学習の作法

  • 68人登録
  • 3.62評価
    • (3)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 天流仁志
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2010年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887598034

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
J・モーティマー...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

学習の作法の感想・レビュー・書評

  • うわぁ!これ、長男に読んで欲しなぁ。

  • ≪目次≫
    はじめに
    序章   なぜいま、「学習の作法」なのか?
    第1章  基本作法「できるようにする」
    第2章  習得作法「できることをさらに繰り返す」
    第3章  未知の問題を解く作法①分析する
    第4章  未知の問題を解く作法②俯瞰する
    第5章  応用実践学習作法 シャドウティーチング
    第6章  あとがきにかえて 作法にそった学習のために

    ≪内容≫
    どちらかというと、難関中学や難関高校を受けようと考え、でも塾には行かずに何とかしたい人(特に保護者)を対象にしたものか?
    私的には、普通の高校に入ってやや苦手な科目がある生徒(力はあるのだが)が、自力で読みこんでほしいな考える。
    勉強に王道はなく、コツコツやるのだけど、かつてのように自力でいろいろ試行錯誤し、工夫の結果勉強法を編み出すことが、今の生徒にはできなくなっているので、こんな本が出てくる(決して非難するわけではなく)のだと思う。著者もこうした本のジャンルを「受験技術書」と呼んでいる。学習参考書に新たなジャンルが生まれているわけだ。

  • 今の大人はたぶん身につけているであろう作法を「ゆとり」教育下では、学習の仕方は塾でないと習えなかった。
    体系づけて、わかりやすく解説されているのがいい。
    中学受験・高校受験・大学受験に対応した内容。
    知っている人もあらためて読むと腑に落ちやすい。

  • うすうす気付いていたことがすっきりと説明されていた。秀才のやりましたと普通の公立校生のやりましたは違う。どこが?このことが繰り返し説明されている。参考書の紹介も役に立つ。

全6件中 1 - 6件を表示

学習の作法に関連するまとめ

学習の作法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

学習の作法はこんな本です

ツイートする