えほんのせかい こどものせかい

  • 180人登録
  • 4.07評価
    • (25)
    • (13)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 松岡享子
  • 日本エディタースクール出版部 (1987年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784888881258

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
トミー=アンゲラ...
ばーじにあ・りー...
村上 春樹
マイケル・グレイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

えほんのせかい こどものせかいの感想・レビュー・書評

  • 再読。

    子どもを持つ親は、とりあえず子どもがまだ小さいうちに1度は読んでおくと、あとで後悔がないと思います(笑)

    絵本をよむ、物語を聞かせる、ということの本当の意味を伝えてくれてる良書です。

    やはりあくまでも文字は道具。
    文字で表したくなるような豊かな内容が育たなければ、
    識字の世界は浅ましくも狭いものになる。

    なんにせよ幼児教育にかかわる全ての人の必読書でしょう。

    後半のブックリストの絵本は文句なしの傑作ぞろいです。

  • 子どもの本に携っている者として、児童図書、特に絵本に関して漠然と感じていたことをずばり言い当てており、また自分の勉強不足もわかりました。
    「子どものため」と思って出版されたのでしょうが、「子ども目線」になっていない本の多いこと。図書館で借りられない本を整理すると、そのような本がたくさん出てきます。
    子どもに知識や考え方を押し付けようとする絵本、子どものレベルを考慮していない絵本、大人向け(芸術的)にはいい絵なのだが、子どもは興味を示さない絵本。
    大人目線ではなく、子ども目線でいい絵本を探す必要性とヒントが詰まっており、とても勉強になりました。

  • 付録でない本文の切れ味が抜群。子どもへの誤解、曲解をばっさばっさと!子どものための絵本の本質をがっしりと捉えている。

    ・子どもに本を読んでやるとき、その声を通して、物語と一緒に、さまざまのよいものが、子どもの心に流れ込みます。
    ・「お話を語ることは、文学に対して、額縁が絵に対して果たすのと同じ役割をします。」
    ・「心がきょう感じとったことを頭があす理解する」
    ・バートンさんといっしょにいて、わたしは、ものを見る訓練のできている目と、そうでない目との違いを、つくづく思い知らされました。
    ・本のもつ要素からいえば、“あたたかみ”ということ、子どもの要求かいえば、“安心感”ということ。
    ・一見しゃれたふうに、一見子どもの心に近いように見える表現が、かえって子どもに過重な負担をかけている例は、今日、多くの絵本に見ることができる。(主観表現の難しさ)
    ・くりかえしに対して示す子どもたちの反応は、ひとつには、様式美に対する子どもの興味の芽ばえとも見ることができる。
    ・こと感情に関することだけではなく、昔話はあらゆる抽象的な表現をさける。大広間が豪華だったというかわりに、「床も壁も金でできていました」といい、若者は質素に暮らしていたというかわりに、「麻の着物を着、とうもろこしのパンを食べていた」という。すべてを目に見えるところでとらえようとする。

  • ただのメモ
    ・本より
    ★私見
    ---
    ・子供に好かれるお話のパターンというものがある。
    ・3人(匹)の登場人物があり、3番目が成功する
    ・いい人と悪い人が同じ冒険をし、異なる結果を得る
    ・一本線上のストーリーの繰り返し
    ★確かに思い当たる物語の枚挙にいとまがない

    ・子供は繰り返しの話が好き
    ・読み聞かせカセットテープの「次のページへ進みましょう」が一番気に入られたりする
    ★次の展開を知っている安心感、再現された時の安心感があると違う本でも読んだことがある

    ・図書館に行って家にある本を借りてくることもある
    ・馴染み、親しみへの安心感

    ・子供が理解しやすい文章について
    ・「その家は豪華だった」「その子は悲しんでいた」…抽象的すぎてわからない
    ・「その家は金でできていた」「その子は泣いていた」…具体的でイメージできる
    ★子供が理解しやすい文章はどういうものかについても触れられていて、絵本を選ぶ際の参考になる。最近の絵本は親受けが良いものばかりが目立つと思う。お母さんが死んじゃった絵本とか。もっと子供目線で絵本を選び続けていきたいと思った。
    ★子供と会話する時にも、この本に書かれた文章術のようなものを気にしておくと役立つだろう。
    ---
    ★分かりやすい文章の例として紹介されていた『どろんこハーリー』などを借りた。娘は気に入ってた。保育園の貸し出しコーナーにあったので、古くからある良書なんだな、と再確認した。
    ---
    気になった参考書籍
    『昔話と子供の空想』シャーロッテ・ビューラー
    『子どものために書くこと』バーバラ・ウィルソン

  • 読み聞かせや絵本の勉強にと読みました。
    初めの方は、子どものいるお母さん向けなのかなという印象を受けて、本のチョイス間違えたかと思いましたが、読み聞かせの仕方や本の紹介、読む際のポイントなども盛りだくさんに入ってました。
    この本の出版自体は結構古いけど、絵本や子どもに関わる様々な人にとってとても勉強になる本だと思いました。

  • 絵本を読み聞かせするなら読んでほしい。というか絵本か子供にかかわる全員におすすめしたい。

  • ・Amazonで絵本に関する本を何冊か調べて、よさそうだったので買った本。
    ・「絵本の読み聞かせは子どもとのコミュニケーションである」
     だから、子供が「絵本読んで~。」と何度せがんでも、できる限り応じてあげるべき。
    ・本中にあった読み聞かせの仕方、絵本の選び方は、参考になった。
    ・本に取り上げられていた絵本は、海外の絵本が多く偏っていたような気がする。
    ・本でも紹介され、著者が書いた「おふろだいすき」という本を買ってみたところ、割と長くて親にとっては困ってしまうし、ストーリーも??なのだが、最近の子供のお気に入りです。

  • この前、長男が産まれ、1歳から八年間、一日二冊ずつ読んできたとして(同じ本があるけれど)計算したら5000冊を越えていて、「チリも積もれば山となる」って本当だな、と思った。

  • 松岡享子さんが絵本について自身の経験もふまえ、子どもが絵本に親しむために書かれた本。

    教科書的な内容にもかかわらず、とてもやわらかい語り口で読みやすい。

    冊子時代から含め、長きにわたって読まれ続け、今なお十分に役立つ内容ばかりで本当に感心させられる。

    ここで紹介されている絵本は、もう何十年も昔に刊行されたものばかりだけど、どれも満25歳以上の本ばかりなので、絵本の良し悪しを見きわめるための絵本として、読み聞かせの練習とあわせ絵本の目利きの練習にもなると思う。

  • 絵本を選ぶときの考え方がはっきり示されています。
    子どもがおはなしの世界にはいることを助ける絵本について具体的に書かれていて、子どもと絵本の橋渡しをする大人はぜひ読むといい本だと思いました。
    後半は、大勢への読み聞かせのときのテクニカルなコツと、おすすめ絵本リストがあり、実践に役立ちます。

  • 児童サービスの基本図書とのことなので、図書館で借りた。

    国際子ども図書館「子どもと本をつなぐ人へ~児童サービス基本図書リスト」
    http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/data.html
    最終閲覧日2015.06.09

    子どもと絵本論。
    グループでの読み聞かせにおすすめの絵本リストつき。

    どうしようかなぁ、と思っていたことが解決した。
    ①絵を読むことからはじめる(文と絵があっているか)
    自分で絵本を借りてよむときに、絵と文どちらを先によむかということに、悩んでいた。松居直さんは、講演会で「絵本は大人が子どもによんでやるもの」だと言い切っていたから。
    ②読みきかせの際、めくりのタイミングは調整してよい
    まさに『てぶくろ』最終ページの絵が早いと思っていた。

    子どもが繰り返しを好む理由を考えたことがなかったので、知らない場所で知っているものがあると安心するという例えは、とってもわかりやすかった。
    質問魔にならないということは、私もよく感じるところ。
    だから私は、やったこともないのに、アニマシオンに抵抗があるのかもしれない。

  •  子どもの前で読み聞かせ、やってみたいなあと思っている人、ぜひ読んでみてください。絵本の見方が変わること間違いなしです。

  • 絵本選びの指南本として図書館で借りてみる。
    絵本を読み聞かせる際の諸注意は、以前幼稚園の先生から聞いたポイントとほぼ同じで再認識できた。

    後半は絵本の紹介。主にグループ読み聞かせ用にふさわしい本の紹介ということで、内容のほかに絵と文のバランスなどにも紹介が割かれている。

  • 市の図書館で、来年度、4月からの読み聞かせボランティアに応募したのですが、これは3月までの研修期間に読むように言われた課題図書のうちの1冊。
    「お話を語ることは、文学に対して、額縁が絵に対して果すのと同じ役割を果します。」
    など、なるほど、と思うことばかり。
    これは図書館で借りたのだけど、購入して手元に置いておいた方がいいかもしれない。

  • 勉強になります。

  • さらっと読めるくせに、とっても勉強になった~。
    ある種の絵本をみて感じてた違和感を裏付ける部分もあったし、漠然と感じていた疑問に一つ答えをくれたような。
    子供の立場に立った絵本の見方は示唆に富む。

    学生の時にこれ読んでおきたかったなあ。

  • 読み聞かせのために必要なポイントがまとめられていて、とても勉強になりました。
    まず初めに子どもにどんな絵本を読み聞かせればいいのかの参考に出来る絵本の紹介があったところもよかったです。

    図書館司書を目指す人には一度読んでほしい本。

  • 絵本を読む大人の為の参考になる本

    おはなし会や図書ボランティアにはぜひ読んで欲しい本

    読み方や、リストなども書いてある

  • 読み聞かせボランティアなら、必読の書。
    以前にも読んだが…

    さいたま市の読み聞かせボランティア講習参加前の、課題図書でした。

  • この本は、もともと読書の入門期にある幼いお子さんをおもちのお母さん方に向けて書かれたものです。今回新たに単行本にするにあたり、読み聞かせの手引きや、絵本のリストを加えました。これによって、お母さんだけでなく、保育者や、小学校の先生、図書館員にも、役立てていただけるものになったと思います。子どもに本のたのしみをと願うすべての大人の出発点となる本です。

  • 課題で読みました。

    子どもに本への興味を促すためには絵本の読み聞かせが大切。

    技術などは関係なく、ゆっくり読んであげること。

    また、大人が子どもに対して良い本を選んであげなくてはいけない。

  • 児童サービス論の講義でこの本を読んでレポートを書け、という課題がでました。

  • 具体例を挙げて、絵本や読み聞かせについて著者の信念が語られている。参考になりそうだ。

  • 読み聞かせの時の具体的な注意点のみにとどまらず、絵本の読み聞かせが子ども達に与える効能、選書の基準などについても書かれています。読み聞かせボランティア3年目の私には どれもが納得でためになりました。

    何冊かのお勧めの絵本も紹介されています。

    松岡さんの絵本に対する愛情が感じられる本です。

    私の絵本に対する見方も少し変わりました。

全29件中 1 - 25件を表示

えほんのせかい こどものせかいに関連する談話室の質問

えほんのせかい こどものせかいを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

えほんのせかい こどものせかいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

えほんのせかい こどものせかいを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする