オクサ・ポロック3 二つの世界の中心

  • 21人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Anne Plichota  Cendrine Wolf  児玉 しおり 
  • 西村書店 (2013年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (441ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890136933

オクサ・ポロック3 二つの世界の中心の感想・レビュー・書評

  • 3巻目。これで完結かと思ったら、ここまでで半分。残りの3巻は邦訳が未完。

  • なんかオーソンがかわいそうになってきた
    ゾエの本心がわからないしー
    てかギュスー
    締め出された人は頑張れるかなあ
    内の人が何をすると二つの国は正常に戻るのかしら
    オシウスも悪の帝王みたいじゃないみたいだし
    なんとかしようと努力してるみたいだものね
    テュグデュアルも意味わからないね
    はー気になること多すぎ

  • 3巻から読み始める

  • 待望の3巻目!

    西村書店のPR
    「地球上の見えない世界、エデフィアの若き君主、オクサ・ポロックは、普段はロンドンのフランス人中学校に通う14歳。宿敵、<反逆者>の熾烈な陰謀と闘いながら、仲間の<逃げおおせた人>たちとともに、一族の故郷であるエデフィアへの帰還をめざす。
    いまや、二つの世界――<内界>と呼ばれるエデフィアと、オクサやギュスが暮らす<外界>――に崩壊の危機が迫り、だれもが、オクサの帰還を待ち望んでいた……。
    世界27カ国で続々翻訳刊行中の話題のファンタジーシリーズ、待望の第3巻!」

全4件中 1 - 4件を表示

オクサ・ポロック3 二つの世界の中心の作品紹介

地球上の見えない世界、エデフィアの若き君主、オクサ・ポロックは、普段はロンドンのフランス人中学校に通う14歳。宿敵、の熾烈な陰謀と闘いながら、仲間のたちとともに、一族の故郷であるエデフィアへの帰還をめざす。
いまや、二つの世界――と呼ばれるエデフィアと、オクサやギュスが暮らす――に崩壊の危機が迫り、だれもが、オクサの帰還を待ち望んでいた……。
世界27カ国で続々翻訳刊行中の話題のファンタジーシリーズ、待望の第3巻!

オクサ・ポロック3 二つの世界の中心はこんな本です

ツイートする