秘密の花園

  • 292人登録
  • 4.18評価
    • (45)
    • (30)
    • (27)
    • (0)
    • (0)
  • 35レビュー
著者 : バーネット
制作 : グラハム ラスト  Frances Hodgson Burnett  Graham Rust  野沢 佳織 
  • 西村書店 (2006年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890138951

秘密の花園の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 愛情をもらえずに育った女の子が 開かずの庭園と
    出会い植物を育てるかのように 自分の心を開き
    育てっていくというストーリーだが 庭園をよみがえらせて
    いく様子は イギリスという当時の時代背景も感じさせつつ
    知らず 知らず 引き込まれてしまう。

    主人公の女の子がどのように 心を開き 暗い女の子から
    明るい女の子へ 変貌していくのか  読む度に感じ入る
    ところがあります。

  • 両親から愛情を与えられず、使用人達に甘やかされて育ったメアリーはわがままで気難しく、可愛げのない少女だった。両親の死をきっかけにイギリスのヨークシャーに住む叔父の元に引き取られるメアリー。彼女はそこで様々な人、動物と出会い、秘密の庭園の発見により少しずつ変わっていきます。
    読んでいて心が暖かくなります。寒いこの時季にぜひこの一冊!

  • 誰もでいる出来ない花園が、この御屋敷のどこかに存在しているー。
    幼い頃に一度は読んだことがある人も多いのではないでしょうか?
    でも、この版の”秘密の花園”は特別。
    出版されたほぼ全ての版を読んだ私がオススメする、
    『世界で1番美しい』秘密の花園です。
    未読の方も、この機会に是非!

  • 『小公子』『小公女』を書いたバーネットの小説。

    主人公はちっとも可愛げのない女の子、「つむじ曲がり」のメアリ。
    インドで召使に囲まれた彼女は、すっかりワガママに育ち、1人で着替えもできない。
    そんな彼女が9歳で両親を亡くし、ムーアにある叔父の屋敷に引き取られることに…

    屋敷のどこかには鍵のかかった『秘密の花園』があって――


    生き生きと跳ねるような物語。
    子供にも大人にも読んでほしい。つむじ曲がりのメアリと一緒にめいっぱい駆けて、心から何かを慈しめる、素敵な物語です。

  • これは、物語の枠を超えた最高の、医学書であり、
    魔法、というものがこの世に存在するということを
    すんなりと、立証し、納得させてくれる魔法の書であり、また、真の美味しい食べ物とは何かを教えてくれる食本でもあり、自己啓発本何十冊読むよりこれ一冊で全て満ち満ちるような力を持った秘密の書である

  • 秘密の花園
    を読むならこの本だと思う

  • 完訳? 子どもの頃読んだときなかったエピソードがあるような。バーネットって今でいうスピ系なのかなあとちょっと思った。ひきよせの魔法とかこの頃からあったのね。

  • 『文学少女のぐるめガイド』より
    甘く酸っぱいジャム

  • 我侭な子供たちが、荒れた"秘密の花園"を見つけ、少しずつ手を入れながら、子供らしい心と身体を育ててゆくお話。
    ちょっとしたことで不平を言って、気難しくなったり、癇癪を起こしたり・・・。そんな彼女達の頑なな心を動かしたのは"好奇心"なのかもしれない。そして、笑顔と健康を取り戻していく姿は読んでいて心からホッとするとともに、読んでいてドキドキしてくる。
    そして、本の扉を開く私自身も・・・同じように秘密の花園を探す"好奇心"がうずくのである。

  • 私はこの本を読んで、ヴィクトリア時代のイギリスが大好きになりました。かたくなに閉じていた少女の心がだんだんと開かれてゆく様子がやさしく描かれています。

    九州大学
    ニックネーム:森 透

全35件中 1 - 10件を表示

バーネットの作品

秘密の花園を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

秘密の花園を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

秘密の花園を本棚に「積読」で登録しているひと

秘密の花園の作品紹介

突然両親を失いイギリスのおじの屋敷へ引きとられたメアリ。つむじまがりだった少女は、病弱なコリン、動物と話ができるディコンに出会い、ガーデニングを通じて心を開いていく。3人の子どもたちのひたむきさが、大人たちの心をも癒していく『小公子』『小公女』を書いたバーネットの感動の物語。

秘密の花園の単行本

ツイートする