主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント

  • 264人登録
  • 3.90評価
    • (18)
    • (18)
    • (20)
    • (2)
    • (0)
  • 25レビュー
制作 : 伊藤 守  花塚 恵 
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2009年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887597440

主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメントの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今週(2017.10)の中頃に、今年初めに親会社のCEOに就任された方が日本オフィスを訪問されます。その彼が本社において、推奨している本の訳本がこの本になります。日本以外のオフィスでは英語で読まれているようですが、日本語訳が出ていてラッキーでした。

    タイトルの副題として、「オズの魔法使い」に学ぶ組織作り、とあります。最初にそのお話の解説があり、、少女ドロシーをリーダとして、かかし・木こり・ライオンという各々特徴を持ったメンバーで、あるミッション(魔女を倒して、元の家に戻る)を達成する、となっています。日本の「桃太郎」に似ていると思いました。

    この本では、良い組織をつくるためには、組織を構成する一人ひとりが、当事者意識を持つ・目標が達成されるまでけして諦めない・ラインの下(マイナス思考、責任回避、他人事のように考える)に陥らない、ということが強調されています。

    意識を変えれば、考え方が変わり、言葉も変わり、行動も変わる、と言われますが、社会人になってからずっと言われてきた「変革」を実現させるために、これからの変動の時代を生き抜いていきたいものです。

    以下は気になったポイントです。

    ・どの理論もモデルも肝心なことを言い忘れている、それは、成果はその達成の責任を引き受けて、初めて生まれるものである(p2)

    ・オズの魔法使いから得られる教訓は、立ち止まってはいけない、自分の置かれている状況を他人のせいにしてはいけない、魔法使いが魔法をかけてくれるのを待っていてはいけない、自分の抱える問題がいつか消えると期待してはいけない、である(p24)

    ・優良企業が平凡な企業になりさがったのは、悪い状況の根源が自分たちにあると認めようとしなかったから、言い逃れをする傾向にあった(p27)

    ・一人ひとりが自覚しない限り、組織の成功は長続きしない(p31)

    ・ドロシーたちが最後に気づいたように、自分の置かれた状況を乗り越えて望む結果を手に入れられるパワーや能力は、あなた自身の中にある。それを見つけるまでの旅路は長いかもしれないが、最後には自分の持つ力に気づくはず(p32)

    ・アカウンタビリティのステップは、現実を見つめる、当事者意識を持つ、解決策を見出す、行動に移す、の4つのステップがある(p38)

    ・アカウンタビリティに対する命題として、ライン上の行動を身につけて求める結果を得るために、自分にはほかに何ができる?をかかげる。これを常に問い続ける(p43)

    ・ライン下に落ちるのは、責任を受けいれるよりも言い訳をするほうがはるかに楽だから(p47)

    ・アカウンタビリティが高ければ、失敗を恐れる気持ちを克服することができる。ライン上にのぼって精一杯良い結果を出そうと努力しない限り、成功はないと気づくから(p77)

    ・アカウンタビリティの定義とは、現状を打破し、求める成果を達成するまで、自分が問題の当事者であると考え、自分の意志で主体的に行動しようとする意識。すなわち、自分の意志で現実を見つめ、問題に当事者として取り組み、解決策を見出し、その解決策を実行しようとする意識、である。これには、現状を乗り越えて、求める結果を得るために、他に何ができるか?を常に自分に問い続ける姿勢も含む(p91)

    ・与えらえた職務を果たすだけでなく、組織としての目標達成も個人の責任の一部だと各自が受け止めるようになれば、通常業務を超えた部分にも責任を感じるようになる。(p99)

    ・当事者意識とは、現状と自分の行いとの関連性を見出す力であり、自分の行動で自分の未来を切り開く力である。これができないと当事者意識を持つことも、解決策を見出すこともできない(p151)

    ・ライン下にあえて降りるならば、絶対に長く留まらないと固く心に決めておく必要がある(p174)

    ・解決策を見出す6つの方法、1)解決したいという気持ちを忘れない、2)集中する、3)視点を変える、4)新たな関わりを築く、5)率先して行動する、6)意識し続ける(p181)

    ・会社の目標にどう貢献できるか考えるようになるかは、「君にできることは何か?」と社員に問いかけること(p197)

    ・リーダーとしてできるのは、コーチであり、励ましであり、教示である。そしてフィードバックを提供し、場合によっては戒め、愛情を持って接し、正しい方向へと導くこと、絶対に強制はいけない(p221)

    ・自分の力の及ばないこと、自分にできることは切り離して考えないといけない(p222)

    ・ライン上にいる人の特徴、1)定期的に丁寧に報告、2)自分の行動を振り返り、結果を出すためにできることを探そうとする、3)報告を求められればきちんと対応、4)状況を自分のこととしてとらえる、5)フィードバックに感謝する(p236)

    ・アドバイスをするのが大事、「こうすればいい」と指示を出したり、相手に代わって期待に沿う成果を出してしまったりしては、相手の責任を奪うことになる、これは避ける。方向性を示す、ヒントをだすのにとどめる(p267)

    ・権限をください、と叫ぶのではなく、目標を達成するために他に何ができるか?と考える(p285)

    ・明確な目標、ライン上に上ると決意した社員、その社員を徹底してサポートするリーダー、この3つが揃って初めて、アカウンタビリティの高い企業への一歩が踏み出せる(p305)

    ・アカウンタビリティの高い人は、1)人にリクエストができる、2)ノーと言える、3)言いにいい相手でも意見が言える、4)相手に自分からフィードバックを伝えることができる、5)自分に対してもフィードバックさせることができる(p318)

    2017年10月15日作成

  • 私ばっかりって思ってるようじゃダメだな

  • 2015/02/18 19:06

    会社の上司から薦められて読んだ。

    アカウンタビリティについての説明と、どうやってそれを高めていくか、その効果が解説されている。
    個人のレベルから組織全体までを対象に幅広く書かれているが、全体を通して役に立つ内容だった。

    つい何か不都合なことや困難なことがあったときに、被害者であるように振舞ってしまうことがあるので、そういったところは改めたい。

    また、他に何かできることはないか?と質問する、というのは活用していきたい。他人を傷付けずに、現状を改めようという意思を伝えやすくできそうだ。

  • 感想:ブックオフで偶然発見し、購入。
    オズの魔法使いのストーリーに絡め、人が主体的に動くをテーマに、アカウンタビリティの大切さを語った本。

    オズに絡めて語るとかアイデアは好き。
    だが、内容が読んでいてもいまいちしっくりこなかった。
    なんというか書いてあることが当たり前すぎるというか。

    印象的だったのはアカウンタビリティという言葉の捉え方。「責任」って、失敗した時に追求される、ネガティブなイメージがあるけど、そうではない。成功するためにも必要なものなんだってことを説いているのは斬新だった。

    もう少しコンパクトに書いてほしい。

  • 良書。ライン下に落ちないように常に自分を律すること。

  • 組織論ではなく、自己啓発本としても、自己啓発を促進するコーチ本としても読めるのでは。

  • アカウンタビリティに基づくマネジメント。
    オズの魔法使いから責任の所在と意識について筆者の考えを展開。
    ラインの上・下での意識の違い、いかにライン上に意識を変革させていくか、アカウンタビリティから進むべき方向を提示している。
    現実を見つめ被害者意識から抜け出し、自分・組織がなにができるかと考え方を変えることで強い組織になっていける具体論。

  • プロのコーチからのオススメ。事例が多く読みごたえがあったが、海外事例ばかりで、最後は疲れた…。
    ライン上の行動を意識したい。

  • アカウンタビリティを持ち、「現実を見つめ」「当事者意識を持ち」「解決策を見出し」「行動に移す」行動を取り続けられる状態と、責任を押し付け合い、言い逃れをし、様子見で解決をのぞみ先送りする態度を取る状態、それらを分ける1本の細い線(ライン)。個人としても、組織としても、ライン下の行動から脱却して、ライン上に登ることの重要性を説くこの本は、今の私にはかなり耳の痛い提言をしてくれました。

    仕事が辛い、人間関係が辛い、自分の置かれた環境に理不尽さを感じる、そして被害者意識をもって悶々としているだけの自分に気が付きました。

    ライン上の態度を取り、環境を変えられるのは自分次第だということ。
    いろいろ考えさせられました。


    「自分に他に何ができる?」

    の問いかけは、忘れないようにしたいと思いました。

  • オズの魔法使いに登場するキャラクターを例に、主体性(アカウンタビリティ)について学ぶ。
    主体性とはなにか、主体性の効果、主体性の伸ばし方、組織への適用

全25件中 1 - 10件を表示

クレイグ・ヒックマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
フィリップ・マグ...
レオ・バボータ
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする