食える数学

  • 380人登録
  • 3.45評価
    • (12)
    • (30)
    • (42)
    • (11)
    • (0)
  • 50レビュー
著者 : 神永正博
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2010年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887598492

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ジェームス W....
シーナ・アイエン...
デール カーネギ...
リチャード・ワイ...
マルコム・グラッ...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

食える数学の感想・レビュー・書評

  • 現役の大学教授が、現場の問題に数学を生かしていこう、というメッセージを発信していることに、まず勇気づけられた。

    全編を通じて「数学はこんなに実用的なんだよ」という内容で、自分が本書に期待していた、「どうすれば数学を使って食えるようになるのか」という点についてはあまり触れられていなかったのが残念。

  • 個人的には共感するばかりの内容でした。
    数学のいろんな意味の難しさ(学問的ではなく)も感じますね。

    自分が工学よりも理学系だ、ということを再確認しました。

  • 著者ではないのだけど、ゲラ段階から目を通させていただいた私にはまさしく「お待たせしました」な、一冊。これぞ、サイエンティストとエンジニア、そしてマスマティシャンとその卵達にとって最新処方にして最高の絶望に効くクスリ。

    だまされたと思って、本書に食いついて欲しい。

    あなたが失いかけた食いつく力を、あなたは取り戻すことができるだろう。

    あなたがそれで食えるかどうかなんて野暮なことは、きかない。

    食いついたあなたにそれが食えないわけがないのだから。


    本書「食える数学」は、数学者として「落ちこぼ」れ、そして工学者も「落ちこぼ」れた「ダルブドロップアウト」の著者が、それでも「それ」に食いついていくにはどうしたらよいかを、渾身の力をあごと歯にこめて書いた一冊。

    Masahiro Kaminaga's Weblog: 数学の本を書きました
    大学生の就職難。わたしにとっては、他人ごとではありません。
    いまでも覚えていますが、2006年は、5月の連休前までに6、7社の内定を取ってくる学生がいました。これが2010年になると、同じくらいの能力をもつ学生に1社も内定がない状態です。5月どころか、秋になっても。

    企業はすでに、新入社員をイチから教育するだけの余裕を失っています。面接官は、徹底的に学生の即戦力を見ているのです。「この学生は、何ができるのか?」と。

    このような状況において、大部分の大学には、もっと「本質的な」教育が求められているのではないでしょうか。学生が生きていくために。

    そう、食うために学ぶ。

    目次 - Masahiro Kaminaga's Weblog: 数学の本を書きましたより
    はじめに
    序章 数学の役立たず
    1 高慢と偏見
    大日本専門バカタイトルマッチ
    2 リクツをこねるな、ツクリたまえ!
    悲しい酒
    わがまま博士の大冒険
    第1章 役に立つ数学入門
    1 代数学・整数論
    因数分解についての素朴なギモン
    Suicaと改札の「ないしょばなし」
    インターネットでお買い物
    みんなが解けなきゃ怖くない
    RSA暗号
    電子署名
    間違いがわかるバーコード
    間違いを正すQRコード
    2 微分方程式
    Tsunamiの恐ろしさ
    非線形を見てみよう!
    孤独なランナー ソリトンの謎
    素晴らしきエンジニア魂
    3 フーリエ解析
    犬笛と楽器
    三角関数登場
    フーリエ解析でお宝さがし
    波がうまく測れない
    ウェーブレット
    4 確率論・統計学
    迷惑メールを見分けるには
    ベイズの定理
    ベイジアンフィルタ
    統計で野球に勝つ方法
    保険・年金をデザインする
    アクチュアリー試験とは
    第2章 どの数学が好きですか?
    1 絵にならない学問
    2 「数学」を定義する
    数学Ⅳ
    数学科数学
    3 数学の耐えられない重さ
    食えなくてもいいですか
    数学科数学のキモ
    その数学、厳密につき
    絶対的な正しさということ
    なんでもかんでも一般化
    4 This is IT.
    情報科学の理論≒数学
    日米共通のある事実
    5 限りなく数学らしい数学
    ご利益第二主義
    数学者の意見
    メモ―学習指導要領の主要部分―
    第3章 数学者ではない人のための数学
    1 「グラフ」という考え方
    It's a small world.
    人間関係が見えてしまう時代
    見えないシグナル
    ビジネス顕微鏡
    2 サバイバルナイフとしての数学
    文系こそ数学を!
    野生の問題
    3 教育の現場から―工学部の数学教育
    マセマティカをどう使うか
    講義はもっとおもしろくできる
    1 ゴールの設定
    2 体を動かす
    3 専門科目とのリンク
    おすすめ教科書
    終章 アカデミックスマート... 続きを読む

  • 社会で役に立つ数学、が主題だと思うんだけど、そこは今ひとつピンときませんでした。

    むしろ終章で自身の体験を踏まえて、興味本位でのめり込むと数学は面白い!という、社会では役に立ちそうもない話が面白かったです。

    おかげで「マイナス同士の掛け算はなんでプラスになるのか?」という疑問を解決してみようと色々調べて、結局数式で証明するのが一番しっくりくるんだなぁと納得しました。

  • 他の類書と同じような内容
    研究者が書いただけあり ちょっと専門的 で楽しさが少ない

  • suicaの仕組みとかー

    因数分解によるネットでのクレジットカードの決済の仕組みとかー

    バーコードの読み取りの式とかー

    日常の数学は面白いのだ。
    平易に書いてくれてるんで文系のあたしも読みやすい。数学に対する心構えとかも書いてくれてます。もうちょっと早く読んでれば人生変わったかも。こんなにダメじゃなかったかも。留年してなかったかも経済学部入ってたかも彼女が100人くらいできてたかもノーベル賞とってたかもこんちくしょうだコノヤロウ!




    離散数学をやってみようと思いました。楽しいかな??未知の数学をやりたくなります。



    ・・・と思ったら離散数学ってゲーム理論とかアルゴリズム的なものとか、整数論とかも含まれるのね。割と関わりが深い。体系立ててやったら面白いかしらー。

  • 神永先生の本は、いつも数学をわかりやすい形で伝えてくださいますね。
    この一冊も実にわかりやすく、我々の普段の生活等にいかに数学が役立っているかに始まり、いつの間にやら高度なオハナシになっていたり(それでいてわかりやすいのはキープしつつ)。
    付箋は17枚つきました。

  • 高等数学がどういったことに役に立つかを解説した良書。中高生に、ぜひ読んでもらったら数学に対する興味がわいてくると思う。自分も数学勉強しようかなと思うようになった。

  • 数学でいかに食っていくかに焦点をあてていると著者は述べているが、既に食っている人を紹介し、数学ってこんなもんですよねっていうことをまとめているにすぎない内容となってしまっている。
    しかし、文章は読みやすく、数学の本なのに数式はでてこない上に、例も具体的で面白い。
    理系だけではなく、主に文系の人に読んで欲しい。
    数学がどこで役立っており、数学を教わったのはなぜか?が少し分ってくる。

  • 「数学って何の役に立つの?」そう思っている中高生の方は多いと思います。この本では、数学が社会のなかで活用されている意外な実例を紹介しています。ちょっと内容が難しいと感じてしまうかもしれませんが、数学がいかに役立っているかがわかると思います。

  • タイトルに期待しちゃいけませんね。専門家ならではの、文系にはわからない鳥瞰視点は面白いけど、深い分析があるわけでなく、直ぐに使えるわけでもないので中途半端かな。

  • 工学部で数学を教える数学者が、数学の実用性について、悩み、考えた事を書いた本。
    「数学なんて将来何の役にたつのか?」という子どもからのキラークエスチョンへの答を期待したが、流石に安直なキラーアンサーは記されてはいなかった。(数学全般におけるキラー回答はないが、「因数分解の実用性」については、良い答が明かされている。 )
    文系人間にとって、大学の数学なんぞ神の領域に近いのだか、工学部で必要な数学と数学部の数学は違うというのが、何かわかる気がした。ギリシャの神様とローマの神様ぐらいは違うという事らしい。

  • 数学って何の役に立つの?と誰しもが一度は考えたことがあるだろう。この問いに対して真剣に答えようとしているのがこの本である。役に立つのか?という問いの裏に隠れているのは、それを使って食べていけるの?ということ。自分の糧にならなければ、意味がないよねと考えるのはごく自然の考え方であり、数学がこの問いに対して答えが見えにくい学問であることは一理あるだろう。本書では、数学が作り上げてきたものがどのように現代社会に応用されているのかを挙げていくところから始まり、数学という学問がかかえる苦悩(多くの人にとって分かりにくいなど)をもう一度考えていくことで、一人一人が数学に対してどうつきあっていったほうがよいのかについて、かなり真剣に検討されている。数学に興味はあるが敷居が高すぎると感じている人は多いと思うが、そんな人にこそ本書はぜひ読んでほしいと思う。

  • 高校生の時に出会いたかった本。
    と思ったが、著者は私より2歳年上。本書の出版は2010年だから、考えるだけムダか…

    高校生のときにこの本に会っていたら、数学科へは進まなかっただろうなぁと思う。
    「数学科数学は証明こそがその本体」とあるように(P.122)よくわからない証明ばかりをやっていた。
    εδ(イプシロンデルタ)論法なんて、まさしく挫折したそのひとり。

    もしかしたら工学科へすすんで、別の人生だったのかも。

    ただ。
    プログラマ時代に先輩、「数学科で学んだことは、世の中ではなにも役立たないかもしれないが、『A=B、B=C、だからA=C』と論理的に考える力は大いに役立つよ」と言われたことを思い出した。

    この本は、バーコードやSuicaなど身近なものを数学で説明しているのもおもしろい。
    そうそう、公開鍵と秘密鍵は楽しいプログラムだったわぁ

  • 非常にライトで読みやすい。が、「で?」っていう感じ。読めばちょっと数字勉強してみようかな、という気になりそうだが、既にそう思ってた自分には…。まぁ面白かったけどね。

  • 数学Ⅳ
     微分積分学(一変数、多変数、ベクトル解析)
     線形代数学
     複素関数論
     常微分方程式の開放
     フーリエ解析(ラプラス変換、z変換)、
     確率論
     統計学(推測統計学)
     偏微分方程式
     代数学
     整数論
     グラフ理論

    マセマティカ

    これなら分かる応用数学教室

    線形代数学
    微分積分学
    複素関数論
    フーリエ解析
    位相空間論
    代数的位相幾何学

    工科の数学ー線形代数・ベクトル解析(培風館)

  • 私はものすごい文系だけど、読んでておもしろかった。
    バーコードとか暗号とかクマさんとか、数学嫌いな人のことをとっても意識して書かれてる。
    訳注があげあしとられないようにことこまかに書いてあって、人間性が見られておもしろかった。

  • 第1章は実際の世の中で数学が役に立っている分野が紹介されている.整数論と暗号,微分方程式と津波の解析,フーリエ解析と地中の構造の分析,確率論とベイジアンフィルター.数式に頼らずにさらりとうまく説明してある.
    第2章以降はちょっとどういった読者を対象としているのかちょっと分からない話になる.工学部での数学教育の話しになったり,高校生に先取り学習を勧めたり.すこしまとまりがないように感じた.個々には興味深い話しはあるのだけど..
    p.192に「高校の内容を骨の髄まで理解していれば計算技術としては十分だ」と書いてあるが,これはどうかな.工学部の多くの大学生のレベル的目標がこれだとするとちょっとまずいんじゃないか.中堅エンジニアのレベルが将来大きく劣化するのではないかと思ってしまう.日々学生と向き合っての本音の感想なのだろうが,こういうのは心では思っていても書いてほしくはないと私は思う.
    いろいろ書いたが,3,4時間もあれば読めてしまう数学の本を書く著者の能力には感心した.

  • 好奇心があれば、どんなことでも飯の種になるという本。ただ、理想と現実との折り合いをつけることは必要なのよね。象牙の塔じゃなくて、市井にいながら輝くエリートを目指すための示唆に富んだ本。

  • 整数論を使った暗号、
    微分方程式を使った津波解析、
    確率・統計学を使ったスパムフィルタ、
    グラフ理論を使ったソーシャルネットワーク分析など。

  • 数学の自慢話の本です。w

    数学はいろんな分野で使われているんだってことを
    これでもか!!
    って教えてくれます。

  • 確率・統計。離散数学。

  • 現代社会で使われてる数学とそのしくみの話。
    たとえがかわいかったです。
    こまかい単語とか高校数学さっぱりぽん。な自分にはむつかしい。
    ほんでも駅の自動改札機でピッの瞬間になされるやりとりの仕組みとか、わかった(正確にはわかったつもりになった)よ!

  • 現代社会に不可欠な技術に数学が使われている事例を多く紹介し、数学の知識をみにつけることが役に立つことを例証している。ただし表面的な紹介だけで数学の中身の説明はほとんどない。したがって難易度は低く、おもしろい数学の話が読めると期待していて読むと期待はずれの感もある。
    また数学が得意な高校生で余裕のある人達が大学生向けの数学を学ぶ時には、純粋数学の専門書よりは工学系の応用的なテキストを使うことを薦めている。これは数学の専門書が概念や証明の厳密性にこだわっており、多くの初学者には何のためにそんなことをしているか分からないからであろうが、個人的にはあまり賛同できない。工学系のテキストならば、その気になれば老けた後でも読めるからである。やっぱりなんでも基礎が大事じゃないないかしら。

全50件中 1 - 25件を表示

食える数学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

食える数学の作品紹介

数学は、実学だ。その数学で、何ができるか?-いま必要なのは、ロマンや教養ではない。大学→企業→大学という経路で生きてきた著者が考える「食える数学」とは?数学をいかに役立て、数学でいかに食っていくかに焦点をあてて書かれた一冊。

ツイートする