NASAより宇宙に近い町工場

  • 1119人登録
  • 4.31評価
    • (207)
    • (127)
    • (54)
    • (11)
    • (2)
  • 188レビュー
著者 : 植松努
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2009年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887597525

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
村上 春樹
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

NASAより宇宙に近い町工場の感想・レビュー・書評

  • 読む価値あり。植松努さんのTED(プレゼン)を見てから興味がわき読みました。本当に読み応えがありますし、植松さんが言う「だったら、こうしてみたら」という考え方が世の中に浸透すると世の中が良い方向に変わるのではないでしょうか。「どーせ無理」という言葉に出会ったら、「だったら、こうしてみたら」と言い返せるようにします。

  • 帯によると、講演の書き起こしのようです。
    だから同じ話が何回か繰り返し出てきますが、それだけに熱いのです。

    著者(?)の植松努さんは、北海道にある赤平市という、小さな市で会社を経営しています。
    炭鉱がさびれてから景気が悪くなり、財政再建団体目前の市ですが、そこで社員20人の会社をやっています。
    リサイクルに使うパワーショベルにつけるマグネットを製造するのが仕事です。
    そしてもう一つ。
    宇宙開発をしています。

    植松さんは小学校6年生の時に卒業文集の「ぼくの夢、わたしの夢」というところに「自分の作った潜水艦で世界の海を旅したい」と書いて、先生に呼び出しを食らいます。
    ほかの子どもはちゃんと職業のことを書いているのに、こんな、できもしない、かなわない夢を書いていていいのか?

    中学校の進路相談の時間に、先生から「将来どうするんだ?」と聞かれたので、「飛行機、ロケットの仕事がしたいです」と胸を張って答えたら、「芦別に生まれた段階で無理だ」と言われたそうです。
    飛行機やロケットの仕事をするためには東大に入らなければいけない。おまえの頭では入れるわけがない。芦別という街から東大へ行った人間は一人もいない。

    自分の興味のあることを、独学で一生懸命学んでいた植松さんは、どうしても学校の成績の方に支障をきたしていたんですね。
    次々と否定的なことを言われますが、国立の大学に入ります。
    そうしたら、今まで独自に勉強してきたことが全部大学の勉強に結び付いたんですね。
    そして。

    大学の先生たちにかわいがられたようですが、やっぱり「お前はこの大学に来た段階で、残念だけど飛行機の仕事は無理だ」と言われてしまいます。
    その大学は国立の工業系大学の中で、当時偏差値が一番低かったからです。

    けれど植松さんは、名古屋で飛行機を作る仕事に就きました。
    「風立ちぬ」の堀越治郎さんがいた会社です。

    これだけでも元気が出ませんか?

    いろいろあって地元に戻り、父の経営する植松電機で働き始めますが、取引先の一言で株式会社にします。
    経営方針は「稼働率を下げる。なるべく売らない。なるべくつくらない」
    そのためには、どんなことがあっても壊れない製品を作る。
    そして、時間を余らせて、新しいことに使う。

    で、宇宙開発です。
    ロケットを作ります。
    材料はホームセンターや通信販売で簡単に手に入るのだそうです。
    液体燃料を使わない、爆発しない(しにくい)ロケットなので、家の隣で実験ができます。

    今、地球の周りには人工衛星の残骸などの宇宙ゴミがたくさん散乱しています。
    それを回収するロケットがいつかは必要になります。
    それには、人工衛星のような技術も必要になります。
    だから人工衛星も作りました。
    実際に宇宙に行ったその人工衛星は、世界で初めて宇宙にごみを残さなかった人工衛星になりました。
    国内ではニュースになりませんでしたが、世界的に高く評価されているそうです。

    宇宙で動くかどうかの実験をするために、真空施設が必要ということになりました。
    国の施設のレンタル料は、1日600万円もします。
    なので、廃材を利用して自分で作ったら20万円でできました。

    世界で3つ目の無重力の実験施設もここにあります。
    あとの二か所はドイツと岐阜県にあるんですって。
    ほかの二か所は試験をするたびに費用がかかりますが、ここはただで使わせてくれます。
    だから世界中から知識や技術を持った人たちが、ここに実験に来ます。
    それが植松電機の財産になるのです。

    どうしよう。
    こんなに描いても全然面白さが伝えられない。

    成功の秘訣は成功するまで続けること。
    楽をすると「無能」になる。楽をしないで努力しよう... 続きを読む

  • 読みやすい。

    ものは人からうまれる限り何でもできる。
    すべてのものは最初は手づくり

    確かに理想論かもしれないけど植松氏が身をもって証明してくれている。


    自分で学ぶ。
    楽をしないで努力を楽しむ
    お金よりも知恵と経験

    暇な分学ぶ

    成功するまでやる
    しんどいからビジネスがうまれる
    ニッチは自分でつくるもの

    だったら、こうしてみたら

  • 考え方がとても参考になる。なんでも自分で作っちゃえばいいのですね。普通は考え方によって変えられる。これは自分が子供を将来育てる事になったら、意識することの一つにしたい。他にも手元のメモに多々。

  • ・成功するための秘訣は、成功するまでやるということ。
    ・「ニッチを狙え」というがニッチは探すものではなく、自分で作るもの
    ・顧客満足とは「すごいね」と御客様と唸らせ/成長させること。御客様のチヤホヤすることではない。
    ・これから必要なのは「諦めない人」「工夫する人」。口癖は「だったらこうしてみたら」
    ・間違ったらやり直す、わからなければ調べる。それが問題解決能力。
    ・自信剥奪は連鎖する。心の優しい人に濃縮される。
    ・楽しんで努力する。「楽」と「楽しい」は全く違う。
    ・「一生懸命」という言葉で正当化される。「全力を尽くすこと」。楽をしないこと。
    ・人生最後に勝つのは「どれだけやったか」。「どれだけもらったか」ではない。
    ・全ての人には世界を変える可能性を持っている。人の役に立つ可能性がある
    ・夢とは大好きなこと、やってみたいこと。仕事とは社会や人のために役立つこと

  • どうせ無理、という言葉をこの世からなくす、夢をあきらめない、補助金がなくても全額自腹でやっていく

    とても前向きな言葉がそこには並んでいて、事も無げに書いてあるから、ホントに?と思うことがあるけど、植松さんは全て実践してきているんですよね。

    本の舞台は北海道の赤平にある植松電機で、昔炭鉱で栄えたけど、今は過疎化が進んでいる町。北海道に住んでいて車で通ったことがあって、どうしてこんなところに?って感じで植松電機の工場があります。
    違和感を感じるのは巨大な無重力実験棟。何故なら宇宙開発をしている会社だから。
    普通数十~数百万する無重力実験を、植松電機ではタダ同然で提供する。何故なら投資を経験と知恵と人脈で回収することが出来るから。

    現在はアークプロジェクトという教育プログラムを同じ赤平の施設内に立ち上げて、「住むためのコストを10分の一にし、食うためのコストを半分にし、学ぶためのコストをタダにする」という欧米で実践しされている理想をいかに日本に持ち込むかという夢に向かって日々取り組んでいるという。

    刺さる言葉が幾つかあったのでピックアップ
    ・大量生産、消費の時代から節約した方が豊かになる社会へ
    ・楽をすると無能にしかなれない
    ・給料分だけ働いていると、給料分の人間で終わる
    ・諦められるのはいつでもできるから、最後に回せばいい
    ・感動すると夢が見つかる

    植松電機で開発しているポリエチレン燃料ロケットは、確かに推進力では制限があるかもしれないけど、安全性、環境親和性と今の小型化の流れを見ると、芽があるように感じました。

    とにかく前向きになれる本で、エンジニアの人に読んで欲しい一冊。是非直接お話を聞いてみたい!

  • 久しぶりに元気になる本に出会えました!

    著者は北海道にある植松電機という町工場の社長さん。
    この世界から「どうせ無理」という言葉を無くすために、宇宙開発を始めます。

    ―人にとって一番つらくて悲しいことは、可能性が失われることです。だから、言葉で人の可能性を奪うということも、殺人と同じくらい罪深いことなんです。「そんなもん、できるわけないよ」とか「やってもムダだ」とか「どうせ無理だ」というのは、人の心を確実に殺す言葉です。

    大人は子供にいつのまにか「あきらめかた」を教えてしまうんですね。
    「だったら、こうしてみたら」と一つのことを追求していく力、粘り強さを年齢とともに失っていっていることに気付かされました。

    子供のときは何でもできるような気持ちだったはずなのに。仕事に疲れていたときなのでとても励みになりました。
    それから、実家で大学受験を控えた弟、それを支える両親にぜひ読んでほしいと伝えました。

    この先いつか、自分に子供ができたときにはもう一度この本を開きたいと思います。

  • 夢と仕事は両立できるのか?
    ほぼ100%の人が心にグサっと来る言葉に満ちている。そこでフンと鼻で笑うかハッとするかで大きく分かれるだろう。
    エネルギー(情熱)は人から人に伝わるが、書物を通じても、効率は悪いが確かに伝わるものがある。
    凄く良いことを言っているだけに、万一作者が何かの宗教にはまっている人だったりしたらものすごく悲しい。

  • 最近読んだ中でもっとも元気をもらった本。

    北海道の小さな町工場でありながら、宇宙ロケット開発に取り組んでいる
    植松電気の社長さんのお話。
    2004年から開発始めたにもかかわらず、最近ではNASAからも視察が着ているほど。そして社員には宇宙工学を修めたわけではなく前職は焼肉やさん、なんて人もいるから、驚きです。

    第1章 僕たちの宇宙開発
    第2章 「よりよく」を求める社会を作ろう
    第3章 「夢」ってなんだろう?
    第4章 教えてくれる人がいないなら自分で学べばいい
    第5章 楽をしないで努力を楽しもう
    第6章 他のどこにもない経営方針
    第7章 あきらめないで世界を変えよう
    第8章 未来の社会をつくるために

    功なり名遂げたビジネスマンものの本にある上から教えるような口調ではなく
    子供たちでもわかるようなやさしい語り口でありながら、宇宙開発と社会に対するその熱いハートが
    全編にあふれているのがわかります。

    大量生産はそれをしてくれる国にまかせ、日本は0から1を生み出す仕事をするべきではないか、というのが心に残りました。

  • 最初に作られたものは手作り
    新しいものは誰も教えてくれないし、本にも書いてない

    憶測の評論に負けないこと、これってすごく重要だし難しいことだと思う

  • 若いパパとママに読んでいただきたいと思います。子供の夢を摘まないように…子供の可能性を伸ばせるように…パパやママも、一度はあきらめた夢を取り戻すために、自分たちの可能性にも再チャレンジできるように…


     植松氏は北海道赤平市で(株)植松電機を経営し、バッテリー式マグネット装置を製造する傍ら、ロケットの製造をしています。池井戸潤さんの『下町ロケット』のように、ロケットの部品を造っているのかと思ったら、ロケットそのものを造っているそうです。ロケットって、国を挙げて開発するモノじゃないの?って思いますよね?植松氏は、自分の価値観に従って興味が持てることを突き詰めていたら、志の高い人と出会い、追求すべき信念に到達し、行動し続けていたら、夢が叶ったという話です。先人の知恵をまとめた啓発本とは一線を画する内容です。

     この本は、上司から借りた本で、既に他のメンバーにリレーしてしまったので、手元にないのですが、身近に置いておきたいので、Getしたいと思います。文字も大きく、とても平易な言葉で書かれており、内容も分かりやすいので、読書に慣れていない方にもお薦めできます。「世の中から“どうせ無理…”という言葉を廃絶したい」という植松努さんの思いを伝える一人になりたいと思います。

     植松努さんは「自信が大切だ」と何度も繰り返し書いています。自分の夢を叶えられなかった大人(親や教師)の言葉は、全ての子供たちが持っている夢の芽を摘んでしまいます。大人たちは古い価値観を子供たちに押し付け、既成の価値観の中で得する人(親にとって都合の良い子供)になることが人生の目的になるように指導しようとします。その結果、新しい価値観を創造したり、未知を切り拓くことが出来るような子供たちがいなくなってしまうのです。

     この本は、まだ子供が小さい、若いパパとママに読んでいただきたいと思います。子供の夢を摘まないように…子供の可能性を伸ばせるように…パパやママも、一度はあきらめた夢を取り戻すために、自分たちの可能性にも再チャレンジできるように…

  • いままで考えて、話して、落ち込んで、それでも捨てきれなかったこと。全部この本に書いてあった。とても勇気が出たし、なによりも諦めないで頑張ろうと、前向きになれた。
    ありきたりな感想になったけど、この本は人生を変えると思う。

  • 読み終わったー\(^o^)/
    独自に宇宙開発をしている北海道の田舎の小さい企業の社長の書籍。
    「どうせ無理」を払拭することが大切。

  • 「どうせ無理」をなくし、「だったらこうしてみたら」で世界を変える。
    夢を夢で終わらせないためにもずーっと手段を考え続けなきゃね。

  • 著者は北海道の町工場の経営者。小さな町工場だが宇宙ロケット開発に取り組んでいる。すごい技術力を持っている会社だとは思う。本文は日記調で感情的な叙述が多いので、読んでいて好き嫌いが出るかも。気になったフレーズ。「どうせ無理だ」というセリフに対して「だったら、こうしてみては」を考えてみる。同じことをやり続けてみるのではなく、プランA,プランB,プランCと次の手を考え続ける。

  • すぅっと入って来るわかり易い表現で、目からウロコな言葉がぎっしりと詰まった一冊。
    前向きになれて、やる気が溢れ出て来る宝物のような本!

  • 「歴史は一人の人間が変えてきた。」
    「成功するまで続ける。改善するまで努力をし続ける。」

    諦めないことは大切です。

  • 中学から高校くらいの子供に読んでほしい本。どこを見ても否定形の言葉があふれてる中で「どうせ無理」をなくすための考え方が詰まっている。

    言い過ぎな部分もあるようには思いましたが、著者が帰ってきてからの売り上げの伸びが全てを物語ってるように思う。
    結局すべては、やるかやらないか。自分の中の成功者の共通点を補強できた。
    読みやすいので、もっと若い人に勧めたい。

  • 熱いなあ、熱い。

    熱く語る人が好きだ。

  • 他人に勧めたい本で個人的No1に推薦したいのがこの本。現代社会を生きていると、様々な理想と現実のギャップに悩むことがあるが、この本はそうした悩みに対して明確なアドバイスをくれる本だ。

    今世界中の人が、労働の意義や企業の存在価値について疑問を抱いていると感じる。その疑問とは、終わることのない大量生産・大量消費社会のについてである。似たような商品やサービスを次々に提供し、膨大な広告宣伝によって購買を勧める社会のあり方だ。次々と登場する商品やサービスを買うために人生の大半を労働に費やし、ローンを払う暮らし。

    定期的に利益を出し続けるために、メーカーはわざと壊れやすい製品を作る。商品やサービスを買わせるために、心理的効果の強い広告宣伝で消費者を煽る。価格競争に勝つために人件費を削り、一人当たりの労働量を増やし、ブラック化していく企業。枯渇する資源。

    こんな世の中に辟易している人たちが増えているように感じるのだ。「草食系」や「ミニマリスト」などの言葉がそれを象徴している。元ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカ氏のスピーチや本がヒットしたのも、氏の主張がこうした疑問に1つのヒントを示すものだったからだろう。

    本書もこうした疑問にヒントをくれるものだ。著者の植松努さんは故郷の北海道の小さな町で宇宙開発の会社を運営している。過疎化が進み、雇用も少ない地域で敢えて宇宙開発をすることで「どうせ無理」という言葉を世の中からなくしたいというのが筆者の主張だ。

    しかも、国の補助金や外部からの援助に頼らず、リサイクル事業で稼いだ利益を主な原資として宇宙開発を行っている。これも、「国に頼らずとも、民間の力で宇宙開発は出来る」ことを示したいからだと言う。その結果、無重力実験施設を独自に作ったりしてしまった。

    植松さんは「誰もやったことがないこと」に挑戦するべきだと主張する。たとえ失敗したとしても「だったら次はこうしてみよう」と考えてやり直せばいいだけだと。その過程で分からないことがあったら調べればいいし、知らないことは「本」から人類の積み上げてきた叡智をいくらでも学べると言う。確かに、その通りだ!

    誰かと同じことばかりやっているから価格競争に陥るのであって、それなら真似のできないものを作れば良い。
    もちろん「それは理想論に過ぎない」「ヒト・モノ・カネのある大手に勝てるわけがない」という意見もあるだろう。そこで自分達が宇宙開発を進めることで、そうした「どうせ無理」という意見をなくしていくことが、植松さんの目標だ。

    本書を読んで、これからの社会もそうあるべきだと感じた。すなわち、アイデアのある個人や小規模組織が前例のない価値のある商品やサービスを次々に作り出していく世の中。そしてその中から環境に優しい商品やサービスが現れ、社会を良い方向に変えていく。

    現状そうなっていないのは「他社の模倣」や「二匹目のドジョウ」でリスクを冒さず利益を得たいという企業が多すぎるからだと思う。未踏の領域に踏み出すことは確かにリスクも伴うが、それをやることこそが社会的な労働の意義であり、企業の価値ではないだろうか。本書を読んでいるとつくづくそう感じる。

  • 最新の装備だけを見ていたら、自分ではできないような気になるでしょうが、最初の自動車は手づくりでつくられています。最初の飛行機だって手作りなんです。だから、いろいろなものの歴史を知ると、なんでも出来そうな気がします。

  • 2015年1月25日に開催されたビブリオバトルinいこまで発表された本です。テーマは「ギャップ」。チャンプ本!

  • 【読書】宇宙開発は「どうせ無理」を無くすための手段。おもしろい発想と取組 /

  • 著者がTEDで発表している「どうせ無理」をなくし「だったらこうしてみれば」と言い合える世界にしたいという話をyou tubeに見て是非読みたいと思った。
    You tubeの発表もよかったが、本も最近読んだ本の中で一番心が動かされる本だった。
    是非家族全員に読んで欲しい。と思った。

    「どうせ無理」と言う人は実際にやっていない人の発言、しかしその人が、そういう憶測で評論する人がどんな人かと言うと。
    1.知らないことが恥ずかしいと思っている人。知ったかぶりの憶測をして、知らないものと出会った時それはくだらないと言って知ろうとすることさえもしない。
    2.間違える事が恥ずかしいことだと思っている人。間違えを認めず、「自分が正しいんだ」と決めつけてしまう。
    しかし知らなかったら調べればいいし、間違ったらやり直せばいいだけの話と言う言葉を聞いて、たったそれだけの事をしない出来ない自分がいる事を反省した。

    楽をすると他人がする経験をさせて通ることで、経験しなくては身に着けられない能力が身につかないため結果「無能」にしかならない。

    恐ろしい不幸の連続のスタート地点は「楽をする」。苦労する中努力する中に「面白い」と思う事を見つける、すなわち「楽しむ」。「楽」をしてはいけない。「楽しむ」のです。→楽をしないで努力しよう

    諦めなければ状態がほんの少し良くなる。状態がほんの少し良くなるまで辞めずにやり続ける事が出来る事が大切。工夫し続ける。諦めるとどんなに素敵な幸運も公開の対象にしかなりません。

    自分が今持っているものが手段なのか夢なのかを判断する簡単な方法は、その夢をかなえるためのプランBがあるかどうかです。プランBがない夢はきっと手段です。

    人と仲良くなるために一番大切な秘訣はそういう人が困っている事を見つけて助ける事です。そうすると人から必要とされるんです。

全188件中 1 - 25件を表示

NASAより宇宙に近い町工場に関連するまとめ

NASAより宇宙に近い町工場を本棚に「読みたい」で登録しているひと

NASAより宇宙に近い町工場を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

NASAより宇宙に近い町工場を本棚に「積読」で登録しているひと

NASAより宇宙に近い町工場の作品紹介

誰もが工夫をして「よりよく」を目指すようになれば、社会はよくなる!本業の町工場でもクリエイティブな経営方針で売上を伸ばしつつ、宇宙ロケット開発の夢を追い続ける著者が、自らの体験から「夢をかなえるには?」「仕事を楽しむには?」「明るい未来をつくるには?」を熱く語る。

ツイートする