賢者の書(新装版)

  • 769人登録
  • 4.28評価
    • (134)
    • (82)
    • (37)
    • (4)
    • (5)
  • 97レビュー
著者 : 喜多川泰
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2009年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887597334

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
喜多川 泰
喜多川 泰
ジェームズ アレ...
J・モーティマー...
スペンサー ジョ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

賢者の書(新装版)の感想・レビュー・書評

  • 子どもに贈りました。大切な事がぎゅっとつまってます。もちろん大人にも。

  • 喜多川泰さんの作品はどれも考え込む場面が出てくる小説に寓話の部分を盛り込み徐々にテンションを上げて行き、最後に心に良かったと染み渡るものを入れている。

  • 東のオアシスと西のオアシス。私がいるのはどちらなのか…。東の住人に裏切られた時は気持ちがざらつき、自己満足、自己肯定さえできない時は、自ら東の住人に近づいている気がする。

    今の自分に幸せを感じられないなら、どこまで行っても、物理的に満たされても、結局は幸せにらなれない。感謝し、感謝されることこそが人生において一番なのだ。『羨望』『嫉妬』という気持ちはよくも悪くも自分自身に大きな影響を与える。この気持ちをコントロールできたら、幸せな気持ちで満たされた世の中になるだろうに…。

    いろんな事に疑問を持ち始める思春期に入った息子に一度読んでほしいと思う。今生きている意味を考えながら…。読み終わったあとは、『向上心』と『満足感』。このバランスをうまくとっていってほしい。

    そして私はもう一度、ここにある意味を再確認しようかな。

  • 人生の生き方について教えられる本
    第一の教え-行動
    行動の結果としてわれわれが手に入れるものは、成功でもなければ、失敗でもない。
    我々が手にするものは1枚の絵を完成するために必要なパズルのピースのひとつに過ぎない。
    行動するときに何かを期待したり、失敗することを恐れたりすることには何の意味もない。
    大切なのは必要なピースを集めるために出来るだけ多くの行動を起こすこと。そして行動の結果返ってきたものをよく見て、どうやってこれを使うのかを考えること。

  • 嫌われる勇気が好きな人なら読んで損なし。
    人と人とのかかわりを学ぶ、主人公の旅(物理的)。

  • すぐにでも改められる
    1.行動
    2.可能性
    3.自尊心と他尊心
    4.目標
    5.今
    6.投資
    7.幸福
    8.言葉
    9.感謝
    10.与える
    11.誕生

  • すんなり受け入れることのできた自己啓発本。
    他の人に勧めても恥ずかしくない一冊。

    1.行動
    2.可能性
    3.自尊心と他尊心
    4.目標
    5.今
    6.投資
    7.幸福
    8.言葉
    9.感謝
    10.与える
    11.誕生

  • 良い。はっとすることや、そーだな改めないとなと思うことがあった。自分が、ほんの少し変われる気がする、そんな本でした。
    私もいつか本を書きたい。

  • 仕事関係の方からのお勧めで、初。自己啓発本は普段全く読みませんが、こういう書き方をする日本の方もいるんだなぁと。ソフィーの世界とか、アルケミストみたいな感じ。
    書いてあることは、素晴らしいことです。

  • またまた素敵な一冊に出会えた。
    多くの事をこの一冊から学ぶことができる。
    自分の「名=賢」に恥じないよう生きていかなければと改めて感じることができた。

    【内容紹介】
    毎日の暮らしと、思うようにいかない仕事に絶望を感じていたアレックスは、ある日、思い出の公園で14歳の少年サイードと出会う。 
    サイードは9人の賢者と出会う旅を続けていて、この公園で最後の賢者と会うことになっているという。 
    アレックスはサイードの許しを得て、サイードの旅の集大成である「賢者の書」を読み始めた。 
    そこには、サイードが14歳の誕生日を機にスタートしたさまざまな冒険譚と、賢者たちから学んだ最高の賢者となるために必要なエッセンスがしるされていて。 。。
    人間は何度だって生まれ変わることができることを強く確信し、生きるエネルギーをもらえるファンタジー仕立ての自己啓発書。

  • 物語形式で書かれた自己啓発の本。
    9人の賢者に少年サイードが会い,その教えを受けていく。

    物語形式とはいえ,ほとんどが賢者と少年の対話で書かれている。

    どういうことを賢者が伝えようとしているかを手っ取り早く知りたければ,各章の末尾にある賢者の教えの部分を読めばよい。

    その通りだな,と感じることはあったけれども,
    ファンタジー調なのに,日本だとみられる場所が出てきたりするのはちょっと個人的には合わなかった。


    ・第2の賢者の教えにおいて,「大いなる力は,人間を創り出し,すべての創造物の中で,唯一人間にだけ自らと同じ大いなる力を授けた。」という文章において「唯一」という言葉が宗教っぽくてあわなかった。大いなる力を授けたのはいいとしても,人間にだけというのは,人の思い上がりなのではないか。とはいえ,「心が大いなる力を持つ」という点はその通りだな,と思いました。

    ・「世の中の成功者はすべて他人を幸せにできることを探す西のオアシスの住人である」としているけれども,本当にそうなのか疑問を持つ。そうじゃない人もいるんじゃない?

    ・第7の賢者は他人を幸せにできることを探して生きろと言っている。他方,第8の賢者の教えでは,「今の自分が,成功している,あらゆる幸せを手に入れられる人生の途中にいるということを認める言葉を,自らに聞かせ続けることによって,さらに大きな成功が手に入るのである。」としている。これによれば,第8の賢者の教えは,他人を幸せにできることを探して生きているのではなく,自分を幸せにすることを探す東のオアシスの住人の考え方なのではないか。

     言葉尻を捉えて批判してしまったけれども,全体としてみれば,どう行動すべきかを示してくれる良い本だと思います。

    「行動の結果として我々が手に入れるものは,成功でもなければ,失敗でもない。
     我々が手にするものは,一枚の絵を完成させるために必要不可欠な,パズルのひとピースに過ぎない。
     であるから,行動を起こすときに何かを期待したり,失敗することを恐れたりすることには,何の意味もない。
     大切なのは,必要なピースを集めるためにできるだけ多くの行動を起こすこと,そして,行動の結果返ってきたものをよく見て,どうやってこれを使うのかを考えることだ。
     手にしたピースがたとえ期待していたものと違ったり,今の自分には耐えられそうにもないほど辛いものに思えたとしても,それは人生における失敗ではない。かけがえのないパズルのひとピースを手に入れるという,大事な経験だったのだ。
     完成した絵を見れば,そのことに気がつくはずだ。
     どうしてもそれが必要だったということに。」
    という第一の賢者の教えはその通りだな,と思いました。

  • 『感動の多い人生は
    間違いなく、
    幸せの多い人生である。』



    わたしも、「具体的に行動する勇気」を
    与える人になれるよぅ
    「今」を大切に生きる
    そして、時間という財産の投資を
    惜しみなく行う

    行動あるべし!!!!

  • まあまあ面白かった。子供達が読むといいかなと感じだ

  • 今まで読んだ自己啓発本の中で一番好きです。
    9人の賢者が出てきて、それぞれ大切なことをおしえてくれます。物語風に書かれていて、最後、ちゃんとつながっているのも面白い。
    優しく読みやすい文章ですが、書いていることは奥深く核心をついています。

  • 人生に絶望したアレックスが出会った、14歳のサイード。

    サイードは14歳の誕生日に、
    人間はいつか必ず旅に出ないと行けない、と9人の賢者に会うため旅に出ていた。

    賢者に必要な大切なことを教えてもらう。
    教えてもらうたびに、賢者の書に記録される。

    アレックスはサイードの賢者の書を読ませてもらって、感動。
    ありがとう、君はぼくにとっての最高の賢者だよ。

    サイードの旅は終わり、人生はこれから。
    アレックスも、新たな人生に期待を持って向かっていく。

    賢者の教えは、全て最高!

    特に、侍の文化から学ぶ、何になりたい(職業)かではなくどんな人間になりたいかの話は素敵!

    昔の日本には職業を選択する自由はなかった。武士に生まれたら、一生武士。
    だからこそ、武士としてどんな人間になるか、武士として恥ずかしくない生き方とは何か、を
    とことん追求していた。

    腹に心があると考えられていた。
    腹が立つ
    腹をわって話す
    腹黒い

    だから、己の腹に黒いものはないと切腹という文化もあった。

  • 最高の賢者たらんとするサイードの9人の賢者に学ぶ旅、そして今というあらゆる可能性をひめた瞬間に生まれ変わることのできるアレックスの気づきを自分自身のものとして感じることができた。
    行動、可能性、自尊心と他尊心、目標、今、投資、幸福、言葉、感謝、与える、誕生、少し説教臭いと感じられたが、息子に読ませたいと思った。
    15-95

  • タイトルが立派なので持ち歩き恥ずかしかったです。ちょうど読み始めてから仕事が忙しくなり足掛け2ヶ月もかかってしまいました。読みやすさとしては、スラスラ読めるとは言えず、その代わりにゆっくり自分の中で消化しながら読むことで読み終わった後の納得感が増したのかも知れません。
    自分がブレた時に、また読み直したいと思う本です。その時のために保存版にします。
    さて、次は喜多川泰さんの上京物語を読みますかね!(^^)

  • 喜多川さんの本を読むのは、「君と会えたから」に引き続き、二冊目でした。
    サイードという少年が様々な賢者に会い、自らも賢者に近づいていくお話です。
    その中で一番印象に残ったのは、とある街のナースが言った言葉です。「私たちの心は日頃耳にするすべての言葉に影響を受けていて、心で自分の人生を決めている。そんなに大事な言葉だけど、環境は選べないことだってある。しかし、人間が一番よく聞くのは、自分自身の心の言葉。」という内容です。きちんとした言葉をきちんと自分にもかけていこうと思いました。
    また、今は自分は何も手に入れていなくても、実は成功した幸せな人生に近づいていると思えるようになりました。
    そのほかにも、参考になる言葉をたくさんいただくと同時に、忘れていたものを思い出させてもらいました。
    手元に置いて本当に良かったと思う一冊です。

  • より良い人生を活きるための考え方を、ファンタジー小説形式とすることで、わかりやすく表現した名作!自己啓発本は星の数ほどあって、今までに何十冊と読んできた中では、この本が、現時点でベストかなー、と思わせるぐらい内容がギュっと詰まった一冊!!自己啓発系の本を読んだことの無い人の、初めての一冊としてお勧めしたい。

    以下、参考になった点。引用、自己解釈含む。

    ・行動の結果手に入るのは、より良い人生を成し遂げる為の貴重な1片のピース。たとえ、行動の結果手に入れたものが、その時の自分にとっての期待通りでない1片だとしても、その1片が大きな絵を完成させる為にはかけがえのない1片であることを知り、一喜一憂をしないこと。その1片はどんな絵に繋がるのかを楽しんで想像する。そして、その大切な1片を手に入れる唯一の手段は行動である。

    ・無限の可能性を誰しもが持っている。もちろん、自分も持っている。そのことを信じていると、おのずと可能性は開ける。

    ・自分と全く同じ人などいない。自分はこの世のなかの唯一無二の存在。超、超、超、希少な存在。存在すること、それだけで価値がある。自尊心をしっかりと持つ。しかし、自尊心だけではダメ。同じ次元で他尊信を持たなければならない。なぜなら、どんな人間も、あなたと同様に唯一無二の存在であり、尊重すべき存在。このことを理解しなければ、自己成長は出来ない。

    ・何になりたいかを目標とするのではなく、自分自身がどうありたいかを目標とすべき。どうなりたいかという目標がきまれば、自ずと何になりたいかは決まってくる。

    ・人生は自分の伝記を作り上げることと近しい。後世の人が自分の伝記を読んだ時に『あーこの人だったら成功するだろうさ!』と思ってもらえるような、毎日を過ごすべし。歴史上に名を残す人は皆、この人なら・・・と思わせる行動を取っているもの。

    ・時間は皆平等。この時間をどう投資するかに意識を向ける。目先の日々の給与を稼ぐために時間を費やしていては投資にならない。

    ・自分を喜ばせることに主軸を置いた生き方をするか、他人を喜ばせることに軸足を置いた生き方をするか。

    ・人間の心は言葉によって出来上がる。意識しようとしまいと、悪い言葉を投げかけられ続けると、心が闇に飲み込まれてしまう。言葉には、誰かが発して耳で聞く以上に、自分自身の中での自問自答の影響が大きい。

    ・自分の人生を素晴らしものにするために、生まれ変わろうとするとき、他人がどう思うかなどは、全く聞かなくても良い。誰かの目を気にせずに、自分がやりたいことはなんなのかを、じっくりと考える。

  • 示唆に飛んでるんだけど、何だかするするとは読めず、時間がかかってしまった…
    いつかまた読み直してみようかな…

  • 読みやすい小説になっていますが、書いてあることは人生のスタンスに影響を与える深い啓発書です。
    一気に読んでもよいし、物語にリンクしてひとつひとつの課題をじっくり会得して読み進めてもよいと思います。

  • わかりやすい成功哲学書

全97件中 1 - 25件を表示

賢者の書(新装版)に関連する談話室の質問

賢者の書(新装版)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

賢者の書(新装版)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

賢者の書(新装版)を本棚に「積読」で登録しているひと

賢者の書(新装版)の作品紹介

人間は何度だって生まれ変わることができる。そしてその可能性はすべての人にある。少年サイードが9人の賢者から学んだことは、はたしてなんだったのか…?あなたの心を成長させる、ファンタジー自己啓発書。

賢者の書(新装版)の単行本

賢者の書(新装版)のKindle版

ツイートする