愛のシッタカブッタ―あけると気持ちがラクになる本

  • 68人登録
  • 3.77評価
    • (11)
    • (10)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 小泉吉宏
  • メディアファクトリー (1994年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (110ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784889913187

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
村上 春樹
小泉 吉宏
スペンサー ジョ...
村上 春樹
小泉 吉宏
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

愛のシッタカブッタ―あけると気持ちがラクになる本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 友人がらいただいた本です。物の考え方が新鮮に感じられます。

  • 人気シリーズの「恋愛」バージョンです。イラストがたくさんあります。

  • 失恋に苦しむ自己中なブタさんが、トリさんの厳しいツッコミを受けながら自分の心と向き合う物語。悲しみに特効薬は無く、慰めは麻酔に過ぎない。絵本感覚で10分くらいで読めるのがイイ!

  • 三葛館一般 159||KO

    心がすーっと楽になれる本です。
    失恋や恋愛で心が疲れている人にぜひおススメしたい一冊です。

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=28064

  • 愛は、ただ愛するだけ。




    恋をして、失恋をして、苦しんで、

    その苦しみから立ち直っていく過程を、

    シンプルな言葉で描いています。



    シンプルなゆえ、

    そうか、人を好きになると、シンプルだったことが、

    とてつもなく難しいことになってしまうのだ、

    ということを思い知ります。



    たとえば、ぼくが好きな人にあげる愛が、

    そのひとの愛とは関係がないとき、

    ぼくはその人を苦しめていたのだな。



    わかってはいたけれど、

    その人を「ただ愛する」ってことができてなかった。



    関係のない愛を背負って、

    誰かを追いかけたとしても、

    苦しみは終わることがない。



    その苦しみは、自分自身なのだから。



    自分の問題を棚にあげて、

    誰かと一つになれることもありうるのが恋愛であって、

    だから、「本当のこと」を見ないで済んでしまう。



    苦しむのは、自分自身から逃げているから。



    ぼくは自分と向き合って、

    「そのまま」を愛することからはじめなきゃ、と思う。



    そしたらきっと、好きな人を、

    「ただ愛する」ことができるんじゃないかなぁ。



    愛は、ただ愛するだけ。



    うん、それを胸にね。

  • こんな私でも身を切られるような大失恋をしたことがある。

    この本は
    甘やかすような発言なんてありません。
    慰めるような言葉もありません。
    ただ、そのまま受け入れるだけ。
    ズキンとすることも書いてあります。
    だけど読み終わる頃には気持ちが楽になっている本。

  • 読み終わると若干おしゃべりになるかもしれません。
    恋人ができた別れたと賑やかに騒いでる友人に、つい愛を語りたくなるような。
    小泉先生の言葉はシンプルで的確だと思います。

  • シッタカブッタシリーズを見つけました。いつもながらにかわいいイラスト付でさらっと読めます。今回は恋愛/失恋に特化した内容なせいか、テーマがいくぶん狭まっちゃった感がしました。

  • ブッダとシッタカブッダのシリーズの中で一番大好きな作品です。ブタが本当にかわいい。ちょっと笑えたりして心が楽になります。

全9件中 1 - 9件を表示

愛のシッタカブッタ―あけると気持ちがラクになる本を本棚に「読みたい」で登録しているひと

愛のシッタカブッタ―あけると気持ちがラクになる本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愛のシッタカブッタ―あけると気持ちがラクになる本を本棚に「積読」で登録しているひと

愛のシッタカブッタ―あけると気持ちがラクになる本はこんな本です

愛のシッタカブッタ―あけると気持ちがラクになる本のKindle版

愛のシッタカブッタ―あけると気持ちがラクになる本の単行本

ツイートする