    図書館にあれば、ぜひ読みたい。

  • 本をもった手触りでおもわず購入してしまいました。
    内容は、中学生ぐらいの子の話でした。

  • 「いったい、何のために勉強するんだろう?」という疑問に答えられますか?
    東大生とともに考える「勉強の面白さと楽しみ」

  • なんと、著者は私と同級生でした
    勉強する為の勉強にはもってこいです!

  • 同世代かあるいは数歳年下の学生さんがここまで「自分なりの見解」を持っているのを目の当たりにして、今の自分に軽く絶望感を感じた。
    「勉強」というものを自分でも教職を目指すのにあたってまったく考えてこなかったわけではない。しかし、ここまでの見解を持つまでにいたらなかったどころか、自分なりの答への道筋すらも見えていなかった。「コレかな?いやそれじゃない。」「ソレかな?いやそれでもない。」そんなことの繰り返しだった。そんな中で出会ったこの著作は僕に衝撃を与えた。

    教育の在り方、自分と勉強との関係。そういったものを新たに考え直すいいきっかけになりそうだ。

  • 著者が若いからか、ちょっと行きすぎ・・・??という部分がたくさんありましたが、参考になる部分もありました。
    まずは健康、ということや、生徒自身に判断させる、ということなど。
    また、たくさんの名言・格言が紹介されており、良かったです。

全15件中 1 - 15件を表示

勉強する理由を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

勉強する理由を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

勉強する理由の作品紹介

数十人の生徒を教え、千人以上にWEB受験指導を行う現役東大生とともに考える「勉強の面白さと楽しみ」。古今東西50の名言つき。

ツイートする