農商工連携のビジネスモデル―次代の地域経済活性化戦略 (コミュニティ・ブックス)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 東北産業活性化センター 
  • 日本地域社会研究所 (2009年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890229024

農商工連携のビジネスモデル―次代の地域経済活性化戦略 (コミュニティ・ブックス)の感想・レビュー・書評

  • 六次産業は有力とはいかないが有望にはなるか。

  •  「農商工連携」は、中小企業者と農林漁業者が、互いの経営資源を持ち寄り、有機的に連携して、新事業を生み出す手法であるが、本書では、地域活性化の手段として、①商品開発、②販路開拓、③品質評価、④地域の支援の4点がポイントであると説く。
     東北地方は農林水産資源の宝庫であり、農商工連携のポテンシャルは高い。これをビジネスとして回せる仕掛け作りが鍵である。
     その一つとして、東北域外マーケットの需要をいかに取り込むかということがあろう。震災復興支援で東北への応援機運が高まっている今が好機ではないだろうか。
     

  • 事例が多く掲載されてるのが特徴だが、冒頭の東北地方の農商工連携を取り巻くデータが素晴らしい。東北地方の産業の現状→農商工連携が必要性というロジックがデータを使って展開されている箇所は参考にしたい。

全3件中 1 - 3件を表示

農商工連携のビジネスモデル―次代の地域経済活性化戦略 (コミュニティ・ブックス)を本棚に登録しているひと

農商工連携のビジネスモデル―次代の地域経済活性化戦略 (コミュニティ・ブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

農商工連携のビジネスモデル―次代の地域経済活性化戦略 (コミュニティ・ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

農商工連携のビジネスモデル―次代の地域経済活性化戦略 (コミュニティ・ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

農商工連携のビジネスモデル―次代の地域経済活性化戦略 (コミュニティ・ブックス)の作品紹介

いまやトレンドの農と商・工のコラボレーションが、新たな商品やサービスを生み、地域産業を活性化する。行政や金融・住民なども含む地域が一体となった農林水産業と中小商工業のコラボ・ビジネスが、これからの地域新時代を切り拓く。

農商工連携のビジネスモデル―次代の地域経済活性化戦略 (コミュニティ・ブックス)はこんな本です

ツイートする