エッシャー: グラフィックワーク NBS-J (ニューベーシック・アート・シリーズ)

  • 142人登録
  • 3.79評価
    • (24)
    • (12)
    • (38)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
  • タッシェン・ジャパン (2004年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (76ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887832633

エッシャー: グラフィックワーク NBS-J (ニューベーシック・アート・シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 背中に赤色シールを貼った図書のコーナーに並んでいます。

  • 我ながら、画集まで買うほどだとは思っていなかったのだけれど、エッシャーの絵は好きだ

    おそらく誰もが何処かで一度は目にしたことのある、無限階段や、流れ落ちた滝の水が流れて行くと最初の滝に戻ってくるといった作品でも有名な画家・エッシャーの画集。

    前出の作品はもちろん、自画像やただの街並みもエッシャーの手にかかると一風変わったものになる。

    発表時期やエッシャー自身による解説も掲載されており、エッシャーの世界に触れるには最適の一冊だろう。

  •  流れ続ける水路の絵で有名な、エッシャーの画集。テーマごとに作品が分けられていて、解説が理解しやすかったです。だまし絵的なことだけでなく、発散や収束、フラクタルなんかも取り入れていて、とても数学が好きだったんだなぁと思いました。
     どれも面白かったですが、「Rippled surface」や「House of stairs」、不可能な建物シリーズが特に気に入りました。このシリーズは値段の割に多くの作品と解説が載っていて良いと思うのですが、廃版になっていて残念に思います。

  • あまりにもスゴすぎて目が回ります!

  • この画集のシリーズは安くて(!)、いい絵が載っていて、画家の種類も多くて、結構色とかもよくてすばらしいと思う。
    マティスを持っていて、エッシャーを友達にプレゼントして、ボスが欲しい、というのが今の状況です。

  • 見てるとちょっと酔いそうになるけど好きです。建物がありえなさすぎて面白い。

  • 091227 with エッシャー on サンデーモーニング
    graphics だまし絵:循環水の遡上落水

  • 見ればみるほど・・・見ればみるほど・・・ エッシャーってスゴイ!!

  • ごめんなさい、これじゃないです!
    読んだのが見つからなかったので。

    M.C.ESCHER『エッシャー展』という本。
    『昼と夜』が黄色印刷で表紙になってます。
    上智図書館で借りました。

    エッシャー展カタログ 1981年
    監修       瀬木慎一
    編集・制作・発行 (株)アート・ライフ


    素敵すぎた!きゅんきゅん!手元に置いておきたい!
    エッシャーのだまし絵がたくさん載ってる本なんですが、
    何時間でも眺めてられる感じ。
    エッシャー展行きたい・・・!!!
    有名な『上りと下り』などももちろんいいですが、
    個人的に一番好きなのは、『爬虫類』!

  • エッシャーの絵は、どれをとっても飽きないしキリがないし、やめられない止まらない(笑)
    朝と夜のが特にお気に入りです。

  • 「下ったり上がったり」で有名なエッシャーの作品集。僕は小学校一年生の時に図工の成績が1だったけど、この人のデザインは好き。3次元を2次元に押し込むからどうしても矛盾がでる。そこを見るのが楽しい。小説もそうですね。

全11件中 1 - 11件を表示

エッシャー: グラフィックワーク NBS-J (ニューベーシック・アート・シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エッシャー: グラフィックワーク NBS-J (ニューベーシック・アート・シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エッシャー: グラフィックワーク NBS-J (ニューベーシック・アート・シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

エッシャー: グラフィックワーク NBS-J (ニューベーシック・アート・シリーズ)はこんな本です

ツイートする