死ぬ権利はだれのものか

  • 26人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : William H. Colby  大野 善三  早野ZITO 真佐子 
  • 西村書店 (2012年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890136605

死ぬ権利はだれのものかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 終末期における医療の法・倫理の議論について、その背景(どのような医療技術が関係しているか、どのような事件が起こったか、等)から紹介している良書です。


    心肺蘇生法、電気ショック、栄養チューブ、移植などといった医療の発達によって、それまで想定されていなかったような状況が発生するようになり、全く新しい論争や訴訟が起こるようになった、という流れを知ることができました。


    そして後半のパートでは、ホスピスや緩和ケアの誕生についても紹介しており、これらは将来的により重要性を増していくだろうと将来の展望を示しています。


    最後は、

    そしてみなさん方は、ゆっくり語り合ってほしい。ご幸運とご成功がありますように。

    ということばで締めくくられています。



    終末期医療は、どんな科に行くにしろ(「距離感」は違っても)結局避けては通れないし、考えていかないといけないテーマです。

    そして考える上は、(著者も書いているように)しっかりと時間をかけて、慎重に、独りよがりにならずに考える必要があります。
    中途半端に「自分では考えてるつもり」状態になるのは、自分にも周りにも危険になりえます。


    考えるにあたって、「巨人の肩の上に立つ」じゃないですけど、こういう議論の背景を学んでおくことは必要だし有益じゃないかなーと思います。

  • 2階書架 : W050/COL : 3410153561

全2件中 1 - 2件を表示

死ぬ権利はだれのものかの作品紹介

大切な人が植物状態から一生目が覚めないとわかった時-あなたが望むのは延命治療?それとも尊厳死?アメリカで「死ぬ権利」裁判を担当した弁護士が綴る衝撃のドキュメンタリー。

ツイートする