ダメ犬グー―11年+108日の物語

  • 137人登録
  • 4.02評価
    • (37)
    • (23)
    • (35)
    • (0)
    • (0)
  • 46レビュー
  • 文春ネスコ (2002年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890361687

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
湊 かなえ
東野 圭吾
池井戸 潤
東野 圭吾
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ダメ犬グー―11年+108日の物語の感想・レビュー・書評

  • やる気がない、よく寝てよく食べるメス犬グー。
    絵本感覚で進んでいくのでとっても読みやすいです。
    初めに思い切り笑って、最後に思い切り泣けます。

  • 私の高校の同級生が描いたイラストが本当にかわいいです。犬好きな人にはぜひ読んで欲しいです。ただ、ペットを飼ったことがある人はきっと泣いてしまうので、他の人がいないところで読んだ方がいいかもしれません。

  • 電車の中で読まないことをオススメする。家で、誰にも見られていないところで、読んだ方がいい。ペットを飼っている人は尚更だが、自分のペットの大切さを改めて痛感し、涙が止まらなくなるかもしれないから…

  • ≪ストーリー≫

    やすゆきの家にやって来たグー。
    色んな仕草が可愛くて、ちょっぴりドジなダメ犬グー。
    そんなグーとやすゆきは、大切な時間を過ごしていく。
    8年の時が過ぎ、やすゆきは高校生になる。

    高校生になったやすゆきは、部活や友達との遊びに夢中になってグーとの時間が減っていく。そんなやすゆきの態度にさみしい想いをするグー。

    そんなグーが病気になり、病院に連れて行くと「良くない状態だ」と言われる。
    グーのさみしさを知って、一緒に過ごす時間を増やすやすゆき。
    しかし、どんどんグーの体力はなくなっていく。
    それでもやすゆき一家は諦めずに看病を続けると、グーは奇跡的に回復する。

    もう大丈夫と思っていた一家だったが、またグーの病状が進み始める。
    そして最期の時、誰にもみとられずにグーは死んでしまった。
    でも、グーとの思い出は、やすゆきの中に大切に生き続けている。


    ≪感想≫

    犬映画の原作として購入。
    幼児期:加藤清四郎、高校生:佐藤健とかで出来れば、相当立派な映画になる(笑)
    内容はほとんどないような作品だから、その分創作できるか?
    普通の一家の、犬との普通の話で好感が持てる。
    今回の保健所の話なんかよりよっぽど爽やかで良い気がするのに…。

  • 「カズヤくん、会いたいよ~」 と呟いてた日々を思い出しました。
    ワンコの優しさ、その存在の大きさを 亡くした時に・・・
    「飼ってた」 なんて言葉は全くの嘘で、ホントは 自分がワンコに支えられ、見守られ、慰められ、勇気付けてもらってたんだって思いました。
      やはり同じような思いをしてる方もいらっしゃるんですね

  • こういうのは必ず泣く、とわかっていて、やっぱり泣いた。

  • いつ読んでも泣ける。
    いつ思い出しても泣ける。

    心に突き刺さるくらい、
    楽しくて寂しいくて爽やかな読後感。

    一緒に生きる、ということ。
    深い愛情を感じる、ということ。

    グーはダメ犬なんかじゃないよ。

  • 心がえぐられそうになりながら読みました

  • 犬を飼っていたら「わかるわかるー」と共感することがいっぱいかかれている。
    グーが死んでしまうところは涙ぐんでしまった。
    あとがきの中の「幸せは見落としてしまうくらい...」のくだりは
    ハッとさせられた。一日一日を大事に過ごさねばな、と。

    素朴で可愛いイラストからはドーベルマンの精悍なイメージがまったく出てこない。 ダメ犬=愛しいわんこ。

  • 亡くなった愛犬を思い出した
    犬ってほんとに頭がよくて、ほんとに優しい

    イラストもかわいらしくていいなって思った

  • 最期はやはりくるけれど、よくあるお涙頂戴物語ではなく、なぜか爽やかな気持ちになれる。
    それは犬に対して人間様ではない、擬人化して愛情を押しつけることもない、犬への接し方と距離感が絶妙だからなんだろうな・と思う。

  • この本は私がいろいろ悩んでいたときに薦められて読んだ本です。ダメ犬のぐーのお話ですごく優しい話ですごくおもしろくて犬を飼っている私はこの本を読みながら自分の家のことを考えながら読みました。すごく楽しかったです。すごく泣ける部分もあって涙が止まらなくなるところもありました。ダメ犬だからこそ愛着がわいてよけいかわいいんだと思います。絵などがあって読みやすくて何度も読んでしまう本です。

  • やっぱりペットといえど、家族の一員なんだよね。

  • 犬好きにはたまらない!!!
    本とゆーより、詩のような感じで、イラストもたくさんですぐ読めちゃいます♪
    犬の可愛さ、大切さがかなり染み込んできます☆
    はっきり言って吹き出して笑えるし、涙も出ます。こーゆー本もいいなぁ♪

  • うちの犬に顔似てんなあ…って高校のとき買った。はじめは笑って最後は泣いた。やさしい話。実家の犬のことをいつでも思い出す。あいつも10歳か…。

  • たくさんのグーのイラストがかわいい。

  • 絵も文章も可愛い。
    犬大好き

    わくわくしつつ、笑いながら読むはずだったが、
    ラストの展開を知って読んでしまったので、
    和むシーンでも、悲しい気持ちがさきにきてしまった

    ほんわか幸せな犬さんとやさしい家族のお話です

  • “ぼくをたくさん笑わせてくれた。たくさん助けてくれた。グー、ありがとう。”人間みたいなヘンな犬“グー”と“ぼく”との日常を描いたこの本の中に『大切なこと』がたくさんつまっています。
    笑える。じんとくる。涙がとまらない…。人間みたいな変な犬「グー」と「ぼく」との11年間の物語。

  • ブックオフで立ち読みして読破したw
    でもすごい感動したから買っちゃったよ。

  • 号泣して疲れた(´Д⊂

  • 初めて図書館で立ち読みして号泣した一冊。何度読んでもわかっていても号泣してしまいます。グーの表情が手に取るように分かって 飼い主さんの愛情がたくさん伝わって…うっまたまた思い出して号泣…。

  • ティッシュを常備していないと大変なことになります。
    ダメ犬だからこそ可愛い、ダメ犬なグーを見ていると、あったかい気持ちになれて、同時に命の尊さを実感します。
    ペットを飼ったことのある人も、ない人にも読んで頂きたい。
    ちょっと変なグーと過ごした、何気ないようでとても大切な、11年と108日。グーから教えられた大切なことは、皆さんの心にも届くはずです。

全46件中 1 - 25件を表示

ダメ犬グー―11年+108日の物語に関連する談話室の質問

ダメ犬グー―11年+108日の物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダメ犬グー―11年+108日の物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダメ犬グー―11年+108日の物語を本棚に「積読」で登録しているひと

ダメ犬グー―11年+108日の物語はこんな本です

ツイートする