ピーターラビットの世界

  • 10人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 吉田新一
  • 日本エディタースクール出版部 (1994年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784888882248

ピーターラビットの世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 児童文学教授である著者によるピーターラビット研究本。「私とポター研究」という序にはじまり、ポターに関するエッセンスを抜き出しながらのコラム、生い立ち、絵本の魅力について、独自の見方を披露しながら記述。特に『「ピーターラビットの絵本」の魅力』の章では、ピーターラビット研究家らしい視点で、おはなしを捉えた解説が実に興味深い。欲を言えば全作品に関しての解説が読んでみたい。

  • 作品と実際の風景の写真を対比させている解説が必見だと思う。
    ピーターラビットの世界を旅する前に、ぜひ一読を。
    著者の性格や、作品の詳細が分かり、楽しみが倍増する。

    ps.
    半年たって読み直しました。
    母方の曾祖父に頑固者がいることがわかりました。

    ミスポッターの頑固さの遠因が分かりました。

全2件中 1 - 2件を表示

ピーターラビットの世界を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ピーターラビットの世界を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ピーターラビットの世界を本棚に「積読」で登録しているひと

ピーターラビットの世界の作品紹介

世界中で愛されている「ピーターラビットの絵本」。本書は、その物語世界に分け入り、作者ポターの興味深い生涯を辿り、絵本そのままの村々を周遊して、多数の図版とともに、この愛すべき絵本の魅力と背景を描き尽くす。

ピーターラビットの世界はこんな本です

ツイートする