ゴッホの手紙―絵と魂の日記

  • 24人登録
  • 5.00評価
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : H.アンナ スー  H.Anna Suh  千足 伸行  冨田 章  藤島 美菜 
  • 西村書店 (2012年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890136780

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
キェルケゴール
エーリッヒ・フロ...
ヴィクトール・E...
トミー=アンゲラ...
フランツ・カフカ
マージェリィ・W...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ゴッホの手紙―絵と魂の日記の感想・レビュー・書評

  •  生前,ゴッホが弟のテオ宛に書いた手紙は650通あまりにのぼります。他の家族や画家仲間宛に書いたものも入れると750通もあります。
     他の本では,それらを全て読むこともできるようですが,本書では,その中の一部を選んで紹介しています。ただ,一部と言っても,本書自体が300ページもあるので,約半分弱は紹介されていると思います。
     本書のよさは,なんといっても,ホンモノの手紙の写しが載っていることです。ゴッホの手紙にはよくスケッチが書かれています。そのスケッチのことなどを実に詳しく説明しているのですが,文章だけ読むと,美術の基礎・基本と想像力のない私には,十分に様子が伝わってきませんから…。
     さらに,本書には,手紙で説明されている絵画についても,すぐ横に掲載されています。ゴッホは,手紙の中で,「どこどこの○○について、こういう色使いと気持ちで今,カンバスに向かっている…」というようなことも説明しているのですが,その説明にある絵をすぐに見ることができるので,手紙の内容がとてもよく理解できるのです。

    監訳者のあとがきを引用しておきます。

    彼の膨大な手紙を通読するのは並大抵のことではない。本書はその手頃なダイジェスト版ともいうべきものだが,ゴッホの手紙には,例えばセザンヌ,ゴーギャンのそれとは違って,そこで言及された彼自身の作品や風景などのスケッチがついていることも多い。-中略-本書はゴッホの本格的な画集であると同時に、膨大な彼の手紙の簡にして要を得た入門書として,従来の類書とは異なる意義をになうものといえよう。(千足伸行,本書318ページより)

  • ゴッホや弟のテオをはじめ、この本の制作に関わった全ての人に感謝したい。
    感動をありがとうございます。

  • 2016.9.30「本嫁の会」で紹介。

全3件中 1 - 3件を表示

ゴッホの手紙―絵と魂の日記の作品紹介

ゴッホの本格的な画集であると同時に、膨大な彼の手紙の簡にして要を得た入門書。弟テオ宛を中心とする700通以上のゴッホの手紙から251通を選び、その抜粋を関連作品とともに紹介。偶像化された画家の素顔に迫るファン必見の1冊。「狂気の画家」ではなく、思慮深く知的なゴッホがみえてくる。

ゴッホの手紙―絵と魂の日記はこんな本です

ツイートする