子どもの本 黄金時代の挿絵画家たち

  • 31人登録
  • 3.89評価
    • (3)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Richard Dalby  吉田 新一  宮坂 希美江 
  • 西村書店 (2006年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890138920

子どもの本 黄金時代の挿絵画家たちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 海外の子どもの本の名挿絵画家たちについて、調べる本。
    もう少し各人の項に、挿絵と出典情報があれば、
    最適になるのに、残念。

  • アーサー・ラッカム、エドマンド・デュラック、ビアトリクス・ポター、カイ・ニールセンなど、19世紀から20世紀半ばにかけて活躍したスター挿絵画家たちを紹介。絢爛たる挿絵の世界が広がる一冊。

  • 翻訳だからしょうがないんだけど、これは作家で切るんじゃなくて、挿絵で切って作家の話に持っていってもらったほうが楽しいですな。知っている絵が少ないもん。

  • 子どもの頃に読んだ絵本の挿し絵が沢山紹介されています。
    レズリー・ブルックやテニエルは有名ですね。物語と一緒に挿し絵も思い出します。

全4件中 1 - 4件を表示

子どもの本 黄金時代の挿絵画家たちの作品紹介

19世紀から20世紀半ば、大人も魅了した絢爛たる挿絵画家の世界。

子どもの本 黄金時代の挿絵画家たちはこんな本です

ツイートする