吉田松陰が復活する!

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 宮崎正弘
  • 並木書房 (2014年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890633234

吉田松陰が復活する!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015/02/06:読了
     吉田松陰についか書いているのが半分。
     それ以外の現在の世界情勢、特に、中国、アメリカ、日本の状況を書いてあるのが半分。
     この本自体は、NHKの今年の大河ドラマ「花燃ゆ」の便乗商法。以下の本があるのが分かったので、読んだメリットはあった。
     また、便乗本なのに、半分以上は吉田松陰と関係ないことを書いてあったので、笑えた。
      徳富蘇峰「吉田松陰」、
      河上徹太郎「吉田松陰-武と儒による人間像」

全1件中 1 - 1件を表示

宮崎正弘の作品一覧

宮崎正弘の作品ランキング・新刊情報

吉田松陰が復活する!の作品紹介

わずか三十年の短い人生にあって日本中を旅し、兵学者として国家百年の大計を考えた吉田松陰。萩で主宰した松下村塾は維新の志士を輩出した。アメリカとロシアを最大の敵とみなした松陰は海外情報の収集と謀報戦の重要性を訴えた。松陰の思想は後世の日本人に絶大な影響を与え、その憂国の精神は大東亜戦争で散華した特攻隊に継承され、三島由紀夫につながった。松陰の思想は時代を超えて何度でもよみがえる。中国の軍事力という新たな脅威を前に吉田松陰の復活がこれから始まる!

ツイートする