書物奇縁

  • 10人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 久松健一
  • 日本古書通信社 (2011年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784889140415

書物奇縁の感想・レビュー・書評

  •  著者は、大学教員。ある日、電池が目の前をゆっくりと動きだし、蔵書でとうとう床が傾いたと慌てて越した。究極の座右の書を求め、増殖する古書が引き寄せた、「他人にそっと知られたい」奇譚をつづる。

     学生時代、「宝物を買ってくれないかい」と古書店の主に声を掛けられたことがあった。「宝物?」と聞き返すと、「質問は、たった、一度しか、できないよ」と寺山修司の知られた台詞。価格は5万円、「金は後でいい」と託された風呂敷包みには、寺山が学生時代に作ったクラス誌「風」などの珍品が。しかし一週間もたたず閉店、貼り紙は店じまいを告げ、その脇に、「一体僕はどこにいて、そしてだれを待っているのだろうか」と寺山の詩の一節が残された。

     ほかに、古書の天皇と呼ばれた反町茂雄や、プルースト研究で知られる仏文学者の吉田城、近年作品が読まれている小説家・佐藤泰志ら、玄人好みの人物が語られる。

    (「週刊朝日」 2011/8/26)

全1件中 1 - 1件を表示

書物奇縁はこんな本です

ツイートする