生きるための哲学 ニーチェ[超]入門

  • 177人登録
  • 3.36評価
    • (10)
    • (11)
    • (19)
    • (7)
    • (3)
  • 18レビュー
著者 : 白取春彦
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2010年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887598355

生きるための哲学 ニーチェ[超]入門の感想・レビュー・書評

  • ニーチェは、プロイセン(今のドイツ)で産まれた。 神を認めない考え方。 また、物事を遠近法で評価する。 また、もうひとつは、ニヒリズム(虚無主義)を推奨する。

  • アドラーの哲学をほんの少しだけ知って、読んでみたニーチェ。   読めない漢字や解らない単語で何度、調べたか(ノ∀`)  ただ当たり前に理解は出来なくてもw ほんの少しだけニーチェの思想?が理解できたようで哲学って面白い!って思わせてくれた1冊でした。

  • たまにはこういう哲学の本を読むのもいい刺激になります。入門と書いてあるので、わかりやすく書いてあるものと思いますが、それでも私にとっては難解でもっともっと読み込まないと頭の中で整理できないです。ただ、最後の章「生きるためのニーチェ」は比較的すんなり頭に入ってきて、非常に参考になります。

  • ”ニーチェ”に対する大まかなイメージを掴むことができた。かなり共感できる考えだった。哲学には、難しいイメージや怖さも感じていたが、ただ単に知らなかっただけであることがわかった。

  • これはわかりやすい。ニーチェの考えがかなり噛み砕いてあるから、入口としては読みやすい。フレーズとしても響くものも多いし、ニーチェは素晴らしい。

  • あまり哲学にふれたことの無い人でも読むことができると思う。
    内容も複雑ないいまわしは無く、難解な単語も無いので理解しやすい。
    変なビジネス書なんかよりよほどためになる内容だと感じる。

  • 分かりやすくて、すぐに読める本は良い子。ニヒリズムと言う言葉のイメージが変わった。後悔しない様に決断して生きて行こうと思った。好きな子に告白「できなかった」事を後悔していたが、今度からは告白「しない」ようにしよう。

  • ニーチェは受験勉強してる時から好きで読んでみたかった。
    導入としてこの本をとってみたが、とてもわかりやすくニーチェの言葉が紐解かれていました。

    今度はそのまんま翻訳されたものを読んで自分なりに解釈してみたい。

  • “超訳ニーチェの言葉”の著者が同年の後に出した本です。
    ニーチェの考え方がどんなものだったか。
    それが哲学用語をなるべく使わずに綴られています。
    更にニーチェの強さだけでなく、弱さも指摘されています。

  • たまに理論の繋がりが理解出来ない箇所はあったものの、もっとニーチェについて知りたいと思わせてくれた本。
    確かに、妄想ばかりしているわけにもいかない。現実を見据えて,自分に責任を持とう。本能を信じよう、と思う。
    但し、次回ニーチェは、同じ著者のものは避ける予定。

  •  ニーチェの人間認識の基本的考えは「遠近法」であるという。絵画の基本的な手法である遠近法が、人間の考え方や見方にもあるというのは興味深い。確かに、自分の関心のあること、直接利害のあることには近視眼的になり、そうではないことには距離感を置く。人によって考え方の「遠近法」が異なるから、価値判断も別のものになってくる。
     また、ニーチェは、現実に起こっていることを全て受け止め、肯定することを説く。この達観した考えを持てる人間が、彼の言う「超人」ということであろう。
     難解と言われるニーチェ哲学も、このシンプルな部分を押さえておけば、読み解くことができると感じた。

  • 哲学書を読んだことない人でもニーチェの考え方がどんなものだったか知ることができる。現代に生きる私たちの個々の観点についても納得のできる内容だった。現実を肯定し強く生きるべきだという考えにはとても賛同できた。
    哲学なんて難解でよく分からないって人に是非読んでほしい一冊。

  • 分かりやすく、そして重要な箇所はしっかりと、ニーチェの思考の軌跡を伝えてくれる。その卓越した筆跡は見事なものである。

  • こんなんニーチェが怒るぞ

    夏目漱石が超人を強そうな大男だと思ってたみたいなくだりで読む気が失せた

  • ベストセラー 『超訳ニーチェの言葉』の白鳥晴彦氏のニーチェの手軽な解説本。[超]入門とするだけあり、非常に短く読みやすい構成。

    前半104頁までは「真実のニーチェ」として、「超人」、「神の死」、「力への意志」などのニーチェが提示する概念の解説を行い、後半の約30頁で「生きるためのニーチェ」として人生訓的な内容をまとめている。

    ただ、やはりニーチェについて読むのであれば、もう少しずっしりしたものが読みたい。この本のターゲットユーザと少し合っていなかった模様。

全18件中 1 - 18件を表示

生きるための哲学 ニーチェ[超]入門を本棚に「読みたい」で登録しているひと

生きるための哲学 ニーチェ[超]入門を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

生きるための哲学 ニーチェ[超]入門を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

生きるための哲学 ニーチェ[超]入門の作品紹介

机上の空論あるいは単なる教養としての哲学ではなく、"生きるための哲学"としてのニーチェの思想を『超訳 ニーチェの言葉』の編著者が語る。

生きるための哲学 ニーチェ[超]入門のKindle版

ツイートする