ダーシェンカ あるいは子犬の生活 (リエゾン・リーブル)

  • 78人登録
  • 3.77評価
    • (10)
    • (13)
    • (20)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : Karel Capek  保川 亜矢子 
  • メディアファクトリー (1998年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784889916560

ダーシェンカ あるいは子犬の生活 (リエゾン・リーブル)の感想・レビュー・書評

  • 生れたばかりの「物体」みたいだったダーシェンカが自然の声に従って「犬」になるためにミルクを飲んだり運動したり。そして著者は撮影のためにじっとさせておこうとお話しを聞かせる一方、お客のズボンや靴にダーシェンカが飛びついても面白がって知らんぷり。ところが園芸家でもある著者の花壇をダーシェンカが掘り起こしたときには可愛さ余って憎さ百倍といったところか。そんな可愛い悪魔もやがて新しい飼い主に貰われていく。チェコ版の初版と同じ表紙がオシャレ。フォックステリア特有の上あごの内側の黒いアザってどんなのだろ?

  • さすが園芸家。植木鉢がいっぱい。

  • カレル・チャペックさんの愛犬ダーシェンカの本です。
    写真と挿絵で少し絵本のような感じですが、カレル・チャペックさんの
    人柄の温かさが感じられます。素敵な作家さんです。

  • 「猫本」と「犬本」を見せられたら、迷わず「猫」を選ぶ私だが、これは別。なにしろチャペックさんだし。

  • 子犬のダーシェンカとのユーモラスな日常。

  • ダーシェンカ・・・口に出してみると実に可愛い響きである。
    これはチェコを代表する作家カレル・チャペックが
    飼っていたテリアの名前で、
    彼が愛犬との毎日をユーモアたっぷりに語った
    日記のような、童話のようなどこにも属さない
    自由な文章と、心の柔らかい部分が
    くすぐられるような絵や写真も沢山入った、
    子供が読んでも、大人が読んでも、
    楽しい本のタイトルである。

    前半は、ダーシェンカが生まれた時から
    もらわれていくまでの成長記録。

    飼い主チャペックは新聞記者の仕事もしていた人で、
    そんな彼らしく些細な変化やちょっとした
    出来事さえも見逃さない細やかな観察眼と
    愛情たっぷりに日々の成長を見守る飼い主の優しい視点で
    やんちゃな子犬の毎日が綴られている。

    作品の中盤には、そんな元気でちっともじっとしていない
    愛犬の写真を撮る時の苦労話や、
    ダーシェンカをいい子にするために語られる
    「犬のお話集」が収録されていて、
    作者チャペックの微笑ましい日常が目に浮かぶようである。

    そして最後にはその涙ぐましい苦労が実った結果(?)の
    愛らしいダーシェンカの姿満載の写真集。

    作品中に溢れている、ダーシェンカの無敵の可愛さと
    飼い主の深い愛情と優しさで、
    愛犬家ならずとも、多くの読者が、
    読んだ後にとても温かな気持ちになれる「犬のお話」。

  • チャペックの愛犬の子犬、ダーシェンカ。
    かわいがりっぷりをイラスト入りで。
    いとしい。

  • カレル・チャペックの有名な「ダーシェンカ」をはじめてチェコ語から直訳して作られた本。
    愛らしい子犬「ダーシェンカ」に読み聞かせるという体裁で語られる物語はなんだかほほえましい。
    後半のダーシェンカの写真集は本当に愛らしいの一言で、確かにこの可愛らしさだったらいたずらばかりされても許してしまうだろう、と思う。

  • カワイイ!
    著者のカレル・チャペックの犬バカぶりが(いい意味で)カワイイ!

  • いつか犬を飼うなら、ダーシェンカと名づけたい。

  • 頂き物の本だけどとにかく可愛い♪著者カレル・チャペックが小さなダーシェンカを相手にてんてこ舞いしている様がほほえましい

  • ページをめくるだけで、幸せになってしまう… そんな愛情溢れる本なのです☆

全12件中 1 - 12件を表示

ダーシェンカ あるいは子犬の生活 (リエゾン・リーブル)に関連する談話室の質問

ダーシェンカ あるいは子犬の生活 (リエゾン・リーブル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダーシェンカ あるいは子犬の生活 (リエゾン・リーブル)を本棚に「積読」で登録しているひと

ダーシェンカ あるいは子犬の生活 (リエゾン・リーブル)の大型本

ツイートする