象徴主義 NBS-J (ニュー・ベーシック・ジャンル・シリーズ)

  • 14人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • タッシェン・ジャパン (2010年10月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887833999

象徴主義 NBS-J (ニュー・ベーシック・ジャンル・シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 象徴派?というような画家まで挙げられており、期待していたものとは若干違った。また、文章がまどろっこしく、画集として量・質ともに微妙。
    しかし、知らない画家を知ることができた点で、読んでみて良かったと思う。

  • あまり論理的な文章ではなかったので、そういう点では少し読みにくかった。そして、象徴主義をかなり広義に解釈しているような印象があるからなのか、象徴主義って一体何なのだろう、という原点に立ち返っての疑問がわいてくる。ラファエル前派も象徴主義に含めて考えているようだし。私の勉強不足からか、私にはそういう観点は無かった。「象徴主義的な」ということになれば、1900年前後の時期を飛び越えて、様々な時代に「象徴主義」というものは存在するのではないか、という話になってくる。どこまで含めて考えるのか、は難しい問題だ。一つ発見したのは、象徴主義的なモチーフなどを、私がそれと知らないうちに好んでいたということだ。

全3件中 1 - 3件を表示

象徴主義 NBS-J (ニュー・ベーシック・ジャンル・シリーズ)を本棚に登録しているひと

象徴主義 NBS-J (ニュー・ベーシック・ジャンル・シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

象徴主義 NBS-J (ニュー・ベーシック・ジャンル・シリーズ)はこんな本です

ツイートする