戦後思想の一断面―哲学者廣松渉の軌跡

  • 17人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 熊野純彦
  • ナカニシヤ出版 (2004年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784888488693

戦後思想の一断面―哲学者廣松渉の軌跡の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戦後日本思想界の怪獣ヒロマツ。その思想的遍歴を弟子が戦後政治運動史を絡めつつ総括。晩年の「東亜」新体制論に対する違和感も綴られているのが著者の誠意か。

全1件中 1 - 1件を表示

熊野純彦の作品

戦後思想の一断面―哲学者廣松渉の軌跡はこんな本です

戦後思想の一断面―哲学者廣松渉の軌跡の作品紹介

人間のあり方や世界のあり方を解きほぐすために、孤絶な闘いを生きた希有な哲学者広松渉の思想的軌跡をこまやかに活写。

ツイートする