音の世界の心理学

  • 39人登録
  • 3.22評価
    • (0)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 重野純
  • ナカニシヤ出版 (2003年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784888488051

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

音の世界の心理学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資料番号:010554343
    請求記号:141.2シ

  • 音というのは、けっこう難しい概念だ。
    まず、宇宙では音は鳴らない。空気がないからだ。つまり、物理的な問題がある。
    次に、空気があっても、耳が聞こえない人には音は聞こえない。つまり、生物学的な問題でもある。
    さらに、耳が聞こえる人でも、寝ていたら聞こえないし、他のことに集中していても聞こえない。つまり、知覚や心理学的な問題でもある。

    本書は以上の3つの観点から音と心理についての関係を分析した研究書。

  • あああああ小難しいことがメモとして抜粋してあるううう。とりあえず、あの、そのへんは本文でもう使えたので再読はなしの方向で。音の世界って理数系だよなあ。(それ言ったら色もですが)

  • 一応自分の専門ということで。
    まだ全然読み終わってません(死)

全4件中 1 - 4件を表示

音の世界の心理学の作品紹介

本書は音の世界についての入門レベルの概説書であるが、音の世界の中で私たち人間がどのように感じ、認知し、行動するのかということを、心理学の観点から詳しく述べたものである。

音の世界の心理学はこんな本です

音の世界の心理学の単行本

ツイートする