キャラコブックス

  • 32人登録
  • 4.43評価
    • (5)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Tasha Tudor  内藤 里永子 
  • メディアファクトリー (1999年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784889918496

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮沢 賢治
ターシャ テュー...
小川 未明
内田 也哉子
アクセル ハッケ
酒井 駒子
有効な右矢印 無効な右矢印

キャラコブックスの感想・レビュー・書評

  • 3冊セットの手のひらサイズ。
    復刻版の英語の絵本ですが、日本語で解説書も付いています。
    英語はちょっとって方も大丈夫ですよ。

    ・Pumpkin Moonshine

    シルヴィー・アンはハロウィーンにパンプキンムーンシャインを作ろうと思いつきます。
    丘の上にある畑までよいしょっよいしょっと登って行き、気に入ったかぼちゃをみつけました。
    大きなかぼちゃをごろごろと転ばせて運んでいたのですが、勢いがついてかぼちゃはどんどん転がり落ちてしまいます。
    家畜たちをおどろかせ、しまいには人にもぶつかっちゃいました。
    やっとの思いで持ち帰ったかぼちゃ、おじいさんに手伝ってもらってパンプキンムーンシャインをつくりました。

    パンプキンムーンシャインって普通ジャックオーランタンと呼ばれているものですね。
    その名前にも言い伝えがあるようですが、月影に輝くかぼちゃのランタン、パンプキンムーンシャインのほうが素敵な呼び方だとおもいませんか?

    ・Alexander the Gander

    シルヴィー・アンが鵞鳥を2羽を泉までつれてお散歩に行きます。
    途中にはきれいに世話をされたお庭がありました。
    食いしん坊のアレキサンダーはそのお庭のお花が「デザートに丁度いい」なんてかんがえていました。
    シルヴィー・アンがちょっと目をはなしたすきにアレキサンダーはお庭に入って好き放題やっているではありませんか!

    シルヴィー・アンはアレキサンダーに言い聞かせますが、効果はないようです。

    ・Dorcas Porkus

    シルヴィー・アンとトムはドーカス・ポーカスという豚を持っていました。
    首輪もつけて、ペットのしつけも少しはしてあります。
    二人のお母さんは「キルティング・ビーをするので、お客様のおじゃまにならないように。」と言いつけます。
    二人はドーカス・ポーカスをおばあちゃんのところへ連れてゆこうとしましたが、その前にお風呂にいれてきれいにしようとします。
    それがことの始まり、お風呂が気に入らなかったドーカス・ポーカス、シルヴィー・アンと桶をひっくり返して走って逃げてしまました。
    逃げた先は、なんと御婦人方のキルティングパーティー!大騒ぎになってしまいました。

全2件中 1 - 2件を表示

キャラコブックスはこんな本です

ツイートする