ネイティブは見た!ヘンな英語

  • 43人登録
  • 3.15評価
    • (0)
    • (5)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2011年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887598881

ネイティブは見た!ヘンな英語の感想・レビュー・書評

  • ネイティブの人向けに英語で書いてあれば面白い本なのだろうなという感じです。

    正しい言い方を真面目に解説するというより、
    悪ノリ的なカンジの解説なので、少し嫌悪感を抱く可能性もありますが、逆におかしな日本語や説明の看板を海外で見かけても、
    同じ様な気分になるので、おあいこといったところでしょうか。

    そういうワケで薄いページ数にもかかわらず、途中で辟易してくるところも。(単純なスペルミスは揚げ足とり)
    ただし語学本として学べることも多々あります。

    海外や、外国人との商談で少し間違った日本語をみても、取るに足らない小さな間違いなのだと、広い心で対応するよう、自己への気づきを再度与えてくれました。

  • ツタヤでジャケ買いした本。
    単純なスペルミスから、日本人ならではの奥ゆかしい(回りくどくてわかりにくい)表現まで、いろんなヘンな英語を集めてある。
    添削もあるのでなるほどねえ、と勉強になるところも。

  • とても面白かった。
    都心部特定地域には確かに英語ネイティブもしくは外国人の居住者が目立つようになっているが、たくさんの表示に英語が併記されていて、またその作成に苦心・苦闘されていることに気付かされた。
    十分な確認をしていないことによるスペルミスは笑って流すしかないが、なかには細部にこだわり過ぎたために本当に伝えたいことを伝わりにくくしてしまっているように感じられる事例もあり、自分自身気をつけなければいけないと思った。

  • 和図書 830.4/W55
    資料ID 2010200741

  • 「日本語でどづぞ」へのアンサーブック的な存在でしょうか。
    街中に溢れる"Engrish"満載です。
    おもしろいけど、解説がちょっとくどくて途中で疲れてしまいました。
    でもこういう本は好きデス。

  • [図書館]
    読了:2011/2/5

    "solt" → 「しオ?」(正しくは "salt")

    なんだよそれつまんねー。
    と、日本人は思ってしまうけれど、英語ネイティブの人から見たらたいへん滑稽なのだろうな。

    逆(日本語ネイティブが見た、ヘンな日本語)を考えてみる。

    真面目な案内地図の入口のところに「人口」と書いてあったり、「7才」が「7オ」になっていたり、「ロビンソン」が「ロビソソソ」になっていたりしたら、日本人には滑稽だろうが、それを書いた外国人にとっては、「何だそんなの!似たようなもんだ!読めば分かるだろう?大した違いじゃない!揚げ足取りじゃないか!」という感覚かも知れない。

    異国に8年住んでいようとも、文化や意識の差が埋めがたいということがよく分かる本。

全8件中 1 - 8件を表示

ネイティブは見た!ヘンな英語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ネイティブは見た!ヘンな英語を本棚に「積読」で登録しているひと

ネイティブは見た!ヘンな英語の作品紹介

在日アメリカ人ライターが集めた、街でお店で公園で…ニッポンに溢れる爆笑、苦笑、???の英語表示100。

ネイティブは見た!ヘンな英語はこんな本です

ツイートする