猫から出たマコト

  • 29人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (2)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 赤瀬川原平
  • 日本出版社 (2007年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890488407

猫から出たマコトの感想・レビュー・書評

  • ダンゼン犬派の私。猫の抜け目のなさが苦手なんだけど、やっぱりかわいい猫はかわいい(^^;; 赤瀬川さんの文章、相変わらずいい。猫との距離感が絶妙です。

  • 写真には薄汚れたブルーシートや使い古しのタオルやモップとかキレイじゃないものも写ってるけど、そこは極力見ないようにして、その中に猫の姿を見つけて、そーんなところにいたの?と。逆になんて無防備な・・・というような爆睡猫写真もあり楽しめました。

    後半の“猫生相談”の「強い立派なオスになってもらうには?」という質問に「猫は別に大学に進学させるわけではないし、家計を支えてもらうわけでもないから適当に育てればいい」と全体的に力の抜けた回答。

    猫はそういうもの、というか、飼い主も猫にあまり大きなことを望まない。平和で元気でいてくれればそれでいい。気負い過ぎなくていいんだと、何だかホッとしました。

  • 我が家では最近、失礼ながら「ゲンペイじいちゃん」と呼んでいます。
    あ、ゲンペイじいちゃんの本だ、とか。
    相変わらずだねえ、ゲンペイじいちゃんも、とか。
    写真と文と猫にまつわる言葉の講釈。
    雑誌「猫びより」に掲載されていたものをまとめたもののようですね。写真も面白いです。昔流行った「○○を探せ」のようなノリも少々。

  • 雑誌『猫びより』好評連載の単行本化。ことわざを通じて猫の本質が見えて
    くる、眼からウロコの1冊。〈赤瀬川原平の猫生相談〉も併録。

全5件中 1 - 5件を表示

猫から出たマコトの作品紹介

真実はことわざにあり?猫の不思議のあれこれが見える、見える、見える。

猫から出たマコトはこんな本です

ツイートする