俺がついている―ウイニング・アグリー〈2〉

  • 33人登録
  • 3.20評価
    • (2)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
制作 : Brad Gilbert  James Kaplan  高梨 明美 
  • 日本文化出版 (2009年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890841660

俺がついている―ウイニング・アグリー〈2〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 企業の重役まで優秀な人材を育てるコーチ術と表紙に書いてあるので、マネジメント的なことを期待して読み始めましたが
    「コーチとは、ボスではない、先生でもない。選手を守る者のことだ」という一言がすべてを表しているとおり、まさにコーチングの書だということです。
    その一方で「壁にぶつかったら、壁を打て」というように勝負の世界ではどこまでもポジティブであらなければならないということをたびたび説いています。
    このあたりはビジネスをするうえでもまったくそうなのでしょう。
    アンドレ・アガシとのやりとり、トップテニスプレイヤーの優勝の裏に隠された数々のエピソードなど、とても興味深いのですが、総じて同じような内容がくどさを出しているような感じがします。

  • 1が自分が現役時代に積み重ねたいろんなテニスに対するテクニックや考え方の集大成だとすれば、2はコーチング術に関する集大成という感じです。

    「コーチング術はビジネスとかにも使えるよ」的なことを書いていますが、使えないと思います。
    こんな上司がビジネスの世界ではやっていけないと思います。

    まあ謙虚でなくてはいけないということはその通りだと思いますが。
    ただ、アガシやロディックの普段のことについて知れたのは面白かったです。
    ロディックがギルバードにボランティアに対する横柄な態度を注意したとかはかなり意外でした。

  • 初めの「ウィンニングアグリー」程の感動はなかったが、テニスコーチ、そしてテニスプレーヤをもつ周囲の親や関係者は是非目を通して欲しい書籍。特に、「万人に差別なくコーチすること」が結果として「トッププレーヤを育成する」というくだりは、参考になるところが多い。

  • 内容がない。一冊目と大きな違い。

  • なべちゃん情報により早速WATER図書館入りしました
    前作に続きみんな読んで強くなろう!

全6件中 1 - 6件を表示

俺がついている―ウイニング・アグリー〈2〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

俺がついている―ウイニング・アグリー〈2〉を本棚に「積読」で登録しているひと

俺がついている―ウイニング・アグリー〈2〉はこんな本です

ツイートする