賢者の書(新装版)

  • 777人登録
  • 4.29評価
    • (136)
    • (82)
    • (37)
    • (4)
    • (5)
  • 98レビュー
著者 : 喜多川泰
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2009年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887597334

賢者の書(新装版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子どもに贈りました。大切な事がぎゅっとつまってます。もちろん大人にも。

  • 喜多川泰さんの作品はどれも考え込む場面が出てくる小説に寓話の部分を盛り込み徐々にテンションを上げて行き、最後に心に良かったと染み渡るものを入れている。

  • 東のオアシスと西のオアシス。私がいるのはどちらなのか…。東の住人に裏切られた時は気持ちがざらつき、自己満足、自己肯定さえできない時は、自ら東の住人に近づいている気がする。

    今の自分に幸せを感じられないなら、どこまで行っても、物理的に満たされても、結局は幸せにらなれない。感謝し、感謝されることこそが人生において一番なのだ。『羨望』『嫉妬』という気持ちはよくも悪くも自分自身に大きな影響を与える。この気持ちをコントロールできたら、幸せな気持ちで満たされた世の中になるだろうに…。

    いろんな事に疑問を持ち始める思春期に入った息子に一度読んでほしいと思う。今生きている意味を考えながら…。読み終わったあとは、『向上心』と『満足感』。このバランスをうまくとっていってほしい。

    そして私はもう一度、ここにある意味を再確認しようかな。

  • 人生の生き方について教えられる本
    第一の教え-行動
    行動の結果としてわれわれが手に入れるものは、成功でもなければ、失敗でもない。
    我々が手にするものは1枚の絵を完成するために必要なパズルのピースのひとつに過ぎない。
    行動するときに何かを期待したり、失敗することを恐れたりすることには何の意味もない。
    大切なのは必要なピースを集めるために出来るだけ多くの行動を起こすこと。そして行動の結果返ってきたものをよく見て、どうやってこれを使うのかを考えること。

  • 何を軸に生きていけば良いか?
    物語だけど、超オススメ!

  • 嫌われる勇気が好きな人なら読んで損なし。
    人と人とのかかわりを学ぶ、主人公の旅(物理的)。

  • すぐにでも改められる
    1.行動
    2.可能性
    3.自尊心と他尊心
    4.目標
    5.今
    6.投資
    7.幸福
    8.言葉
    9.感謝
    10.与える
    11.誕生

  • すんなり受け入れることのできた自己啓発本。
    他の人に勧めても恥ずかしくない一冊。

    1.行動
    2.可能性
    3.自尊心と他尊心
    4.目標
    5.今
    6.投資
    7.幸福
    8.言葉
    9.感謝
    10.与える
    11.誕生

  • 良い。はっとすることや、そーだな改めないとなと思うことがあった。自分が、ほんの少し変われる気がする、そんな本でした。
    私もいつか本を書きたい。

  • 2016/11/26

全98件中 1 - 10件を表示

喜多川泰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
中村 天風
松下 幸之助
喜多川 泰
J・モーティマー...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

賢者の書(新装版)に関連する談話室の質問

賢者の書(新装版)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

賢者の書(新装版)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

賢者の書(新装版)を本棚に「積読」で登録しているひと

賢者の書(新装版)の作品紹介

人間は何度だって生まれ変わることができる。そしてその可能性はすべての人にある。少年サイードが9人の賢者から学んだことは、はたしてなんだったのか…?あなたの心を成長させる、ファンタジー自己啓発書。

賢者の書(新装版)の単行本

賢者の書(新装版)のKindle版

ツイートする