夜と朝のあいだの旅

  • 69人登録
  • 3.60評価
    • (6)
    • (9)
    • (13)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
制作 : Rafik Schami  池上 弘子 
  • 西村書店 (2002年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (483ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890135950

夜と朝のあいだの旅の感想・レビュー・書評

  • サーカスの話。残念ながら余り楽しめなかったです。余興として語りがあったりするんだけど、外国の話だからなのか何が面白いのかがサッパリで・・・

  • 幻想的で、でも深い風刺が織り込まれている。それも切ないくらいきれいに。シャミの作品ではいちばんすきです。

  • サマーニ・サーカスの団長であるヴァレンティンは、ある朝郵便配達をしているピアから一通の手紙を受け取る。それはかつての親友、ナビルからのウラニアへの招待の手紙だった。彼が死ぬまで、ずっとアラビアでサーカスをしてほしいという願いがそこには書かれていた。突然のことに驚きながらも、彼らは大金を手に入れウラニアに喜んで向かう。サーカス団はアラビアを旅してたくさんの観客に歓迎されるが、実の妹たちに冷たい態度で追い返されたり、一部の反政府グループに攻撃されたりとヴァレンティンには不運がつきまとう。そんな中、ピアがアラビアにやって来てヴァレンティンは有頂天になる。果たして、サーカス団は無事にアラビアでの公演を終えられるのだろうか?そして彼の本当の両親の愛の物語の結末とは?

    個人的にはとても好きな本です。あくまでも個人的に、です。この本は普通のファンタジーのように、急展開を迎えたり、どきどきして仕方がない場面はあまりありません。それでも、18万部という数が売れた(ドイツ)理由は、この本の世界観にあるのではと思います。ウラニアを中心に、隅々まで細かく描かれている町並みや、人々の様子がありありと伝わってきて、まるで自分がその場にいるような感覚を抱かせるまでの、筆者の表現力には脱帽です。ここまでしっかりとした文章は見事。
    個人的にサーカスというものが、昔から憧れだったのでこの本を読んだとき、楽しく読めたような気がします。綱渡りをするエヴァや、猛獣使いのマルティンなど、魅力たっぷりの登場人物が素敵。ただ、筆者の恋の発想には少しついていけなかった。やはり、外国文学ということで多少は仕方ないのかなという感じ。主人公は、実は母ツィカと愛人タレクの子供だったというのには、ショック。いくら何でもルドルフォ(ツィカの夫)がかわいそう。サーカス団の中でも、様々な恋が発展しますが、どれも複雑。実際問題には近いのかもしれませんが、小説としてはややきついものがあります。ピアとヴァレンティンの恋はどうなるのか、最後まで知りたかった。

  • 確かシャミの邦訳では初めての長編。シャミがシニカル&ユーモラスなだけでなく、シビアな目を持つ作家だということを初めて認識しました。サーカスの一団の旅という以前に、人生という波乱だらけの旅はまさに夜と朝のあいだを往くような、ほの暗く先の見えない旅なのだろう。それを時に陽気に、ほんの少しの魔法をまぶして語られる「アラブのお伽噺」に昇華してみせる様は、めくるめくマジックを見せられた幸福な驚きを与えてくれる。

  • これもYA向けの本です。ドイツの児童文学賞を受賞した作品。暖かい気持ちになれます。

全7件中 1 - 7件を表示

夜と朝のあいだの旅を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夜と朝のあいだの旅を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜と朝のあいだの旅を本棚に「積読」で登録しているひと

夜と朝のあいだの旅はこんな本です

ツイートする