ターナー NBS-J (ニューベーシック・シリーズ)

  • 49人登録
  • 3.65評価
    • (5)
    • (3)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
  • タッシェン・ジャパン (2002年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887831544

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アゴタ クリスト...
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

ターナー NBS-J (ニューベーシック・シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 色々な絵が載っていておもしろい。説明文が訳文だからか、とても読みにくい。
    2014/1/3

  • 私はどうしてか自分でもわからないのですけど、ターナーの絵にすごく惹かれます。ターナーの絵を見ると、吸い込まれるような気がして、じっと見入ってしまうんです。どこが好きかと聞かれても、うまく答えられないのですけれども…(続く)
    http://yaplog.jp/gin-nyan/archive/1642

  • J.M.W.ターナーの絵を記した研究本。光の魔術師といわれた彼の絵に触れたのは、小学校の頃の彼の作品展を見に行ったのがきっかけだった。光がさした海を一艘の船がこちらへ向かってくる絵で、それを食い入るように見つめていた。それまで水彩画を習っていたが、本格的に油絵に移行したのは彼の作品を見たからといってもよいくらい影響を与えてくれた人だ。
     本作品はターナーの絵画に対するアプローチを研究したもの。意外にも後期は光を表現した油絵が多いものの、前期はデッサンや抽象画的なものが多い。特に、カラービギニングに至ってはロスコの絵にも似た色のグラデーションで、ターナーの作品であることにびっくりした。温かみのある光の絵、また美術館に行きたくなる。

  • 一番好きな風景画家です

  • イギリスの画家、ターナーの作品集。
    一昨年の12月、ロンドンのテート・ブリテンで初めて作品を見て好きになった。
    ホントはポスターでも買って部屋に飾りたいんだけど、取りあえずこれで我慢。

  • グラデーションがきれい。好きな画家の一人。

全7件中 1 - 7件を表示

ターナー NBS-J (ニューベーシック・シリーズ)に関連する談話室の質問

ターナー NBS-J (ニューベーシック・シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ターナー NBS-J (ニューベーシック・シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ターナー NBS-J (ニューベーシック・シリーズ)はこんな本です

ツイートする