見えない人間 (2)

  • 25人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Ralph Ellison  松本 昇 
  • 南雲堂フェニックス (2004年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784888963367

見えない人間 (2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 埴谷雄高さんの紹介より。

全1件中 1 - 1件を表示

ラルフ・エリスンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルグリット・ユ...
サミュエル ベケ...
ヘミングウェイ
ラルフ・エリスン
ドストエフスキー
三島 由紀夫
サミュエル ベケ...
ハーマン・メルヴ...
ドストエフスキー
J.L. ボルヘ...
フランツ・カフカ
シェイクスピア
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

見えない人間 (2)の作品紹介

その後、「僕」はアパートの立ち退きにあっている黒人の老夫婦を見て、演説をする。その演説を聴いていたブラザー・ジャックに誘われて、「ブラザーフッド協会」に入る。「僕」はそこで懸命に働き、頭角を現しハーレム地区の指導者になる。だが、協会は方針を転換し、「僕」を疎んじるようになる。その頃、会員のトッド・クリフトンが白人の警官に銃殺され、「僕」はハーレムの住民を巻き込んで盛大な追悼集会を行い、それが契機となって、暴動が起きる。暴動から逃げる途中、開いていたマンホールに落ち、地下の穴ぐらに住むようになる。そこに何年も暮らした後、「僕」は混沌とした地上の世界に戻ろうと決意する。

見えない人間 (2)はこんな本です

ツイートする