科学との正しい付き合い方 (DIS+COVERサイエンス)

  • 175人登録
  • 3.67評価
    • (9)
    • (18)
    • (17)
    • (4)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 内田麻理香
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2010年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887597938

科学との正しい付き合い方 (DIS+COVERサイエンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とても面白かった。「科学」が世の中にどのように思われているか。そして「科学」の面白さを多くの人たちに伝えるにはどうすればいいのか。科学という枠にとどまらず、何かを「伝える」ということの本質がこの本にはちりばめられていると思う。

  • すイエんサーを、名番組と取り上げていたことに共感を。
    いい番組ですよねー。
    また科学者側に擦り寄らず、一般社会にわからなければ
    コミュニケートをを図るのは科学者の側だということを、
    昨今の情勢の中で、発信することはとても大事。

  • 内容情報
    [BOOKデータベースより]
    あたりまえを疑うことから、科学との付き合いははじまる。身のまわりにあふれている科学技術の種を拾うだけで、「新しい扉」が開かれ、あなたの毎日は変わることだろう。文系と理系の間に立ち、サイエンスコミュニケーターとして活躍してきた著者が、科学技術とのゆるいかかわり方、楽しみ方について語る。文系目線の、文系のための科学リテラシー本の決定版。
    初級編 科学によくある3つの「誤解」(「『科学離れ』が進んでいる」ってホント?;「もともと『科学アレルギー』の人は多い」ってホント?;「科学は、身近ではない」ってホント?)
    中級編 科学リテラシーは「疑う心」から(科学リテラシーとは?;知識よりも、思考が重要;科学的なものの考え方とは?;疑う心を阻害するもの)
    上級編 科学と付き合うための3つの視点(社会の中に科学技術を見る;見えない科学技術に目を向ける―「見える」科学技術と「見えない」科学技術;理系だけにまかせない―「自調自考」型と「おまかせ」型)

  • 科学は好きです。大好きです。
    しかし、世の中に存在する科学というものは好きになれない。
    その中には正しいといわれる科学と似非といわれる科学どちらも含まれる。
    作者の立場に共感するところあれども納得できないところも多々あるが、科学というものを大まかに理解するには良い本なのかもしれない。

  • 科学と人々との関わりについて、主に非理系を対象として書かれた本。
    理系の立場で読んでも、新しい気づきや考えさせられることが多かったです。

    「見える科学と見えない科学」の話、
    そして、サイエンスコミュニケーションのあり方など。

    まずはどれだけ身近な科学(見えない科学)と仲良くなれるか、がカギだと感じました。それは、理系のマニアが「見える科学のおもしろさ」を伝えるのとはまた違うこと。(理系だと非理系の気持ちがわかりにくいのが傷です。)

    寺田寅彦のように、自然科学にどっぷりつかった状態から一歩引いて、自然科学との付き合い方について考えるのも大事だな、と感じました。

  • [BOOKデータベースより]
    あたりまえを疑うことから、科学との付き合いははじまる。身のまわりにあふれている科学技術の種を拾うだけで、「新しい扉」が開かれ、あなたの毎日は変わることだろう。文系と理系の間に立ち、サイエンスコミュニケーターとして活躍してきた著者が、科学技術とのゆるいかかわり方、楽しみ方について語る。文系目線の、文系のための科学リテラシー本の決定版。

    初級編 科学によくある3つの「誤解」(「『科学離れ』が進んでいる」ってホント?;「もともと『科学アレルギー』の人は多い」ってホント?;「科学は、身近ではない」ってホント?);
    中級編 科学リテラシーは「疑う心」から(科学リテラシーとは?;知識よりも、思考が重要;科学的なものの考え方とは?;疑う心を阻害するもの);
    上級編 科学と付き合うための3つの視点(社会の中に科学技術を見る;見えない科学技術に目を向ける—「見える」科学技術と「見えない」科学技術;理系だけにまかせない—「自調自考」型と「おまかせ」型)

  • サイエンスコミュニケーション トランスサイエンス はなぜ失敗するかがよくわかる本。

  • 事業仕分けの「一番じゃなきゃ駄目なんですか」発言に対しても、科学者は「技術立国日本として当たり前だ」というような姿勢ではなく、一般の人が分かるように説明する義務がある、というところは共感。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:404||U
    資料ID:51000547

    TV「世界一受けたい授業」「すイエんサー」にも出演し、科学を身近な存在としてとらえ、専門家やオタク以外にも手が届くよう科学を伝える仕事でがんばっている著者の一冊(共同利用機器室 山口先生)。

全26件中 1 - 10件を表示

科学との正しい付き合い方 (DIS+COVERサイエンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

科学との正しい付き合い方 (DIS+COVERサイエンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

科学との正しい付き合い方 (DIS+COVERサイエンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

科学との正しい付き合い方 (DIS+COVERサイエンス)の作品紹介

あたりまえを疑うことから、科学との付き合いははじまる。身のまわりにあふれている科学技術の種を拾うだけで、「新しい扉」が開かれ、あなたの毎日は変わることだろう。文系と理系の間に立ち、サイエンスコミュニケーターとして活躍してきた著者が、科学技術とのゆるいかかわり方、楽しみ方について語る。文系目線の、文系のための科学リテラシー本の決定版。

科学との正しい付き合い方 (DIS+COVERサイエンス)のKindle版

ツイートする