囀(さえず)る魚

  • 122人登録
  • 3.18評価
    • (4)
    • (7)
    • (10)
    • (4)
    • (3)
  • 18レビュー
制作 : Andreas S´ech´e  酒寄 進一 
  • 西村書店 (2016年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890137268

囀(さえず)る魚の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本好きの青年ヤニスが偶然出会った古書店の女主人リオ。ヤニスは彼女の本にまつわる知識の深さに魅了され、本屋へ足繁く通い詰めるようになる。しかしある日リオはお店から忽然と姿を消してしまった――。

    本好きをときめかせる仕掛けが端々に用意されています。ヤニスを通して様々な名著名作の登場人物やモチーフが描かれ、元の作品を読んだ人なら「これは!」とひらめく瞬間があるはずです。場面は現実と虚構(という名の本の世界)を行き来しながら物語の深淵へ。
    これでもかと詰め込んだ物語の数々と著者の本への熱量に思わずおののいてしまい、個人的にはなかなかストーリーには集中できず。あとヤニスへの感情移入が難しかったのがちょっと消化不良です。タイトルと設定は好物なだけに悔やまれる。

  • 2017.2/10 ジャンルや色などで分類されていない不思議な本屋...それは良かった。でもなんだろう、ちっとも響かなくて残念。

  • 流れに戸惑う。でも好みやで。

  • 霊感をもたらすミューズとの邂逅。
    今いる場所を離れて、書くことへの情熱をもちはじめるのには、このくらいは妄想がいるのだろう。

  • 2017.08.08

  • 共感できる文章もあったがラストの方がよくわからなくなり、

  • 本が凶器になる可能性。基本的には心や人生を豊かにするものだけど。ミステリを書いているからって、完全犯罪をできるとは限らないけどね。現実とフィクションを混同しがちな気がするな。

  • アテネで暮らす本好きな主人公・ヤニスと不思議な女性・リオとの交流と神秘的な体験を描く作品。ヤニスが語る本を買う際の行動やリオへ寄せる想いにニマニマしていたら、他方のパートで進んでいた物語が急に合流して驚きのクライマックスへ。ミステリ要素もあるよ

  • 好みじゃなかった。

  • 内気な青年ヤニスは、アテネの旧市街の古びた書店に迷い込み、神秘的な女店主リオに出会う。
    めくるめく読書の愉しみ、本の構造の不思議、古典の断片――ふたりの会話は尽きることがなかった。
    しかし、ある日リオは突然消息を絶つ。
    彼女は一体どこへ行ってしまったのか? 
    現実と虚構と謎を織り込み、読む者を不思議な読後感へと誘うエブリデイ・ファンタジー。

    不思議な世界観の小説でした。
    現実と史実と虚実と真実と色んなものが混じり合っていて、度々名の知られている小説や著者の名前が出てくるので、おっと思わされたり、ええっ!?と驚かされたり。
    名前を知っているだけでもちょっと嬉しかったですが、ちゃんと取りあげられた作品を読んでたらもっと楽しめたのかなぁと思いました。なるほど、だから「本好きのための物語」なのか(訳者あとがきより)
    嘘も混ざっているそうですが、知らなかったエピソードを知れたり、そういう風にも考えれるのか…と思うとちょっと面白かったです。

全18件中 1 - 10件を表示

アンドレアス・セシェの作品

囀(さえず)る魚を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

囀(さえず)る魚を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

囀(さえず)る魚を本棚に「積読」で登録しているひと

囀(さえず)る魚の作品紹介

ドイツを代表する語り部作家ラフィク・シャミも愛する
アンドレアス・セシェが贈る、本好きのための物語。

無類の本好きにして内気な青年ヤニスはアテネの旧市街の古びた書店に迷い込み、神秘的な女主人リオに出会う。本を熟知する彼女にいざなわれ、果てしない本の愉しみを分かち合う喜びに熱中するヤニスだったが、それも束の間、リオはふいに消息を絶つ。彼女は、本当はいったいだれなのだろう。手がかりを探すヤニスが辿り着いた世界とは? 
ちりばめられた実在の書物の数々、作家たちの逸話、古典の断片。現実と虚構と謎とが織り込まれ、読む者を不思議な読後感へと誘うエブリデイ・ファンタジー。

<本書あとがきより>
主人公ヤニスは他人には思えない。
本棚の並びまでぼくの本棚を見ているようなのだ。
翻訳家・酒寄進一さん

<推薦の言葉>
前編に満ち溢れた知的な刺激。これぞまさに文学の力!
読むものを惹きつけて離さない、不思議な魔法のような魅力がここにある。
(三省堂書店 営業企画室 内田剛さん)

<海外の書評>
アンドレアス・セシェの傑作小説では読書の喜びを満喫できる。『囀る魚』では含蓄に富んだ文学談義が楽しめる。いままで読んだことのないものが読め、いままで考えたこともないことが考えられる。言葉に心震える発見もある。
(ニュルンベルガー・ナーハリヒテン紙)

アンドレアス・セシェはリサーチされた現実と虚構をないまぜにし、ジャーナリストの手法をスリリングな謎解きと見事に融合させ、冒険に満ちた世界を情感たっぷりに描いている。
(シュヴァービッシェ・ポスト紙)

読みだしたらやめられない本というものがある。文学が好きなら、この詩情にあふれたこの小さな小説をきっと愛するだろう。
(メーディエンプロフィーレ)

ツイートする