もうアメリカ人になろうとするな (ディスカヴァー携書)

  • 17人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 柴田治呂
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2009年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887597235

もうアメリカ人になろうとするな (ディスカヴァー携書)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    和より競争、平等より格差、長期的視点より目先の利益、情より公正さ、規制より自由、従業員より株主…それらのアメリカ的価値観は、はたして日本人に適したものなのだろうか?
    大多数の日本人を幸福にする社会にふさわしいのだろうか?
    グローバリゼーションのなか、改革という勇ましい掛け声によって、日本社会の根本がアメリカ文化で脅かされている。
    その歪みが現在の金融危機によって露呈した今、精神的アメリカ離れの声も聞かれるものの、アメリカ追従の基本的な流れは変わらない。
    しかし、アメリカ人とアメリカ社会にとって良い仕組みが、必ずしも日本人と日本社会にとっても良いとは限らない。
    元官僚でもあった著者が、アメリカ人と日本人の価値観の違いを定性的定量的に示しつつ、21世紀の世界の幸福にも寄与する日本的価値観の再評価と、それに基づく社会の仕組みの再構築、そのための政策を大担に提案する。

    [ 目次 ]
    第1章 動揺する日本社会
    第2章 アメリカ社会の表と裏
    第3章 日米社会の基本構造の違い
    第4章 新しい日本主義のすすめ
    第5章 二十一世紀の日本社会の繁栄のために何ができるか
    第6章 二十一世紀型日本主義、展開への提案

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • アメリカ人論も、日本人論も、感覚的に書かれているように感じる。よく言われていることばかり。アメリカ人は金の話をすぐするとか、日本のよさを取り戻すために、非正規雇用をやめようとか、なんでそうなのかとか、どうすればよいのかまではわからない。データや事例は挙げられているものの、結論ありきのデータを引っ張ってきているのでは、と思ってしまう。
    少し前の本だから仕方ない部分もあるだろうけど。

  • アメリカ型からの脱却を提案する本。
    そもそも社会的基盤や風土が違うのだから、アメリカを真似しても無理がある。

    21世紀は「日本主義」に転換すべきと主張。

全3件中 1 - 3件を表示

もうアメリカ人になろうとするな (ディスカヴァー携書)を本棚に登録しているひと

もうアメリカ人になろうとするな (ディスカヴァー携書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

もうアメリカ人になろうとするな (ディスカヴァー携書)を本棚に「積読」で登録しているひと

もうアメリカ人になろうとするな (ディスカヴァー携書)はこんな本です

ツイートする