標的走路

  • 88人登録
  • 3.17評価
    • (3)
    • (3)
    • (33)
    • (2)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 大沢在昌
  • 文春ネスコ (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890361717

標的走路の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (双葉社版(1980/12)を加筆訂正)

  • 人探しが専門の佐久間公が人を探し始めると、なぜか爆弾魔やテロリストや軍人や傭兵やスパイが出てくる、というこのシリーズの原点がここにある。佐久間シリーズはオッサンになってからの作品のほうが好きだが、このころのこのシリーズには大沢さんの若さとか勢いとかがあって、これはこれで好きだ。物語としては唐突感満載だけども。

  • 大好きなシリーズなので最初から最後まで楽しんで読んだ。ストーリーはややごちゃごちゃと混乱する部分があったけれど、シリーズとして雰囲気は文句なし。

  • 佐久間公シリーズ2作目。(もしかしたら、こっちが先かも)
    公の命が狙われ、尚且つ二つの失踪事件を追うというテンコ盛り。
    後半ちょっとドタバタかな・・・

  • 「佐久間公」シリーズ2冊目読了。
    この「標的走路」は元々双葉社から出版されて絶版となってたらしいですね。
    それの復刻を多くの人が希望して加筆して出版されたとか何とか。

    今作は長編。
    冒頭では車に爆弾が仕掛けられているところを発見するところから始まる。
    そんな風に『誰か』に命を狙われず続けながらも、仕事である調査を始める公。

    仕事内容は資産家女性の元恋人であったというハーフの留学生。
    それと平行して友人沢辺のツテでアルバイト大学生の疾走調査を依頼される。

    何者かに理由もわからず命を狙われつつ、二人の失踪調査を行う。
    話が少しずつ大きくなっていきながら、全てを巻き込んで収束していく流れが面白かったです。

  • 若い佐久間公

  • 若い……
    途中から「閉ざされた山荘モノ」になったぞ。
    40代の佐久間公から読んでしまったせいか、公ちゃんが若い!!

    うーん。
    新宿鮫のような、「抉る」感じがないかなあ。
    私が新宿鮫シリーズの『毒猿』をすごい好きなのは、おそらく怖ろしい人殺しである毒猿に、人間味を加味して描写されているからなんだよね。
    この一編は、少なくとも勢いはあるけれど、胸に刺さるような切なさはないって感じでしょうか。

  • 「いかにも」大沢作品って感じ(笑)
    法律事務所の失踪人探しのプロ、公に持ち込まれた相談は
    ゆくえがわからなくなった一人の青年を探すことだった。

    裏に隠れたオイルをめぐる陰謀
    命まで狙われ、最後には陸の孤島と化したロッジで
    傭兵たちの争いに巻きこまれ。。。

    これでもか!ってくらいハード(笑)
    で、どうなるんだろーーと思いつつラストでバタバタと
    死人の山を築きつつ決着(笑)
    いつものパターンだ〜〜

  • 失踪調査人・佐久間公シリーズ第1弾
    処女作・再刊行されなかった幻の作品が加筆され・・・
    当時の等身大の作品ではないでしょうか?80年に出版された作品であるため、今読むと時代をとっても感じますが、そこに佐久間公は確実にいます!

  • 佐久間公こそ、僕の理想の男性像ですかね。

全11件中 1 - 10件を表示

標的走路を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

標的走路を本棚に「積読」で登録しているひと

標的走路の作品紹介

時をこえてなお生き生きと活躍する主人公・佐久間公の行く手に待ち受けるものは…幻の処女長編小説。

ツイートする