キャリアの心理学―働く人の理解「発達理論と支援への展望」

  • 25人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 渡辺三枝子
  • ナカニシヤ出版 (2003年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784888488129

キャリアの心理学―働く人の理解「発達理論と支援への展望」の感想・レビュー・書評

  •  大学院の講義の関係で読んだ本。正直、けっこう難しかった。もう少し時間をかけて、ゆっくり読みたかった。
     8人の著名なキャリア・カウンセラーやキャリア研究者の主張をまとめたもの。それぞれの主張は何となく分かったけど、消化不良感がある。まあ、僕の読解力の低さが主な原因なんだけど…。
     

  • キャリア理論の基礎がために。

  • 【目的】
    キャリアカウンセリングの資格を取得するために知識を得る

    【引用】

    【感じたこと】


    【学んだこと】
    クルンボルツ「学習」新しい行動を獲得したり、行動を変化させること。従来の行動を変化させたり新しい行動をすることで、新しい道を開く。

全3件中 1 - 3件を表示

渡辺三枝子の作品一覧

渡辺三枝子の作品ランキング・新刊情報

キャリアの心理学―働く人の理解「発達理論と支援への展望」の作品紹介

キャリア・カウンセリングのための基礎理論を、代表的な心理学者8人の学説を取り上げながら平易に紹介。

キャリアの心理学―働く人の理解「発達理論と支援への展望」はこんな本です

ツイートする