科学哲学者 柏木達彦の秋物語―事実・対象・言葉をめぐる四つの話、の巻

  • 16人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 冨田恭彦
  • ナカニシヤ出版 (1998年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784888484176

科学哲学者 柏木達彦の秋物語―事実・対象・言葉をめぐる四つの話、の巻の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前半3つの話もおもしろいですが、最後のアトランティスの話から理論負荷性へ話をつないでいくところは思わず納得してしましいます。

  • もう一度読み直してからレビューは書きます。

  • ものごとをじっくり考えるって、できそうでなかなかできません。
    たっぷり時間のある学生時代だからこそ、ちょっとテツガクしてみませんか?

    柏木教授が学生たちに解説するスタイルで、現代哲学について分かりやすく話してくれます。キャンパスのどこか一角で、こんな光景があるかも?!
    この「柏木達彦」シリーズ、他に春、夏、冬、番外編などがあります。

    九州大学スタッフ

全3件中 1 - 3件を表示

冨田恭彦の作品一覧

冨田恭彦の作品ランキング・新刊情報

科学哲学者 柏木達彦の秋物語―事実・対象・言葉をめぐる四つの話、の巻を本棚に「読みたい」で登録しているひと

科学哲学者 柏木達彦の秋物語―事実・対象・言葉をめぐる四つの話、の巻を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

科学哲学者 柏木達彦の秋物語―事実・対象・言葉をめぐる四つの話、の巻はこんな本です

ツイートする