アインシュタインの謎を解く―誰もがわかる相対性理論

  • 21人登録
  • 3.71評価
    • (3)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 三田誠広
  • ネスコ (1999年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890360949

アインシュタインの謎を解く―誰もがわかる相対性理論の感想・レビュー・書評

  • 相対性理論で有名な『アルバート・アインシュタイン』
    宇宙観を覆すような驚くべきアイディアを提唱したアインシュタインを核に、物理学の歴史を語った『謎を解く』シリーズ第三弾。


    『相対性理論』といえば中身はともかく名称はとてもよく知られていますよね。SF物が好きなのならばなをさら目にする機会もあるというもの。ですが、それがどういった理論なのかを私ははまったくもって知りません。で、『誰もがわかる相対性理論』と書かれてあるのに魅かれ読んでみることにしました。

    初めは『相対性理論』の解説をしているのかなと表淡ですが、物理学全般の歴史を追っている感じでしたね。なんせ半分ぐらいまで読んでも『アインシュタイン』が出てきませんでしたから。当然『相対性理論』もわかるとは言い難く・・・『ニュートン』の『万有引力』とか『ガリレオ』の振り子の原理などは、生活の中でもみることができるので、概要としてはわかるつもりです。が、光量子だとか、素粒子だとかの話になるとお手上げです。私の日々退化していく脳では無理でした。なんとなく、本当は地球が回っているのだが宇宙が回っていると考えても事象に変わりはない・・的な???ためしに本来ならすごい速度で回っている地球の上にいる自分を意識しょうとしたら気持ちが悪くなったくらいです。

    この本で一番驚いたのは『アインシュタイン(1879~1955)』とみた時。
    以外に最近の人じゃん!!

  • 謎を解くシリーズ。
    難しい事を優しく・・・がテーマだが、ちょっとほとはらにはこれでも難しかったなー。
    おもしろかったけど。

  • ランク:本の状態 
    レビュー:本の紹介
    (共に後程入力します)

全4件中 1 - 4件を表示

アインシュタインの謎を解く―誰もがわかる相対性理論はこんな本です

アインシュタインの謎を解く―誰もがわかる相対性理論の文庫

ツイートする