ウィキリークスからフェイスブック革命まで 逆パノプティコン社会の到来 (ディスカヴァー携書)

  • 223人登録
  • 3.45評価
    • (8)
    • (22)
    • (30)
    • (6)
    • (1)
  • 37レビュー
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2011年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887598980

ウィキリークスからフェイスブック革命まで 逆パノプティコン社会の到来 (ディスカヴァー携書)の感想・レビュー・書評

  • ウィキリークスの成立から発展、果たした社会的意義についてから、SNSが後押しした2011年代のジャスミン革命を始めとする中東の民主革命まで読みやすくまとめらえている。ポイントとしては、ウィキリークスもSNSも透明化・共有化が大きな役割であり、ジャーナリズムとの連携によって効果を発揮する。おそらく日本で忘れられつつあるウィキリークスは、今の日本社会を見詰め直す上で一つのヒントになるのではないかと思う。

  • パノプティコン、聞き慣れない言葉だけども、フランス哲学者フーコー著『監獄の誕生』に処罰、監獄はどのようにして生まれたかについて一つの概念を提示する。「パノプティコン(panopticon)」日本語で「全展望監視システム」と訳される。
    元々は18世紀イギリスの思想家ジェレミー・ベンサムって人が考案した概念で、監獄をより効率的に、そして受刑者の社会復帰をしやすくするために辿り着いた設計案。

    設計図としては、監獄の真ん中に看守塔が立つ。そしてその看守塔を囲む形で円形の独房があり、そこに囚人を収監する。

    それの、逆。
    そして、そこに政府と市民をそれぞれ当てはめて、ソーシャルネット時代を論じて行く一冊。

    ウィキリークス、フェイスブックを軸に進んでゆくのだが、チュニジアのジャスミン革命、エジプトのフェイスブック革命、一国の腐敗した長期政権を転覆させるのに大きな役割を果たしたソーシャルネット。
    フェイスブックの仮想社会を一つの国と捉えると、国民(ユーザー)人口は、世界に三位に登ると。

    新たなメディアの一つとして、ジャーナリズムとの共存共栄はどのようになってゆくのか、アジェンダ設定機能、ゲートキーピング機能をどのようにしてゆくのか。

    読み進むほどに、ネット社会の超国家性の法の未整備に恐怖を覚える。

    しかし、アマゾンがウィキリークスに対し、サービス利用停止をした理由が米国政府の一権力者の圧力によるものだとすると、ネット社会は公共の公園のような場所ではなく、私設の施設みたいなものだよな。

  • 国家や大企業などの権威が、インターネットを手にした一般人から監視されてしまう有り様を、「逆パノプティコン社会」と称しているが、この喩はあまりしっくりこない。それはさておき、本書は、ウィキキークスがメインテーマであり、このメディア(?)の成り立ちや旧来メディアとの違いを説明し、それが今後の社会や体制に与えるインパクトを解いている。ウィキリークス自体が善か悪かという判断は避けているが、これが世論を賑わせつつも成功している理由については、きちんと解説されている。最後のほうで、FacebookのようなSNSにも触れていて、2011年のエジプトやチュニジアの民主化運動で、SNSが果たした役割について書かれてはいるものの、ウィキリークスに比すると割いている頁は少ない。どちらかというと、ウィキリークスよりもSNSをして、「逆パノプティコン」的な感じがするので、少々消化不良である。

  • 逆パノプティコンの意味は分かったけど、例がウィキリークスに偏りすぎているようで少し残念。ウィキリークス以外だと最後のほうでジャスミン革命等の話が少し出るだけ。それなりに楽しんだけど、読み返すことはなさそう。

  • ミシェル・フーコーの「監獄の誕生」
     Panopticon;全展望監視システム
      18世紀にジェレミー・ベンサムが考案した概念

  • ウィキーリークスについては興味深い。
    アラブでの政変は本当にSNSが引き金になったとは考えにくい。あれはただのツールだった。そこまでSNSにパワーはない。Facebook革命とか言うのは、おかしい。

  • インターネットが政治をどう変えるのか。国家は監視する側から監視される側の立場へ。外交のあり方がどのように変わっていくのか。ウィキリークスとFacebookが世界の平和に与える影響がわかりやすくまとまっている好著。

  • ウィキリークスやフェイスブックの市民革命的側面というか歴史的意義というか、そういうものを考えさせてくれる

  • パノプティコンとは、監獄の真ん中に看守塔、それを囲む形で円形の独房があり、看守塔から独房を監視する。逆パノプティコンは政府が看守塔にいて、独房の市民が政府を監視すること。
    フェイスブックやウィキリークス等により、逆パノプティコン的な世界がひろがっている。
    印象に残ったのは、フェイスブックでのデモで成功したのは、背後に特定の政党やカリスマリーダーがいなかったことが大きいそうです。特定の目的だけでプロジェクトみたいに行動していくことが、今後増えていきそうな気がしています。

  •  ジョン・キムこと金正勲さん日本語での初めての単著が本書。
     本書は、外交公電の大量公開で注目を浴びた「ウィキリークス」に見られる「情報」を媒介に国家と市民の力関係を、思想と現実の文脈から読み解くもので、類書のなかで群を抜く一冊だ。
     「ツイッター」「フェイスブック」をはじめとするソーシャルメディアを媒介とする情報共有の動きがどのように世界を動かすのか--。アラブの春とウィキリークスの衝撃は、情報革新による新しい可能性を見せつけてくれた。
     権力が民衆を支配する。この事実は否定できない。しかし民衆が権力を監視することも可能であろう。筆者は、象徴的な「パノプティコン」の眼差しを逆さまにしてくれる。
     「パノプティコン」(一望監視施設)とは、イギリスの思想家ジェレミー・ベンサムが発案した監獄のモデルのこと。監視塔の周囲に監獄をめぐらし監視を一望するシステムで、ミシェル・フーコーが名著『監獄の誕生』で権力が民衆を支配する仕組みの象徴として紹介したことで有名だ。円環状の建物(監獄)の中央に監視塔を配置する。監視者の姿は見えないように設計されているのが特徴的で、仮に塔が無人であっても、囚人たちは常に監視されている可能性を感じつつ生活せざるを得なくなる。目に見えない監視によって監視される者は、内面から自身を縛っていく構図を、フーコーは近現代の規格化された社会全体として論じている。
     本書で著者は、ネットを舞台に現在進行している状況をパノプティコンの反対、つまり市民が権力を普段に監視する構図としてとらえている。ネットメディアが権力に対抗しながら情報を不断に監視する逆転の構造だ。
     著者はウィキリークスに連携した欧米のメディアやジャーナリズムの役割を評価し、「情報を分析、検証、説明する能力を有するマスメディアの価値はさらに高まる」と指摘しているし、日本のメディア界の動向に関しても好意的に評価している。
     従来、メディアは国家と民衆の中間に位置し、「中立性」をその特徴と「称した」。しかし実際のところ「中立性」などは存在しないし、メディアに要請される中立性とは、その本質が民衆の権利を守るという立場でならなければならないはずだろう。日本では「リーク」とは、何等かの「秘密を暴露する」というスキャンダラスな受容がその殆どだ。しかし、その根柢には、国家や共同体といった枠組みを超えた、人間そのものを保障するという眼差しが存在することを本書は想起させてくれる。
     全体として未来へのスケッチとしては秀逸なものの、評者は、震災以降、実際には逆パノプティコンとして機能した日本のメディアの動向を全否定することはできないものの、恣意性や権力との癒着構造、また反権力ならば何をやってもいいというスタイルや受け手のネットリテラシーの問題を勘案すると楽天的に受け止めることには躊躇してしまう。

  • 噂のウィキリークスについてその思想と背景。嘘も方便。知らぬが仏。全て徹底的に明らかにすることがそのデメリットを補ってあまりあるものかどうか。ソーシャルメディアは従来のメディアの概念を根底から変えてしまったのかもしれません。

  • パノプティコンの話は巻頭だけ。オーウェル『1984』の話は巻末数行だけ。主にウィキリークスの簡単なまとめ。中盤は前半の繰り返しで中だるみ。こういう内容って紙の本じゃなくて電子書籍書籍のほうがいいですね。どこかで読んだような内容の割りに値段が高い。ウィキリークスのことよく知らなかった人にはいいのかも。

  • 政府が市民に監視される状態を「逆パノプティコン」と呼び、「ウィキリークスやフェイスブック革命の分析を通して、この「逆パノプティコン社会の到来」について論じる」(P.12)という本。

    先に『全貌ウィキリークス』の方を読んでいたため、前半のウィキリークスの部分には余り新鮮味がなかった。フェイスブックの下りもリアルタイムで得ていた情報と大きく変わるところはない。

    期待をしていたのは実はそういった事実の解説ではなく、「逆パノプティコン」という概念を発展させて、この先どういった社会が到来して課題はどこにあるかという社会科学的な分析の方である。ウィキリークスしかり、エジプトやチュニジアの今後にしても、今のアメリカでのデモにしても、いいことだけではなく、マイナスの点も多いのは明らか。市民の手で横暴な政府を監視することができるようになった幸福な世界が到来したという図式でまとめるのは無邪気にすぎるのでは。
    またフーコーが『監獄の誕生』で言及した「パノプティコン」から着想した「逆パノプティコン」という概念をもっと発展させてほしかった。それは新書では難しいのか。
    フーコーがパノプティコンを持ち出したのは、政府による監視というよりも、市民自ら内なる監視者により監視させる規律(ディシプリン)について論じるための仕組みであり、そこから論を広げることも期待をしていた。

    また副題に「ハーバード講義」と付けているが、このテキストを元にハーバードで講義をしたわけではないのでやるべきではないと思う。

    通信分野での論客の一人で期待していただけに、やや残念。

  • タイトルがやや浮いているか。

    「インターネットというのは、公共の公園ではなくて、ショッピングモールのようなところ」

    ウィキリークスやフェイスブック革命に対する理解が深まった。

  • ウィキリークス(フェイスブック革命)の「今」を知ることができる。
    ウィキリークスが開いた透明化の流れは、もはや止めようがない。
    一方で、透明化されていない情報こそを生業にしているウィキリークス。
    ウィキリークス(フェイスブック革命)の現状と今後について記載された書。

  • 今をときめく、ジョン・キムさんの本、かつ「逆パノプティコン」というネーミングに惹かれ、ついポチった一冊。

    ウィキリークス、チュニジアを始めとする中東社会で起こりつつある民主化の波についてニュース等でぼんやりしかわかってなかったことの中身について、理解する助けになりました。

    またジャーナリズムの在り方、あるべき姿というのを垣間みた気がします。それからすると、大分、日本のマスコミはかけ離れているなと。日本のマスコミが飽きられてしまう理由もクリアになりました。

  • どちらかというとWikileaks紹介とTwitter、Facebook革命紹介本。タイトルがオーバーだけど。。。

    Wikileaksやソーシャルメディアの可能性と問題点を手っ取り早く知るにはいい。

  • 明確な正義はなく、分かりやすい悪もない。正義に見える存在も、矛盾を抱えていて、そのために自身にジレンマを感じている。
    ジレンマを感じている自身をがんばって隠して、矛盾を指摘されることにひびって存在している。
    国家も、企業も、組織も個人も。
    ウィキリークスはそのジレンマを上手に利用して、矛盾を明るみにする。
    そして、そのウィキリークス自身も矛盾を抱えているようだ。

    私もそうだ。ウィキリークスでリークされるような存在ではないけど、普段から自分の矛盾を意識できているだろうか。
    ジレンマと上手く付き合っているだろうか。自分が自分をリークする時、言い訳せずにいられるか。または言い訳が準備できているか。

  • 名前負け。まあ、世界におけるウィキリークス、SNSの社会的存在感を感じ取るにはなかなかよくまとまっている本だとは思う。

  • 慶応大学准教授でキャスターなどもされている(らしい。知りませんでした)ジョン・キムさんの本。

    真ん中に監視塔があり、それを円で囲むように監獄があった場合、塔の中が見えないと看守がゼロでも脱獄が出来ないシステム。それがパノプティコンで、1984でジョージ・オーウェルがビッグブラザーとした超管理社会の形でもある。タイトルに「逆」とつくのは、Webの進化によって、今や監視塔はガラス張りになり、「逆」に360度から監視されるようになったという考え。その代表例として、ウィキリークスとジャスミン革命を提示。

    今まではもれない事を前提にしていた外交活動が、ウィキリークス以後では、漏れる事を前提にする必要がある。

    ウィキリークスは、企業や政府に完全なる情報公開を求める一方、自身の組織運営等においては秘密主義的な傾向が強いパラドックスを内包する。

    情報の透明性に重点を置くのか、信頼性に置くのかでジャーナリストの判断基準は変わる。

    公益性を主権国家で考えるか、グローバルで考えるかで解が異なる。

    アマゾンのサーバセンターが政府からの圧力によりウィキリークスを排除したように、Webは公的なようで私的な空間である。
    つまりクラウドに中立性は実は無いのかもしれない。

    また技術やデバイスはユニバーサルになっていくにもかかわらず、制度は未だローカルにとどまっている。
    それらは仮想的な公共圏を生みだし、その事により体制のマスに対する検閲は困難になる。

    等が興味深い部分。
    とくに法律家含めたこれまでの社会ルールがローカルなことが、ユニバーサルを志向するテクノロジーでは機能しなくなっている部分の変化は今後ますます進むのだろうなと思う。

    読んで連想したのが米GrouponのIPO。個人的には比較的オープンに道義的には悪いことが進んでいるように感じるのだが、これは「オープンになった先では、オープンなことこそ重要で、その中での善悪はテクニックの問題になる。(なぜならオープンだから)」というような事が起こるのだろうか。

  • この本が描いている現在や未来は、攻殻機動隊のスタンドアローンコンプレックスな世界と重なる。

  • ウィキリークスの実情はとても分かりやすいし読みやすかった。なるほどアサンジュは途中で戦略転換したのか。結果それが裏目に出たのかもしれん。後半のfacebookの話はなんかグダグダしてて無くてもよかった。

  • 新しい問題。情報公開と機密情報のグレーな住み分け。倫理的にずっと提起されつづけるだろう。私は機密は機密で大事だと思う方だが・・・ だが大事な裏情報は知るべき人は知るべきだ。

  • 最後の30ページのみが主題。その他はウィキリークスやチュニジア・エジプトの革命のレビュー。そのため、内容が非常に薄い。レビューメインで考えるとまあまあなのかもしれないが。<br />これを機会に情報の透明性の有り様を考え直してみるべきか。

  • ウィキリークス、Facebookなどのタイムリーなキーワードを日常で目にしても、どんな点が新しく革命的なのかがわからなかった。本書を読んで、ソーシャルメディアの理解が深まった。流れは止められないことも。

全37件中 1 - 25件を表示

ウィキリークスからフェイスブック革命まで 逆パノプティコン社会の到来 (ディスカヴァー携書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウィキリークスからフェイスブック革命まで 逆パノプティコン社会の到来 (ディスカヴァー携書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウィキリークスからフェイスブック革命まで 逆パノプティコン社会の到来 (ディスカヴァー携書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ウィキリークスからフェイスブック革命まで 逆パノプティコン社会の到来 (ディスカヴァー携書)の作品紹介

「パノプティコン」という言葉をご存じだろうか?日本語では「全展望監視システム」と訳されている。18世紀、ベンサムによって考案された監獄の設計案だ。ウィキリークスやフェイスブック革命による一連の騒動を見て、このパノプティコンを思い出す。ただ、構図は逆だ。看守塔にいるのは政府ではなく市民なのである。あのジョージ・オーウェルが小説『1984』において危惧していたのは、「ビッグブラザー」としての政府によって、市民の一挙手一投足が監視される未来社会だったが、ウィキリークスやフェイスブックの登場は、政府活動の陰の部分を含めたあらゆる情報を明らかにし、勇気ある市民が声を結集し、命をかけた政治行動を起こすための強力な武器を市民に与えた。看守塔にいるのは市民であり、監視されるのは政府であるという「逆パノプティコン社会」の到来だ。本書では、ウィキリークスやフェイスブック革命の分析を通じて、この「逆パノプティコン社会」の到来について論じることにする。

ウィキリークスからフェイスブック革命まで 逆パノプティコン社会の到来 (ディスカヴァー携書)はこんな本です

ツイートする